See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

イラン:抗議の中のアート

ネット上のブロガーや市民アーティストが、デザインや風刺画を描き、6月12日に行われた大統領選挙の結果を受けて起き、止むことないイランでの抗議運動に、アート的な色を添えている。

結果の取り消しを求める抗議行動が続く中、抗議に参加した市民に対する政府の弾圧も続いている。その一方で、市民メディアのおかげで、スローガンや抗議での犠牲者について世界中に伝えられている。

ブロガーでデザイナー、そして漫画家のLego Fishの作品:
 

オランダに拠点を置き、イランでの危機について市民メディアと主流メディア両方のニュースを掲載しているウェブサイトVoteFor Iranの作品:

ネット上で有名な漫画家でブロガーのNik Ahang Kosarの作品。この風刺画では、抗議行動で射殺された若い女性ネダさんが、死んだ天使として描かれ、殺した者が「お前が悪い!」と言っている:

こちらは、FacebookのAslaが制作したネダさん:

最後は、イラクの街角で市民によって配られているという絵。「神は偉大——嘘は悪、銃は悪、そして銃弾も悪」と書かれている:

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.