- Global Voices 日本語 - https://jp.globalvoices.org -

コンゴ民主共和国:戦争がゴリラの保護に影響

カテゴリー: コンゴ民主共和国, 戦争・紛争, 環境

Gorilla in virunga [1]

DRコンゴのヴィルンガ国立公園 [2]では、非常に流動的な状況が続いている。コンゴ内戦 [3][En]がヴィルンガ山地のゴリラ保護地区へ拡大し、現在は反政府勢力の支配下となっているのだ。ブログGorilla Protection [1]は、状況を追い定期的に最新情報を掲載している。最近のエントリー [4]では、状況の悪化を指摘し、継続する紛争化でマウンテン・ゴリラの運命が案じられている。

ガードの一人が昨夜遅くに命からがら戻ってきた。彼は少人数のチームといっしょにゴリラを探そうと出かけたところ、彼らは武装した男たちから攻撃を受けたのだった。

そのため誰もBukimaにいることがでず、そして私たちのガードが誰もゴリラ地区に行けないのだ。

原文:Juliana Rotich [5]