See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

ブラジル:国民人口大多数が黒人もしくは混血 – 国勢調査で「明らか」に

[特別な表記がない限り全てのリンクはポルトガル語のページである]

総人口1億9073万2694人のうち50.7%が、黒人もしくは混血だということを人口国勢調査は明らかにした。ブラジル史上初めてのことである。黒人の大半は国土の北部および北東部に集中し、そのうち15歳以上の年齢層は識字率が非常に低い(24.7%~27.1%)と2010年実施の国勢調査は示している。

調査結果は、富裕層は最貧困層の42倍以上の所得を得ており国全体で所得格差が未だに大きく存在することも示している。ブラジル国民の半数は一ヶ月あたり最低賃金(調査時510レアル 約275USドル)よりも低い375レアル(約200USドル)未満で生活をしている。1620万人(全人口の約8.5%)が1ヶ月およそ70レアル(約38USドル)もしくはそれ以下で生活をする最貧困層に分類され、その70.8%が黒人である。

つまり黒人及び混血のブラジル人平均所得は白人住民や東洋人と比べ2.4倍低いことになる。また彼らは、生活水準の問題や暴力、十分な医療サービスを受けることができないという理由で、比較的に若い年齢で死亡する。Black Awareness Day [en] (黒人のための日)の前夜に発表されたそうした実態は、ブラジルの黒人が置かれている状況に懸念を生じさせる。

Photo by Jean Marconi, taken at Cavalcante (Goiás), published on Flickr with a Creative Commons licence (CC BY-NC-SA 2.0).

Jean Marconiによる写真。Cavalcante(Goiás)にて撮影。クリエイティブ・コモンズ表示にてFlickrに掲載された。(CC BY-NC-SA 2.0)

ブラジルではよく人種と肌の色を混同しており、実際の黒人人口はもっと大きいと考える人もいる。Marcelo Paxuは国勢調査に回答した際、調査員と話した内容を述べている

- Qual a sua cor????

Eu perguntei o que ele achava e ele respondeu que eu é que tinha que responder qual cor eu preferia, respondi que preferia AZUL, ele então mudou a pergunta….

- Qual é a sua raça??

Respondi que era Negro ele me olhou de cima abaixo e indagou:

- Mas o Sr.é branco!!!!!!!!

Eu irritado respondi: …Meu amigão sei que não tem culpa, mas vou lhe explicar uma coisa…..sou neto de NEGRA, filho de NEGRA ,irmão de NEGRA e meu tio avó era tão PRETO que chegava a ser AZUL (cor que tinha dito a ele que mais gostava) e você ainda acha que sou branco??????

「あなたは何色ですか?」
私は彼にどういう意味なのか聞くと、彼は私が何色と書きたいか答えてほしいと言いました。私は青色がいいと答えると、彼は質問を変えました。
「あなたの人種は何ですか?」
私は黒人だと答えました。彼は私を上から下まで見るととたんに
「でもあなたは白いですよね?」
と叫びました。
苛立ちながら私は答えました。
「友人よ、非難するつもりはないですが、説明させてください。私は黒人女性の孫であり黒人女性の息子でもあり、黒人女性の兄弟です。事実、大叔父はあまりに黒すぎて青みがかかっていました。(先ほど私の一番好きな色として青と答えましたが。)それなのに、今あなたは私のことを白人だといいましたね?」

Black Awareness Day (黒人のための日) に発表される実態ついてじっくり考えてみると、黒人の間では必ずしもそうとは限らないが、黒人としての自覚度は高まっているとLari Carvalhoは次のように言及している。

Na realidade, a consciência da importância da cultura africana para a história nacional, bem como o orgulho do brasileiro de ser descendente de negros têm aumentado nos últimos anos.

Prova disso são os resultados do último censo do IBGE, que indicam que a proporção de brasileiros que se definem como negros ou pardos aumentou de 44,7% para 50,7%, desde 2000. […]

O grande avanço que o resultado do último censo revela é a consciência da valorização da própria identidade entre os afro-brasileiros.

我が国の歴史においてアフリカ的文化の重要性の認識度や、黒人にルーツを持つことを誇りに思うブラジル人の数はここ数年で増加しているのは事実である。

このことは自分自身を黒人もしくは混血と説明するブラジル人の割合が2000年より44.7%から50.7%に増加したという前回の国勢調査の結果によって裏付けられる。

これは国勢調査始まって以来まったく初めて、公式な統計結果がブラジル人口全体の過半数を黒人もしくは混血で占めるということを示した、ということである。

国勢調査で明らかにとなった主な変化は、アフリカ出身の白人系ブラジル人が自らアイデンティティーの価値を自覚し始めていることだ。

自分自身が黒人だと自覚している国民が大半を占める国で、黒人意識への関心を高めるための特別な日が必要なのかとLays Santosは困惑する。「その日を祝福しなければ「いけない」と考えるならば、何かおかしな話だ」と彼女は考える。

[…] a sua essência está justamente em chamar atenção para inserção do negro na sociedade brasileira. Logo, podemos imaginar que ainda a população negra sofre desvantagem quando o assunto é o exercício da cidadania.

Claro que sim. Infelizmente esse problema das relações raciais no Brasil que influenciam na construção do ser social e no exercício da cidadania, está camuflado pelo mito da Democracia racial. Onde se acredita não haver desigualdade social devido à diferença étnico-racial. Quando na verdade, as estatísticas nos mostram o contrário. Como entender que a maioria da população é discriminada pela sua origem cultural? Como entender que o povo que ajudou a construir nosso país seja ainda discriminado por causa da cor da pele? Não é o Brasil um país de todos? Ao menos devia ser… O censo 2010 mostrou que ainda a desigualdade social está ainda associada a cor da pele. E isso precisa ser combatido com urgência!

[…] 要するに、この日の正確な目的は黒人のブラジル社会への融合をよびかけることである。市民権を行使することに関して、黒人は未だに不利な立場で苦しんでいるのではないか、と考えさせられてしまう。そして、事実そうなのだ。不運にも、社会的身分や市民権に影響するブラジルの人種問題は、民族や人種の違いにより社会的不平等は存在しないという人種民主主義の神話によりカモフラージュされている。しかしながら実際は、真実とは正反対の結果を統計は表している。国民人口の過半数が文化的背景でどのように差別されているか、我が国の建設に携わった人々が肌の色が原因でどう差別されているかを理解することは難しい。

ブラジルは国民全員の国家ではないのか?絶対そうであるべきなのだ!2010年の国勢調査では未だに肌の色に関連した社会的不平等が残っていることを示している。われわれはこうした状況に早急に立ち向かわなければいけない。

Photo by Jean Marconi, taken in Cavalcante (Goiás), published on Flickr with a Creative Commons licence (CC BY-NC-SA 2.0).

Jean Marconiによる写真。Cavalcante(Goiás)にて撮影。クリエイティブ・コモンズ表示にてFlickrに掲載された。(CC BY-NC-SA 2.0).

Clecyoは国勢調査の結果を思慮し、人種に対する偏見や黒人の生活水準を長い目で、思いやりを持った記事で次のように述べている。そしてその記事は、次の文章で始まり、そして締めくくられている。

No dia da Consciência Negra, quero esquecer das inúmeras vezes que a cor da minha pele foi critério de julgamento. Quero esquecer que os números de uma pesquisa indicam que 97% dos brasileiros dizem não ter preconceito racial, mas também que 98% dos mesmos entrevistados disseram conhecer outras pessoas que tinham. Se pudesse, queria saber como ficar transparente, de vergonha. […]

E neste dia Consciência Negra, queria realmente esquecer que dos 16 milhões de brasileiros vivendo em extrema pobreza (ou com até R$ 70 por mês), 4,2 milhões são brancos e 11,5 milhões são pardos ou pretos. E esquecer também que as mortes entre os brancos estão mais concentradas nas idades avançadas, como resultado de câncer. Porque entre os brasileiros negros, morre-se mais entre os jovens de 15 a 29 anos, principalmente entre os homens, por conta de causas externas, como acidentes e mortes violentas. Minha memória me questiona porque apenas dos 10% de brasileiros mais ricos, apenas 20% são negros, ou porque na base da pirâmide social, 73% dos negros fundamentam os 10% dos brasileiros mais pobres.

Black Awareness Day(黒人のための日)には、忘れたい。数えられないほど肌の色によって偏見を持って決めつけられてきたことを。97%のブラジル人が人種的な偏見を抱いていないと主張しているが、同じ調査を受けた98%の国民が偏見を抱いている人々を知ると回答した調査結果を忘れてしまいたい。羞恥心から、できるものであれば透明になってしまえればいいのにと思う。[…]

そして1600万人のブラジル人(うち420百万人が白人、1150百万人が黒人もしくは混血)が一ヶ月70レアル以下で、極貧生活を送っていることも、今日のこのBlack Awareness Day(黒人のための日)には、本当に忘れたい。また白人の老年齢層に集中している死亡原因がガンだということ、それに対して黒人が若年齢層、特に15~19歳の年齢層の男性が事故や暴力などの外因により死亡しているという事実も忘れたい。ブラジル国民の富裕層10%のうちたった20%だけが黒人で、と同時にブラジルの社会階層の底辺である10%の貧困層が、黒人国民全体の73%で成り立っているということもまた忘れたい事実である。

Photo by Jean Marconi, taken in Cavalcante (Goiás), published on Flickr with a Creative Commons licence (CC BY-NC-SA 2.0).

Photo by Jean Marconi, taken in Cavalcante (Goiás), published on Flickr with a Creative Commons licence (CC BY-NC-SA 2.0).

ブラジル地理統計院の調査員は昨年の8月から10月に、5565市町村6750万世帯を訪問した。1872年に実施された最初のブラジル国勢調査では、国民は2つのグループに分類された。自由の身にある人たちと奴隷だ。先住民族とアフリカ住民の子孫で成り立っている奴隷たちは人口の15%を占める。

黒人の抵抗と自由への戦いの象徴的存在であるZumbi dos Palmaresの栄誉を称え、彼の命日11月20日(1695年死去)をBlack Awareness Day(黒人のための日)とした。

この記事の校正はKanako Hasegawaが担当しました。

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.