See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

W杯ブラジル大会の話題集:応援と涙とサッカーと

2014年6月12日、ブラジルがクロアチアを3対1で破った試合を観戦するリオデジャネイロのファン。写真はFlickrユーザーのNinja Midiaより。CC BY-NC-SA 2.0

2014年6月12日、ブラジルがクロアチアを3対1で破った試合を観戦するリオデジャネイロのファン。写真はFlickrユーザーのNinja Midiaより。CC BY-NC-SA 2.0

南アフリカ大会から4年は長かったが、2014年FIFAワールドカップはとうとう、ブラジルで進行中だ。世界中のファンがその国の色を身にまとい、このサッカー世界選手権大会で優勝杯をもぎ取ることを夢見ている。

競争はし烈で、勝利の祝賀もまた激しい。FIFAの栄光をかけた32チームのぶつかり合いに、ブラジルはじめ世界中のサポーターたちが、ツイッターで写真でブログで、勝利の歓喜や敗北の悲嘆を伝えている。

グローバルボイスはブロガーや市民ジャーナリストのネットワークにより記事を作っている。この国際的な一大イベントの最新特集、ぜひご一読を。
(英文タイトルの記事は未翻訳です)

FIFAワールドカップに向け、自分の応援するチームのジャージを買うサッカーファン、バングラデシュのダッカにて。画像提供Md. Asaduzzaman Pramanik。著作権 Demotix (2014年5月19日)

FIFAワールドカップに向け、自分の応援するチームのジャージを買うサッカーファン、バングラデシュのダッカにて。画像提供Md. Asaduzzaman Pramanik。著作権 Demotix (2014年5月19日)

ビート、そしてツイート

大きい試合の前に気分を盛り上げる曲をお探しなら、この完璧なプレイリストはどうだろうか。国際公共放送(PRI)のご厚意により、このサイトの読者お勧めの、サッカーのテーマ曲集をどうぞ。

最新のコメントなら、ハッシュタグ#WorldCup#WorldCup2014、そして#Brazil2014のフォローを。

すぐれたフォト作品

インスタグラム上には、チームや選手、ファンらによる決定的瞬間の写真があふれている。誰のをフォローすればいいか迷うのでは? BuzzFeed (W杯中のフォローお勧めのインスタグラム・アカウント13)や Bleacher Report (W杯関連フォローお勧めTwitterアカウント・ベスト30)によるまとめリストから始めるのも、いいかもしれない。

Sports Illustratedには、ブラジル大会の全チームと選手全員ののリンクがあり (W杯インスタグラム完全リスト:ブラジル大会全チーム全選手)、好きなチーム・選手を選ぶことができる。フォローお勧めのインスタグラム・アカウントはたくさんあり、ブラジル代表のスター選手ネイマールのアカウントも、そのひとつだ。  

抗議運動、政策、優先順位

W杯で過去5回の優勝経験のあるブラジルにとって、自国の芝上で戦うホームアドバンテージは喜ばしいことと思いきや、とんでもなかった。去年一年で何百万人もの人々が街頭デモに参加し、公的サービスでなくスポーツの巨大イベントのために貴重な資金を浪費している、と政府に抗議してきた。デモのいくつかは、警察とデモ隊との激しい衝突に終わった。 Pew Researchの意識調査によると、ブラジル人の61パーセントが、W杯を開催することはこの国にとってよくないという見解であることがわかった。教育や医療などに回すべき公金がW杯開催に奪われているというのがその理由である。

W杯のインフラ整備のため、近隣が完全に破壊され人々が住む家をなくしたことも、その怒りをさらに掻き立てた。他に、建設がきっかけで富裕層が地域に住むようになり、賃貸料が急激に上がったため元の住民らが追い出される、といったことも起きている。 

スペイン語のハッシュタグ #NovoyaBrasilporque (私がブラジルに行かない理由)は、ワールドカップ・キックオフ前日の2014年6月12日にトレンド(話題のキーワード)に上がり、W杯の大仰な宣伝に冷や水を浴びせている。

私がブラジルに行かない理由は、この2つの絵を見てもらえばわかる。

私がブラジルに行かない理由は、住民の立ち退きやデモの鎮圧、公金の無駄遣いに加担することになるからだ。

W杯のダークサイド、裏事情についての記事はこちら。

Agência Pública(サンパウロの市民メディア)により共有。

Agência Pública(サンパウロの市民メディア)により共有。

Carlos Latuffが戯画化した2014年W杯マスコット。Agência Públicaより

Carlos Latuffが戯画化した2014年W杯マスコット。Agência Públicaより

写真は、Agência Públicaより。

写真は、Agência Públicaより。

その他のW杯関連記事 
ファンはサラエボの街頭で、夜を徹して歴史的勝利を祝った。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表チーム(愛称Zmajevi)Facebookのファンページの厚意により、許可を得て使用。

ファンはサラエボの街頭で、夜を徹して歴史的勝利を祝った。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表チーム(愛称Zmajevi)Facebookファンページの厚意により、許可を得て使用。