See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

フランス:チュニジア海外組、“ブルーフィンガークラブ”を結成

この記事は特集チュニジア政変(2010/11)の一部である。

10月20日から22日の 3日間は海外在住チュニジア人の投票期間であり、フランスで票を投じたチュニジア人は「ブルーフィンガークラブ」に加わることとなった。フェイスブックやツイッターには、青インクの付いた指の写真があふれている。青い指は、チュニジア革命の頂点であり、彼らの多くにとって生涯初めてとなる憲法制定議会選挙での投票の証である。彼らはチュニジア革命を総括する歴史的選挙に参加した早生の有権者となった。

クラブの新メンバーのひとり、@Sonia_72 [fr]は興奮気味である。

A voté, le cœur léger, un ciel bleu d'espoirs au bout du doigt, Youhouuu !

わくわくしながら投票したの。私の指先には青空いっぱいの希望が詰まっているのよ!

ツイッターでの写真提供:@sonia 72

Image by @Emnalamine on Twitter

投票箱はいっぱい。ツイッターでの写真提供:@Emnalamine

投票中の携帯電話は禁じられた。パリ郊外北部の投票所で順番待ちの列にいた Emna Lamine はこの写真を撮った。チュニジア人海外組の高い投票率を示している。

Les urnes pleines!

投票箱はいっぱい!

結果として、「ブルーフィンガーズ」は、フランスのソーシャルネットワーク上で瞬く間に広まった。下の写真は、Emna Ben Jemaaのフェイスブックの写真アルバム “「私は投票したけど、あなたは?」” である。彼女の写真は世界中のメディアで紹介された。この写真は、チュニジア人が民主的に選挙できる、という事に対する語り尽くせぬ深い思いを表わしている。

フランスで投票後に涙するチュニジア人。 写真提供:Emna Ben Jemaa

投票後に娘とともに。 誇り高き日。 写真提供:Emna Ben Jemaa

チュニジア選挙の投票用紙を掲げる若い男性。 写真提供:Emna Ben Jemaa

A Tumblr にも、新たな投票者が、 ブルーフィンガーの写真をアップロードできるように開設されたブログがある。下記は数例。

ある人は、今年一番の写真を撮るつもりで、ブルーフィンガーをエッフェル塔と一緒に撮った。

パリでの投票

Vは勝利(victory)と 投票(voting)のV

勝利のV

ある者は、前大統領のザイン・アル=アービディーン・ベン=アリーに 個人的なメッセージ を送っている。

ベン=アリーへの特別なメッセージ

フランスでは、ブルーフィンガーは「スマーフ
のニックネームを得た。青指はもう一度子供に戻ったような気分を味わっている。

帰って来たスマーフ

そして、本日(10月23日)選挙が始まったチュニジアに、地中海の向こうから送られた Photoshopで加工された写真

希望の約束

2人の若い市民レポーターである、Lynda El AwadeyとEléonore Bounhiolはパリでの投票者の声を 動画に収めた。 [fr and ar]

http://youtu.be/nmee8jR3Ygo

土曜日、Zied Mhirsi (@Zizoo) はこのような言葉で表した。

誰もが一生の中で、このような日々を、このような月々を、そしてこのような革命#tunisia# tnelecを経験できたらと思う。

 

この記事は特集チュニジア政変(2010/11)の一部である。

校正 Ayumi Nakajima