See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

中国:学生インターンか、低賃金労働者か?


2004年以後、中国では労働力不足が露呈し始めている。この問題を受け、中国政府は民間による職業訓練学校の増設を奨励し始めている。教育局の統計によると、中等職業訓練学校の生徒数は2003年の1256万人から2009年には2195万人へと増加した。

2006年、政府は「表は工場、裏は学校」、もしくは産学提携モデルなるものを導入した。
だが、参加する学生は一般の労働者と同様の仕事を行うにも関わらず、最低賃金が保証されず、また企業側は学生の社会保険料を支払う必要がない。

学生の労働

Young shoe factory worker in Shenzhen Longgang, China. Image by Martin Coyne, copyright Demotix (27/04/2009).

中国深圳市竜崗区の靴工場の若い労働者。画像:Martin Coyne ©Demotix (2009年4月27日)

Asia Monitor Resource Centreは「名ばかりの学生、実態は安価な労働者:中国における職業訓練学校のインターン」というタイトルで、中国における学生インターンの組織的な搾取について綿密な報告を発表している。

…中国の産業全体において必要なのは、未熟な労働者のみである。中等職業訓練学校の学生の大半は、その専攻が何であれ、最終的に生産ラインに送り込まれる。そこでの仕事の習得は一日で終わり、専門知識など必要なかったと述べる学生もいる。つまり、学生のインターンシップの実態は、学生が企業と雇用関係にあると認められることなく、それゆえ労働法の保護対象外となり、企業は労働コストを削減できるというものにすぎない。

この現象は、学生の労働者としての権利を奪うのみならず、労働市場全体に負の影響を与えるものである。多くの企業が永続的に学生労働者を使っており、中にはそれで全体の労働力の70%もをまかなっているところもある。

貴陽市陸軍士官学校や貴陽市中等職業訓練学校の学生労働者の多くは、ウェブ上でこの問題を公にする決心をした。以下の記述は、2011年7月19日付けのSina Weiblogにおける学生たちの前書き[zh]である。

我们是贵阳市国防学校的毕业生,被学校当成了赚钱工具,长期实习。我们感到不愤,走上了维权路,为自己讨公道。希望分享我们的经历,请大家支持我们!我們的博客:http://t.cn/aWSbkR

私たちは貴陽市陸軍士官学校の卒業生です。私たちは学校で金儲けの道具として扱われました。この件に関して怒りを感じ、自分たちの権利を守り正義を追求することにしました。私たちの経験を皆さんと分かち合いたいと思っています。どうかご協力をお願いします!当ブログURL:http://t.cn/aWSbkR

学生労働者の一人、Xiao Luoは7月、自身の体験を地元の新聞にて語った [zh]。

“在 学校根本学不到东西。”小罗学的是市场营销专业,2007年7月入校,在学校只待了5天,他就被安排到深圳的一家公司实习。直到2008年2月才回到学 校。在学校上了两三个月的课之后,他再次被送到外面当没有人指导、实习内容完全不对口的“学生工”。小罗说:“每次勤工俭学回去后,都会有一个星期的假 期,学校就会给我们很多招生简章,并下达任务,回家要招多少学生,如果招不够回来的话,我们的教官就会被罚钱。如果帮他们招一个学生的话,就给600元奖 金。实际上,这笔奖金不是学校支付,而是在所招到学生的实习工资里扣除。”

「学校では何も学べません」 Xiao Luoの専攻はマーケティングである。彼は2007年7月にこの学校に入学し、5日間そこで過ごした後、実習生として深圳市のある企業に送られた。そこで2008年2月まで働いた後、2~3ヶ月間授業を受け、再び働かなければならなくなった。「仕事場では指導など何もなく、私たちはまさに事実上の労働者でした」 Xiao Luoは述べる。「仕事から戻る度に、学校からは1週間の休暇が与えられました。この学校のパンフレットを配られ、故郷で学生たちを集めてくるよう要求されます。私たちが十分な数の学生を連れてこられないと、先生が罰せられました。逆に、一人連れてくるのに成功すれば、600(元)のボーナスがもらえました。でも実際は、そのお金は学校から払われていたのではなく、私たちの給料からとられていたのですが」

按照法律规 定,实习期间的劳动报酬应该发到实习生手里。但据他们介绍,3年来,小罗及他们同学的所有工资都直接打入学校账户。…此 外,学校帮他们每个人都申请了国家补助金,两年共计每人3000元,小罗这级共有1801人。他们至今不知道这些钱长啥样子。“

現行の規則によると、インターンシップの給料は学生に直接支払われなければならないが、過去3年間、給料はすべて学校の口座に預けられていた。さらに、学校は学生のための政府助成金を申請しており、2年間で学生1人あたり3000元受け取っているはずだった。Xiao Luoの学年は1801人の学生がいたが、誰も政府助成金など受け取っていない。

また、学生たちはWeiboを使って自分たちの境遇を地元メディアに訴えている [zh]。

对@中国新闻周刊 说:你们好!我们是贵阳市的中职学生,学校违规办学,包括学校滥收费、强迫学生长时间实习、强迫童工实习、克扣学生工资、代收和骗取国家补助金等。我们已向教育局、物价局、教育厅投诉,可教育态度搪塞,学校恐吓学生,我们媒体报导。我们有个材料,是否有邮箱给发过去。谢谢!

@ChinaNewsWeeklyへ:こんにちは、私たちは貴陽市中等職業訓練学校の学生です。学校は、不正な授業料、長期にわたるインターンシップ、年齢の満たない学生労働者、学生の給料と政府助成金の差し止めなど、多くの規則を破ってきました。私たちは教育局と物価局に苦情を申し立てました。しかし教育局の態度はあいまいで、学校は学生たちを脅し始めました。私たちは証拠をもっており、それを送ることもできます。よろしくお願いします!

最終的には、Caixin.cn [zh] などの多くのオンライン・メディアがこの話をフォローした。さらに学生たちは8月26日、学校が児童労働者を低賃金・悪条件の工場に送っているという情報をWeiboを通して公表した [zh]。

我是这个学校的,2007年刚入学,才15岁,也跟着所有工人一样,每天上12小时的班,一个月只有一两天休息。那时候我们所在的工业区有一家厂的童工工伤死亡,学生童工被原来的工厂退出来了,学校又把学生集中起来,改了我们的出生日期,调到另一个工厂上班,当时候100多个同学都不满16的,有些才14岁!

私はこの学校の出身です。2007年に入学しましたが、当時まだ15歳でした。私のシフトは、他の労働者と同じように1日12時間で、月に2日しか休みがありませんでした。当時、産業団地内で児童労働者を巻き添えにした産業事故があり、工場はすべての児童労働者を学校に戻しました。その際、学校は書類上の誕生日を改ざんし、私たちを別の工場へと送りました。16歳以下の学生は100人ほどいましたし、中にはまだ14歳の子どももいたのです!

9月8日、教師の日の2日前に、学生たちは映像を公開し、学生労働者の搾取に対し懸念を表明するよう教育者たちに訴えている。

翻訳の校正はAyumi Nakajimaが担当しました。

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.