See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

ビデオ:コスタリカのアーティストによるファイン・アートの解釈

Mural by Francisco Munguíaコスタリカの子ども博物館では、コスタリカのカートゥーン作家/アーティストのフランシスコ・ムンギア(Francisco Munguia)による、ファイン・アートを解釈した作品が展示されている。でも、彼の作品はギャラリー・スタイルでYouTubeにアップロードされているので、コスタリカまで足を運ぶ必要はない。MunguiaDJPULP channelでは、多数のアニメーションのほか、展覧会の宣伝クリップを観ることができる。

ムンギアは、コスタリカで壁画家として地位を確立している。「数字と文字のカーニバル」は、コスタリカでは最大規模の作品だし、ムンギアの作品はサンホゼの最も貧しい地域の壁を飾る。MunguiaVillaltaでは、 地域住民と一緒に壁画制作に取り組んでいる様子が見られる。壁画はペットの正しい畜産を訴えていて、コスタリカ動物保護協会(ANPA)の支援のもとに実施された。ANPAとは、他にもいろいろな活動をしていて、協会が運営する動物保護施設を支えるために販売しているTシャツやカレンダーのグッズのイラストレーションなども手掛けている。
このビデオは、Los Guido地区の壁画だ。

Los Cuadrosで制作された壁画:

コマ撮りのアニメーションもアップロードしている。例えば、この最後のビデオはドッグフードを使ったアニメーションだ。

フランシスコ・ムンギアは、アーティスト集団La Casa de la Palmera(椰子の木の家)の一員として活動している。詳しくは、ブログ(スペイン語)にて。

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.