特集ページDocumenting state-directed persecution of minorities in China's Xinjiang region

特集ページ

マルセル・シャホワロのシリア通信

シリア人ブロガーで活動家のシャホワロさんは、アレッポでの生活や、その後の亡命先での日々を、当事者の立場で発信しています。難民と呼ばれるようになってしまった普通の人々の声に耳を傾けてください。                 

ガザ無期限停戦(2014)

2014年7月8日に始まったイスラエル・パレスチナ紛争は多くの死傷者を出したのち、8月26日に無期限停戦に入った。ガザ地区の被害は甚大で、復興への道のりは遠い。                                   

W杯ブラジル大会の話題集:応援と涙とサッカーと

FIFAの栄光をかけた32チームのぶつかり合いに、ブラジルはじめ世界中のサポーターたちが、ツイッターで写真でブログで、勝利の歓喜や敗北の悲嘆を伝えている。                                             

美味礼讃

2013年以降の「食」に関する記事の特集。世界の郷土料理や食材からファストフードまで、様々な話題を紹介する。                                          

シリアに生きる

この特集は、シリアで続く激しい紛争から立ち上がる力と生き残りの様相を取り上げる。

フィリピン台風30号被害

2013年11月8日、破壊的なスーパー台風30号が、中部フィリピン襲った。これより津波のような高潮が起こり、瞬時に4000人以上の人命を奪った。さらに、数千を越える人が、かつて自分の家があった被災地に取り残されている。                      

中国の公害問題

急速な経済成長の一方で、中国は深刻な環境問題に悩まされている。大都市圏のひどいスモッグ、採鉱と化学廃棄物による土壌汚染、その土壌で育つ食物の汚染、工業廃水による水源の汚染。WHOによると、公害都市の世界ワースト10のうち、今や7つが中国の都市である。                                                 

ウゴ・チャベス大統領訃報

2013年3月5日、14年間ベネズエラの大統領であったウゴ・フリアス氏が58歳で亡くなった。同氏は2010年以来がんを患わっていた。昨年10月に再選したものの、病気により就任宣言を行うことが出来ないでいた。チャベス氏はアメリカへの批判や、ラテン・アメリカ中で左翼の再生を引き起こしたことで知られた。 あの男が死に、伝説が始まる。これは避けられないことだ。   グローバル・ボイス日本語の関連記事 3月7日 イランの大統領「チャベス大統領はキリストと再来する」と発言 3月6日 ベネズエラ:ウゴ・チャベス死亡後初期の反応 3月5日 ベネズエラ:ウゴ・チャベス死去 参考 チャベス大統領のプロファイル(アルジャジーラ) Wikipedia のチャベス大統領についてのエントリー Twitter #chavez

森林保護:アマゾン

アマゾン熱帯雨林地域での森林破壊の影響は、およそ3000万人の人々と350の先住民族グループに及んでいる。 アマゾンや他のこのような森林において、文明化による被害が急速に拡大しつつある。 人口増大による貴重な生態系への脅威がますます大きくなっているからだ。

2012年ロンドン五輪

7月27日から8月12年までイギリスのロンドンで行われる2012年夏季オリンピックは、26競技におよそ10,500人の選手が参加し、何百万人もの観衆が集うスポーツの祭典である。

ユーロ危機

この特集では、ヨーロッパの金融支援による社会的、政治的、財政的影響を受けた一般市民の声を拾うことを目的とし、ユーロ財政危機の影響を受けたギリシャ、アイルランド、ポルトガルなど、ヨーロッパの国々に注目する。しかしこの特集では、抗議活動のみにではなく、緊急金融支援により起こった諸問題に対して持ち上がった新しいアイディアや代替案についての議論などに着目したい。

シリア騒乱 2011/12

エジプトとチュニジアで起こった革命が飛び火し、シリアでは、2011年2月5日を「怒りの日」しデモが呼び掛けられ、3月15日には大規模な抗議活動へと発展した。デモに参加した150人以上もの人々が治安部隊の弾圧により殺害されたことが報告されている。

イエメン騒乱

2011年2月に始まったイエメンのサーレハ大統領に対する抗議デモが、サーレハ支持派に火を付け、反政府デモ隊に対する発砲事件や暴力事件など国中で衝突が起こっている。イエメンは今、深刻な貧困と政治的腐敗、 歴史的経緯による南北の亀裂を抱えており、サーレハ退陣の有無に関わらず、国民は将来に不安を感じている。

東日本大震災(2011/03)

On Friday, March 11, 2011 at 2:46:23 p.m. local time, an 8.9-magnitude earthquake struck Japan, the largest in recorded history. The resulting tsunami that swept the coast has resulted in…

エジプト反政府デモ(2011/01)

長年続いたベンアリ政権を転覆させたチュニジアでの政変に触発されたエジプト市民や活動家が、経済改革と30年間支配を続けるホスニ・ムバラク大統領の退陣を求めて、1月25日に大規模な抗議行動を組織した。

チュニジア政変(2010/11)

2010年12月17日、チュニジア南部の都市スィディブジド出身で26才無職の男性が、自らに火をつけて失業状態に抗議したのがきっかけで、ベン・アリ政権の反政府デモが起きた。

ハイチ地震(2010)

現地時間1月12日、カリブ海の国ハイチはマグニチュード7.0の地震に襲われた。西半球でもっとも貧しい国であるハイチは、劇的かつ広範囲に破壊された。犠牲者の増加、生と富の喪失に加え、ハイチのもともと脆弱であったインフラは深刻な打撃を受けた。地震の震源は首都ポルトープランスのすぐ近くに位置しており、強い余震が数回続いた。

ヨーロッパ難民危機

地中海を渡り、危険な旅を経て、多くの難民がヨーロッパに到達した。その半数以上はシリアから逃れてきた人々である。                                                                               

Map of Xinjiang here in red, from Wikipedia, used under license CC BY-SA 3.0 

Starting in 2017, China's government ramped up its systematic targeting of minority citizens living in the western province of Xinjiang. Xinjiang, which is the Chinese denomination (新疆 which means New Frontier, while Uyghurs often refer to it as the Uyghur Region, or Uyghur lands), is home to Muslim-majority groups that include 11 million Uyghurs and smaller numbers of Kazakhs, Kyrgyz, Tatars, Hui and others. Widely portrayed as ‘motherland separatists’ or simply ‘terrorists’ in mainstream Chinese discourse – including in government statements and media – the peoples of the region have been deprived of their most basic human rights, including freedom of religion, of movement and of communicating in their native language.

State-led persecution has taken different forms: imprisonment – often with heavy sentences of over 10 years  – and incarceration in internment camps, which, according to expert sources, may contain over a million mostly Muslim minorities.

Given the secrecy of the internment camps, which China insists on presenting as ‘vocational training centers’, and the lack of information coming from the country's jails, it is impossible to say how many people have died in incarceration, often without knowing what they were accused of. Press reports suggest the figure could be hundreds or possibly thousands. For the relatives of detainees, located both inside and outside China, the pain of knowing nothing about the wellbeing of their loved ones is relentless and does not lessen as the months and years go past.

More detailed information is available via the Xinjiang Victims Database.

Global Voices has been reporting regularly on this issue since and continues to update its coverage with stories, essays, testimonies and interviews:

‘Uyghur pop music humanizes and amplifies their hopes': interview with musicologist Elise Anderson

Solo protest in the Netherlands for the Uyghur cause: One man takes on the Chinese state

The long journey to Uyghur visibility: An interview with French author Sylvie Lasserre

‘Where is my family?': A question left unanswered for too many Uyghurs living abroad

The Uyghur Meshrep: A traditional community gathering censored in China 

Uyghur emojis help spread message of cultural resistance over social media

History repeats itself: Chinese state terror and the dismantling of Uyghur neo-Jadidism 

Uyghur human rights advocate Dilnur Reyhan laments lack of Muslim solidarity

A feeling of hopelessness: Interview with an Uyghur refugee in Turkey

Kazakh family of musicians and writers caught in the Xinjiang vortex

Letter to China: My Uyghur friend Zainur has been detained in one of your camps for two years

From camps to prisons: Xinjiang's next great human rights catastrophe

Uyghur man bids to save ‘most extraordinary mom in the world’ from Chinese camp

#FreeSerikjan and the long shadow of Xinjiang's camps in neighbouring Kazakhstan 

How an Uyghur activist felt the long arm of the Chinese Communist Party in Canada

‘Man returns to his native Xinjiang and disappears’ – a story too common for the headlines 

‘I won't stop': Kazakh man seeks justice for family caught in China's Xinjiang crackdown