See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

ウクライナ:ネット市民、首都の混沌とした都市開発を批判

ウクライナの首都キエフは東ヨーロッパの中でも最も歴史ある市のひとつで、市内には目を引く建設物が多く立ち並んでいる。その中にはユネスコの世界遺産として知られるキエフ・ペチェールシク大修道院聖ソフィア大聖堂などといった、歴史的に有名な建物や教会も名を連ねている。またキエフはヨーロッパでもっとも環境にやさしい都市上位30位に入っている唯一のCIS(独立国家共同体)の市でもある。

しかし近年、歴史あるキエフの中心街に無秩序な都市建設計画が進んでいるとして、ネット内外で熱い議論が巻き起こっている。事態を現す例のひとつとして、2010年の10月、キエフ市長が聖ソフィア大聖堂周辺の複合型住居の建設禁止を表明したという事態があげられる。地元住民からの激しい反発や、ユネスコから大聖堂を世界遺産のリストから除外するとの警告を受けたからだ。

キエフに建設ブームが起こる中、市の歴史的景観を守り、公園や行楽地が高級マンションやオフィスビルにとって代わるのを防ごうと、市民たちはさまざまな場面で団結しはじめた。こういった事例が重なり、市民運動の賜物「セーブ・オールド・キエフ(Save Old Kyiv:古き良きキエフを守ろう)が発足した。これは、同じような目的のために設立されたライブ・ジャーナル・コミュニティから名を受けたNGO団体である。

しかし残念なことに、彼らの努力がいつも実を結ぶとは限らなかった。キエフの歴史家でありブロガーのミハイル・カルニツキ(Mikhail Kalnitskiy:ライブジャーナルのユーザー名mik-kiev)は、ある悲しい例をあげている。新しい建設物がパトン橋ドニエプル河の左岸から市街地へ入る主要な場所)から臨むラヴラ修道院の歴史的な景観を台無しにしていくようすが、彼のブログの2010年の記事にありありと描き出されている。

[…] Не буду говорить о том ландшафте, который открывается сегодня из окон березняковских небоскребов (в нем на Лавру накладываются сзади многие строения). Но все же, к примеру, сооружая комплекс не столь уж высоких домов на улице Суворова, ориентировались не на жителей подобных небоскребов, а все на тот же обзор с моста Патона. А оттуда эти дома практически не влияют на панораму Лавры, чего и добивались проектировщики в 1970-е годы.
Но для их нынешних коллег не существует ограничений…
Сначала был искажен вид из левых окон. Здесь негаданно-нежданно объявилось то здание, которое выросло на Зверинецкой улице близ метро “Выдубичи” – так называемый комплекс “Триумф”. […] Никто не просчитал его видимость с моста Патона.

(・・・)今ベレツニャキ(Bereznyaky)居住区の超高層ビル群から見える風景については何も言うまい(そこの窓からは、おびただしい数のビルがラヴラ修道院の輪郭を覆い隠しているのが見える)。それほど高さのない建物をスヴォロフ通りに建設しようとなった折、(ベレツニャキ居住区の)超高層ビルに暮らす人たちからではなく、パトン橋からどのように見えるかが重要視された。パトン橋からなら、あれらの建物がラヴラの景観に影響を及ぼすことはなかった。それが1970年代の建築家が出した結論だった。

しかし現代の同業者たちは限度を知らない・・・。

まず左岸からの眺めが損なわれた。突然「トライアンフ」複合施設とかいうものがツヴェリネツカ(Zverynetska)通りに出現し、地下鉄のヴドゥビチ(Vydubychi)駅へと続いていった。(・・・)それがパトン橋からどのように見えるかなど、誰ひとり考えもしなかった。

View of the "Triumph" complex from the Paton Bridge - photo by Mikhail Kalnitskiy

パトン橋から見た「トライアンフ」複合施設の眺め 写真:ミハイル・カルニツキ

彼はこう続ける:

После того, как пропала охота смотреть с моста Патона налево, пришел черед и правой стороны, где царила Лавра. Теперь в силуэт нашего главного монастыря врезалась неуклюжая новостройка, о чем уже многие писали. […]
Большее архитектурное хамство трудно себе представить…

パトン橋の左岸を見る気が失せた後は、右岸のラヴラ修道院の景色を見る番だ。すでに多くの方が書かれているように、不恰好な新しい建物が修道院の前へ割り込んでいる。(・・・)

大きな建物の厚かましさといったら想像もつかない・・・。

A new residential building interferes with Lavra skyline - photo by Mikhail Kalnitskiy

新しく建てられた住宅施設がラヴラの景観を損ねている 写真:ミハイル・カルニツキ

カルニツキはブログ記事の最後で、ラヴラの歴史ある景観をさらに悪化させる都市計画があることを 警告している

上の写真の建物の建設者たちは、法的な正当性や建築的価値が疑問視される建築計画に関わっているとして、セーブ・オールド・キエフのブラックリスト に載っている。同NGOは、そのような建物が建設中または計画中の場所を掲載したインタラクティブ・マップも作っている。現在セーブ・オールド・キエフのウォッチリストには30以上の注目箇所がある。

その中には、地下鉄テートラルナ(Teatralna)駅周辺にある2軒の古い建物の間に、4階建てのビジネス・ショッピング複合施設を挟み込もうという計画がある。Neeka’s Backlogの中で、ヴェロニカ・ホフロワ(Veronica Khokhlova)はこのように書いている

地下鉄テートラルナ駅の上(と、ロシアン・ドラマ・シアターからの通り)の建設工事が、またとても活発になっている。この不快な計画に対して様々な反対運動が起こっているし、世論にも反しているというのに。

かつてそこのアパートの前には、ほんの猫の額ほど、花の咲いた土地があった。さして特別な場所ではないけれど、それがあんなにもばかげたやり方でなくなった今、ああいった場所が絶対的に重要なスペースなんだということが良くわかった。

Construction site near metro station Teatralna - photo by Veronica Khokhlova

地下鉄テートラルナ駅周辺の建設現場 写真:ヴェロニカ・ホフロワ

彼女は2月1日に起こった建設反対運動の 写真にもリンクをはっている。

醜悪な建設計画はさておき、キエフの建築物がいいかげんに扱われていることや、市民や行政の側に美的感覚が欠如していることなど、たくさんのブロガーが都市の発展に関連した頭の痛い問題を指摘している。キエフを活動の拠点にしている写真家ジョージ (ライブジャーナルのユーザー名:gk-bang)は、近年のヤロスラヴィフ・バル(Yaroslaviv Val)通りの変化をフィルムに 収めている

Solid metal fence blocks the view of a building on Yaroslaviv Val street - photo by George

ヤロスラヴィフ・バル通りにて、鉄板の壁が建物の景観を覆っている 写真:ジョージ

同じ建物の以前の様子を写した写真と比較してみよう:

Recent view of a building on Yaroslaviv Val street - photo by George

彼はこうつづる

Для городского облика рейдерские разборки по поводу этого участка закончились созерцанием вот такого прекрасного цельнометаллического надёжного и долговечного забора. […] А то, понимаете, было какое-то неподобство – аккуратная ограда.

街の外観についていえば、たとえばこの場所は侵入者があったおかげで、この仰々しい鉄板の塀が皆の目の前に披露されることになった。(・・・)知っての通り、ここにはこぎれいなとがり杭の柵があった。これはまずいよね。

ジョージは市の中心にある公園、独立広場(デモや反対運動の会場としてよく利用される)の写真を投稿し、改築中(広場のタイルには何枚分か穴が開いている)の範囲と、それを取り囲んでいる緑色の木製フェンスのアンバランスさをからかったりしている。

Maidan Nezalezhnosti under reconstruction - photo by George

改築中の独立広場 写真:ジョージ

彼はこう書いている

Мы шо, хельсенки какие-то, чтобы выставлять по периметру ограждение с рисункаи, графити или фото-обоями.[…] В часности радует тот масштаб работ, ради которого затеяна столь необходимая реконструкция. И, вдагонку, заведена пара уголовных дел.

絵や落書きを描いたり写真を貼り付けたりしたスクリーンを立てて、僕らはヘルシンキか何かだとでも言うんだろうか?(・・・)つまりは、すでに着手している改築工事の規模が事態を助長しているんだ。加えて昨年には、税制改革に反対したデモ隊が国有財産を破壊したことで、数件の刑事訴訟が起こっている。

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.