See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

スロバキア:最高額のアップルコンピューター

ブラチスラバ経済大学 (EUBA) 国家経済学部において、総額180万ユーロ以上のソフトウェア及び機器購入の契約が結ばれた。この中で、多くの商品が高額で契約されている。 (契約書はこちら [sk, .pdf])

たとえば、最新型でもないMacBookが1つ9000ユーロ以上となっている。(正確には、この価格にはMacBook本体のほかに、24インチのApple LCDディスプレイとキーボード、マウスが含まれている。しかし、通常はこれらの機器の他にサービスを追加しても、3000ユーロほどの金額だろう。)

メディアの報道 [sk]によると、大学はこの契約に問題があるとは考えておらず、これは競争入札の結果、最低価格を提示した企業と交渉しており適切だと説明している。しかしアップルコンピュータは「この総支出のわずか4.03%の利益」しかない。

今回契約を結んだ Gratex Internationalは、 今回の売買で利益の出ない商品もあるので、他から利益を捻出することとしたとしている [sk]。

以下に、SME新聞のフォロワーたちの議論[sk]を一部紹介する。記事へのリンクは既出である。

Doctor X:

親御さんたちは、この大学に子どもを5年間預けなさい。入学願書は2月まで受け付けている。

Servius fortis:

大学は経済を教える道徳的権利を失ったのか?いや逆だ!これ以上いい大学はないとスロバキアの政治家たちに再確認させるためなんだ!

petrik 12:

国の経済学者は国有[財産]をどう扱うべきか学んでいるのだ。

Mima1406:

最高なのは我々学生が授業中凍えているってことだ。

Hranol červený – najnebezpečnejší živočích:

私たちの教授陣はプロジェクターの電源を入れる方法を知らないのに、なぜMacBookが必要なのか?私たちに最も必要なものは、寒い部屋で受ける授業中に着るジャケットだ。

pressburgerzwilsonova1:

これはまるで、この古いジョークのようだ:2人のスロバキア人の成金がパリで出会い、一人はこう尋ねた。「そのジャケットをいくらで買ったのか?」「250ユーロだ。」「君は愚かだ、隣の店ならばそれは450ユーロだ!」

medofil:

PDFドキュメントを作成するソフトウェアが8,748ユーロ。

Gimli:

私は無料のPDFドキュメントを作成するソフトウェアを持っている。Open Officeだ。特別な機能はないが、学校では十分だと思う。

tom_sk:

ブラチスラバ経済大学が世界で最高額のMacBookを持っている。大学からすぐに高等教育機関の認定を剥奪すべきだ!この問題は、大学で何を教えているのかという議論に直結する。

tlstoch:

嘘だ。全く信じられない。嘘に決まっている。

sedmokraska321:

これは、彼らが「教育への高額な投資」というものを理解したということ?

Corvus corax:

Ivan Mikloš (スロバキア財務大臣)はここの卒業生ではないだろうな?

seth82 (in reply):

彼だけならよかったものの……。Eugen Jurzyca教育大臣も卒業生だ。

Servius fortis:

誰か政治家かNGOはこの件を訴えないのか?我々はここで無駄口をたたくだけなのか?

lexik:

私は間違っていたようだ。長い間、経済学者はおろかで行動できないものだと思っていたが、おそらく違うのだろう。彼らは単に我らがブラチスラバ経済大学の卒業生で、ここで教わったことが心に深く刻まれているのだ。

mozilko:

皆、今回の入札がどのように仕組まれたか知らないだろう。99%のスロバキア企業は直ちに失格となってしまう条件が含まれているのだ。

Hujanita:

MacBookは安すぎるといつも言っているが……ついに皆がもっと対価を払う準備ができたのだ……。この大学が良い例だ;-)

コメントは終了しました。