See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

カンボジア:クメール・ルージュ特別裁判

VOA Khmerは、クメール・ルージュ特別法廷で裁かれることになっている5人のリーダーらを有罪に処するだけの十分な証拠がないと考えているクメール・ルージュのメンバーにインタビューを行った。1996年にクメール・ルージュから脱退した陸軍将軍であるSok Pheapは、次のように主張している:

(誰が殺人を行っていたのか)私は知らなかった。私は森の中の兵士だった。そして家に帰ると親戚全員がいなくなって、殺されていた。ほとんどの村人も死んでいた。

別の元クメール・ルージュのベンバーであるMeas Mouthは、以下のように話した:

例えば、提示された頭蓋骨だが、法廷はどの頭蓋骨がベトナム人によって殺された人、B-52の爆撃で殺された人、そしてクメール・ルージュとは関係なく死んだクメール人のものなのか判断しなければいけない。

Cambodian Defenders Projectの弁護士も、事件は30年前に起きたもので、証拠や目撃者を見つけるのが難しいということに同意見だ。

しかし、Documentation Center of CambodiaのYouk Chhang氏は、被告人らの戦争犯罪を関連付ける数十万もの文書が存在すると述べた。

証拠書類に加えて、ジェノサイド後に多くのカンボジア人が再定住したカリフォルニア州ロングビーチなどで生存者の証言も集められている。

被害者とその親族は、カンボジア特別法廷被害者部門を通して告訴する権利がある。告訴方法は、こちら

Images for the records at Cambodia's Tuol Sleng Prison

トゥール・スレン刑務所の顔写真:Yarra64撮影 クリエイティブ・コモンズ・ライセンスによる

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.