See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

中国:台頭するも身動きとれず

ヒラリー・クリントン米国務長官が、アジアは今日我が国の 経済、軍事戦略を含む外交政策 の中心となっているという記事を書いてから1ヶ月が経過した。この地域が 安定するかしないかは 、中国とアメリカが地政学的な地域での共存を学びながら、どのように関係を築いていくかにかかっている。

中国においてこうしたアメリカの外国政策は、 中国包囲網 のような印象を持たれている。これについては、シンガポール国立大学の東アジア学会理事長である、 郑永年 が先週 ブログ [zh] の投稿で触れていた。このブログには 彼の最新の著書 [zh] “The Road to Great Power: China and the Reshaping of World Order” (通往大国之路:中国与世界秩序的重塑) からの引用が含まれている。

中国的地缘政治非常特殊。中国周边有21个国家(与中国陆地相邻的国家有15个,同中国隔海相望的国家有6个)。从上往下,有朝鲜、日本,接下来是东南亚国家,再下来是印度、缅甸。中国是世界上唯一被核武器包围的国家。中国有安全感吗?如果墨西哥、加拿大要发展核武器,美国拼了老命也不会让它们发展。

中国は21カ国(陸地で15カ国、海を挟んで6カ国)に囲まれているという極端に特異な地政学的な環境にある。上から順に挙げていくと、北朝鮮、日本、これに東南アジア諸国が続き、それからインドとミャンマーとある。また、中国は核兵器に囲まれた地球上で唯一の国でもある。これでも中国は安心だと感じるであろうか? もしメキシコとカナダが核兵器を開発することを決定したのであれば、アメリカはどのような手を使ってでもそれを止めようとするであろう。
南シナ海における領海の主張(画像はWikipediaより入手)

南シナ海における領海の主張(画像はWikipediaより入手)

中国没有国际空间,拿海权来说,中国有海权吗?没有。往东,走不出去,有美、日、澳大利亚、新西兰等国挡着,往印度洋,有印度。印度的唯一假想敌是中国。现在唯一剩下的是南海,但美国等国都对南海感兴趣,如果那里被堵住,中国一点出海口都没有。中国连航空母舰都没有,怎么去投送兵力?怎么去履行国际责任?更不用说国际领导权。

中国はまた国際的な海域(公海)へのルートが十分にはない。海上で中国にどんな力があるというのか。なにもない。東方面の海域ではアメリカ、日本、オーストラリア、ニュージーランドその他の国々にブロックされていてどこにも中国の行く場所はない。インド洋においては、中国を唯一の敵とみなしているインドがある。そうすると、残された場所はアメリカとその他の国々が興味を抱いている 南シナ海である。その南シナ海からも中国を包囲すれば、中国には海への隣接ポイントは一つも残されていないことになる。中国は自身の空母も保有していないのに、どのように軍隊を展開すると考えられるのであろうか。中国は国際的な責任をどのように果たせるというのか、ましてやどのように国際的なリーダーシップを担えというのか。

また、Sara K.は私の前回の記事のコメント欄に重要なポイント を書き加えている。

もし中国が本当に「中国脅威論」が定説になることを防ぎたいのであれば、中国はあんなにも多くのミサイルの照準を台湾に合わせるのは止めるべきだ。そして、もしPLA(中国人民解放軍)の軍隊を台湾に配置できれば、日本を攻撃することはもっと簡単になるだろう。もし人々に武器を向けるのであれば、それは彼らが威嚇しているように見えるであろう。

校正 Koichi Higuchi

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.