See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

エジプト:写真から見る1/25デモ

この投稿はエジプト反政府デモ特集の一部である。

1枚の写真がツイート1000個分の価値を持つことがある。目下進行中のデモの関連情報が飛び交うのを阻止する目的で、エジプトのTwitterの閲覧が停止状態になった時はまさにそうであろう。

エジプトのブロガー、Zeinobiaは心に決めた。カメラを手に通りへ出て行き、撮った写真を自身のFlickrアカウントにアップロードしようと。ここで彼女の撮った写真を紹介する。

Jan25: Thousands of Security Forces
カイロでは、有名な黒軍服を着た何万人もの治安部隊が早朝から通りに見られた。

なお、これはZeinobiaの撮った写真で、クリエイティブコモンズのライセンスを受けている。

今日はエジプトでは祝日で、通りに人影はなかった。しかし、治安部隊には抗議者の流れをコントロールするため、独自の計画があった。
いつもはカイロ市の道路は渋滞しているため、自然に抗議者の流れに制限がかかる。しかし、車が少なく自由に行き来できるときには、この計画が活躍する。

Jan25: Galaa Square
治安部隊はカイロの主要な街区や交差点を通行止めとした。
車は極力橋やトンネルの方へ向かわされたが、これはトンネルの中ではデモを起こしにくいからに違いない!Twitterのユーザーによると、抗議者の流れをコントロールするために地下鉄もまた閉鎖された。

なお、これはZeinobiaの撮った写真で、クリエイティブコモンズのライセンスを受けている。

Rassd New Network はFacebook上カイロ市のダウンタウン、タハリール広場に集まった抗議者たちを写した驚くべき写真 を掲載した。 (アップデート: この写真の著作権はGetty imageにあるようだ。Washington Post で確認できる。)

夕方、タハリール広場に集まった抗議者は膨大な数となった。ミダンタハリール(タハリール広場とも呼ばれる)はこれまで、数え切れないほどの大規模抗議活動やデモの場となってきている。2003年3月に市民がイラク戦争に抗議して繰り出してきた時もそうであった。

Twitterは午後には閲覧が停止されたと報じられているが、その前に、twitpicのようなサービスに写真をアップロードするチャンスがあった人もいた。@M Na7as は自身のtwitpicアカウントに下の写真を載せているが、それはマハッラにおいて、抗議者がどれほど数の上で治安部隊に勝っていたかを物語っている。

Jan25: El-Mahalla El-Kubra
マハッラで抗議者が治安部隊を取り囲んでいる様子。 ここ数年マハッラは労働者ストライキの波の真っ直中であるといえる。

写真撮影:@M Na7as

またエジプト以外でもデモの様子がカメラで記録されている。下の写真は @MafazAlSuwaidanがカナダ、トロントで起きた抗議活動を撮影したものだ。

Jan25: Toronto - Canada
トロントのダウンタウンで声を上げるエジプト人抗議者たち。「勝利まで抗議をつづける、我々の国のいたる所で抗議を。」

写真撮影:@MafazAlSuwaidan

最後になるが、@TheOnlyWarmanは閑静なマアディ地区で多くの兵士が乗りこんでいるトラックの写真を載せている。カイロの通りで見られたトラックには、実際、地域治安部隊援護のためにあまり状況が緊迫していない行政区域から来ていたものもあった。@alasmariの写真は破られたエジプト大統領の絵を写したもので、これは通りの看板にあったものの一つであった。

一方で、レバノンのウェブ開発者であるLayal Al KhatibMirelle Raadは共に活動する抗議者たちのために、ネット利用者が共有する写真を集めるフォトアグリゲーターを新たに創った。

プロジェクトを終えた後、Layalはこうつぶやいた

っていう大きな目標に向かって@と作業するのはホントすごかった。Twitterから投稿された写真は今ここに>

そしてMireilleはこう付け加えた

世界の人々に見てもらうんだ、今のところ、エジプトデモについてから423枚の写真がhttp://goo.gl/diwO8にある。ツイッターで写真を載せて中継をしている人のハンドル名を教えてください。

この投稿はエジプト反政府デモ特集の一部である。

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.