See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

コンゴ民主共和国:キヴ地方の紛争

今月のコンゴ民主共和国からのニュースは、北キヴと南キヴのブロガーたちにフォーカスを当てていく。
ルワンダとブルンジに国境を接するこの二つの州は、中央アフリカの美しいアフリカ大湖沼地域にあって紛争の震源地としても知られる場所でもある。 反政府武装勢力の指揮官ローレント・ヌクンダ(Laurent Nkunda)は、自身の部隊を政府軍に統合することを拒否、それどころか戦争に向けて準備を始めたことから、この数ヶ月間、緊張は否応なく高まっている。彼は、ルワンダのフツ族が居座っている状況に脅かされている少数民族ツチ族の庇護者と自らを位置づけている。(ルワンダ解放民主勢力(FDLR)/Interahamweの多くが 1994年のルワンダ大虐殺に関与したとされる。) 現在までのところ、コンゴ民主共和国政府軍は、どちらの勢力とも戦うだけの戦力を持っていない。しかし 衝突は既に始まっており、ルワンダとコンゴ民主共和国の間で 緊急会談が開かれている。 9月3日、 Stood in the Congo がレポートしたところによると、ヌクンダは 現地の発電施設および通信施設を破壊したということだ (彼の陣営は独立したラジオネットワークを持っていると思われる):

昨夜、ヌクンダ将軍陣営の男たちが、RutshuruとBunagana両地域のラジオと携帯電話の通信アンテナをすべて破壊した。彼らはRutshuruの水力発電所も破壊し、電力を奪った。 KiwanjaとRutshuruは現在外界から遮断された状態となっている。

残念なことには、反乱軍はルワンダとウガンダにまたがるヴィルンダ国立公園のレンジャー達の詰所も襲い、この地域を支配下においた。
この3つの武装勢力はすべて、長年にわたり、レイプや略奪から鉱物や麻薬などの禁制品の密売にいたるまで、地元住民を犠牲にしたあらゆる犯罪の限りを尽くしてきた。: (Debout Congolais [フランス語] は、reveals how the FDLRがほかの作物を略奪して、大麻栽培を仕向ける様子や、反乱軍と政府軍のどちらもが、大麻を現金や家畜と取引する様子を明らかにしている。) Cedric Kalonji [フランス語]はこう問いかけている :

Plus de dix ans depuis que le Congo a plongé dans une sanglante guerre. Les innocentes victimes se comptent par millions. La plupart de ceux qui ont fait cette guerre jouissent aujourd’hui d’une totale impunité et ont même été récompensés… Où va le Congo mon pays ? Toutes ces tueries s’arrêteront-elles un jour ?

 

コンゴが血生臭い戦争に突入してから10年以上になる。罪のない犠牲者達の数は何百万人にものぼる。戦っていた人々のほとんどは今日、何の罰も受けず、むしろ表彰さえ受けている。我が国コンゴはどこへ向かうのだろう?この殺し合いはいつか終わるのだろうか?
7月、南キヴ州では、国連の支援を受けていたラジオ局Radio Okapiのレポーター、Serge Mahesheの喪に服した。さらに悪いことには、Bukavuの軍事法廷は 彼の友人2人を殺人犯として有罪判決を下したKivu Express [フランス語]の筆者は、その中の一人と働いており、 明らかに無罪であることを確信していた:

Je ne pourrai jamais croire à sa culpabilité dans cette affaire… La version des faits présentée en cour semble tellement improbable et sans preuves réelles que tout le procès apparaît comme une véritable mascarade. Il semble qu’on veuille trouver rapidement des coupables pour ne pas pointer du doigt les vrais responsables de ce drame.

I could never believe he is guilty… The version of the facts presented in court appeared so unlikely and unsubstantiated that the whole process seemed to be a masquerade. It looks as though they wanted a guilty verdict as quickly as possible so as to avoid pointing the finger at those really responsible.

The troubles of the Kivus seem not to be over for the time being. After a slow build-up, events could unfold rapidly now, with an immediate and long-term impact on politics and livelihoods across the Great Lakes region.

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.