See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

福島: 吹き上がる批判と憤り

このポストはグローバル・ボイス2011年東日本大震災特集の一部です。

政府は福島原子力発電所の事故の評価をレベル5から最悪のレベル7に引き上げた。1986年、旧ソ連のチェルノブイリ原発で発生した惨事と同じ水準に達したことになる。評価がレベル5のときでさえ、日本社会では今までにないほど国民の批判が巻き起こっていた。

原発の運営をする東京電力とその監視をする立場にある政府に対する抗議行動は、最近までは比較的落ち着いていたが、様相は一変した。東京電力には、老朽化した原発の維持管理をする責任があった。また、強大な地震や津波に襲われても冷却装置が止まらないようにするバックアップシステムを含め、十分な安全対策を怠った責任は重い。以前の自民党政府、現在の民主党政府も、原発の監督や検査が不十分であり、また、東京電力に対して原発の運営延長を許可したという点で共犯だと見なされている。

福島県 画像/FlickrユーザーGonzalo Deniz (CC BY-NC-SA2.0)

福島県 画像/FlickrユーザーGonzalo Deniz (CC BY-NC-SA2.0)

2011年4月10日、1万5000人以上が東京に集まり、原子力産業と今回の問題に対して抗議した。1300万人からなる都市からすればとても小さい数に思えるだろうが、一般市民が通りに出て原子力発電に反対する声を上げたのはこれが初めてだった。さらに、岩上安身氏のクルーによる抗議デモのUstream中継を1万人が視聴した。怒りが広がっていることの証明だ。

批判するのは気が進まない?

しかし、自国でさらに大規模なデモ行動を見ている多くの外国人にとっては、疑問が残る。日本人は、今回の人的災害の責任を負う会社やその業界、また、これら一切の原因を作った政府を批判するのに、なぜそこまで及び腰なのだろう?

最近のツイッターでの議論からは、大っぴらな抗議行動がないからといって、(外国人が言うように)日本人は権力者の行動を問題にしたり不満を言うことがないとは言えないことが分かる。

以下の一連のツイートは、ある外国人がユーザー@SaveJPNに対して疑問を呈したことに端を発する。

z_kakiya: RT @SaveJPN: とても深い。深くて悔しい。「今日、外国の記者に『大地震の直後であっても礼儀や秩序を守る姿に世界中が感銘をうけて称賛したが、いま人災を撒き散らす政府に抗議の声もあげない日本人に世界は冷ややかな目を向けている。彼らはただ集団行動をしただけだ』といわれた」

その外国人の言葉を振り返り、何かが起こったとき、日本人にとっては協調して声を上げないのが、社会的により適当だとみなされているのだろうか、と考える読者も出始めた。

@Arugha_Satoru: @z_kakiya ハハハ。サーセン。マジレスすると政府に文句言ってる関係がどうにもアレなひとたちばかりなので、黙っている方がマトモに見えてしまう的なあれとかもあるのかも知れないですが。

@z_kakiya: @Arugha_Satoru んですよね……。 直接抗議がスタンダードから遠いからなあ……。 実際非常に厳しいですしね……。

しかしInuinu_voidは、多くのテレビ番組で主要なスポンサーになっている東京電力の失態を隠してきた日本のメディアが悪いのだと言い、そのような考えに疑問を呈している。

@Inuinu_void: はっきり言うけどさ、日本人は怒るべきだと言ってもどう怒りを表明しろと言うんだい。表明したところでマスコミは東電の味方でろくずっぽ報道しないし、運動していそうな連中はプロ市民ときている。いま日本人の怒りというのはマグマのように水面下で蠢いている。それに気づくのか?外国人は。

高円寺での反原発抗議行動。画像/FlickrユーザーSandoCap (CC BY-NC 2.0)

高円寺での反原発抗議行動。画像/FlickrユーザーSandoCap (CC BY-NC 2.0)

このような状況下での日本人の精神構造を説明するかのように、Arugha_Satoruが言う。抗議行動に出ないのは、パニックを起こしたくないという意識が広くあるのではないか。パニックが起これば、危機を抑えようとしている人たちの妨げになってしまうからだ。

@Arugha_Satoru: 東電とかに怒りをぶつけるヒマがあったら現地助けろよ!が日本人の大まかな(一般的な)共通見解なんじゃないのかな

@Arugha_Satoru: あとは「現地で略奪とかパニックになるくらいなら怒りはあっても今は我慢するべきだろ、別にそこまでグローバルスタンダードになる必要なし!」 かな。

Kenokabeは、「黙っていろ、どうせ何も変わらない」的な考え方には同意しないと言う。なぜなら、声に出して批判することでしか問題は解決できないからだ。

@kenokabe:「声をあげない」ことを美徳とする結果、横並び「和」を上等とするくせに「同調圧力」という横並びには嫌悪感がある。デモとか熱心にやってる人らをもう横目でニヤニヤするような空気はよくないとおもう。

@kenokabe: 以上踏まえてもっかい言うと、僕はこういうのはひとりひとりが「声をあげて」変えるしかないって立場だけど、他方「騒いだってどうにもならんで」っていうのはTLでよく見かける。どう思いますか?RT @Inuinu_void:

@kenokabe: そろそろ海外では僕等日本人総体に切れはじめてるようです。RT @ququri: 許したくない対象は東電や、現場の処置を不透明にしてしまっている不甲斐ない政府なのだけれど、それらてっぺんのどうしようも無い存在を今迄許してきた私にだって責任はあるのだ。だから、より、尚更、腹立たしい。

東京での抗議行動に加え、幅広い層の日本人が斉藤和義の歌、『ずっとウソだった』に触れ、評価している。動画の再生回数は49万1000回を超えている。歌詞は以下のとおりだ。

http://www.youtube.com/watch?v=b01yohRgfyc

この国を歩けば、原発が54基
教科書もCMも言ってたよ、安全です。

俺たちを騙して、言い訳は「想定外」
懐かしいあの空、くすぐったい黒い雨。

ずっとウソだったんだぜ
やっぱ、ばれてしまったな
ホント、ウソだったんだぜ
原子力は安全です。

ずっとウソだったんだぜ
ほうれん草食いてえな
ホント、ウソだったんだぜ
気づいてたろ、この事態。

風に舞う放射能はもう止められない

何人が被曝すれば気がついてくれるの?
この国の政府。

この街を離れて、うまい水見つけたかい?

教えてよ!
やっぱいいや…

もうどこも逃げ場はない。

ずっとクソだったんだぜ
東電も、北電も、中電も、九電も
もう夢ばかり見てないけど、

ずっと、クソだったんだぜ

それでも続ける気だ

ホント、クソだったんだぜ

何かがしたいこの気持ち

ずっと、ウソだったんだぜ

ホント、クソだったんだぜ

高円寺での反原発抗議行動。画像/FlickrユーザーSandoCap (CC BY-NC 2.0)

高円寺での反原発抗議行動。画像/FlickrユーザーSandoCap (CC BY-NC 2.0)

このポストはグローバル・ボイス2011年東日本大震災特集の一部です。

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.