See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

コロンビア:歌が届ける、多彩なスペイン語

Brothers Juan Andrés and Nicolás Ospina

Juan Andrés、Nicolás Ospina兄弟

ミュージックビデオSpeaking Spanish is Hardが6日間で150万回近く閲覧された。反応は予想外にすばらしいもので、兄弟でありミュージシャンであるJuan AndresとNicolás Ospinaは、他の歌や詞はないかという関心やリクエストが寄せられたのに応え、新しいウェブサイトを用意する必要に迫られた。

その歌は、同じ単語が地域によって全く違うことを示しうるという、スペイン語の難しさを反映している。ネイティブスピーカーでさえ、ある地域から別の地域へ移ると、手を焼くことになる。この曲の中ではスペイン語学習に熱心な外国人が、地域を移るたびに基本的なことさえも理解できなくなる、という壁に直面しいらいらしている。

例えば、このパートではpanaという言葉が織物の一種を意味するが、同時に友人を呼ぶときの呼び方でもあることに言及している。また、porroという言葉はマリファナたばこを示す呼び方であるのと同様に、歌のリズムでもあると言う。歌詞は彼らのサイトから引用。[es]

En Venezuela compré con mi plata una camisa de pana,
Y mis amigos me decían ‘Ese es mi pana, ese es mi pana!’
Y en Colombia el porro es un ritmo alegre que se canta,
pero todos me miran mal cuando yo digo que me encanta.

ベネズエラで、ぼくはpanaのシャツを買った。するとぼくの友達は、「あいつ俺のpana(友達)だぜ、さすが俺のpana(友達)だな。」って言ったもんだ。それからコロンビアで歌われるporroはすこぶる陽気な歌のリズムだ。でもぼくがporroを好きだと言えば、みな変な目でぼくを見る。

歌の大部分は、言葉が多彩な意味や音を持つことから生じる混乱を、言葉遊びにしたものだ。同音異義語や、全く違う言葉だが同義を持つもの、同じ言葉でも異義を持ち得るものなどだ。

En Chile polla es una apuesta colectiva, en cambio en España es el pene. Alguna gente en México al pene le dice pitillo, y pitillo en España es un cigarrillo y en Venezuela un cilindro de plástico para tomar las bebidas. El mismo cilindro en Bolivia se conoce como pajita, pero pajita en algunos países significa masturbacioncita, y masturbación en México puede decirse chaqueta, que a la vez es una especie de abrigo en Colombia, país en el que a propósito una gorra con visera es una cachucha, y cachucha en Argentina es una vagina, pero allá a la Vagina también le dicen Concha, y Conchudo en Colombia es alguien descarado o alguien fresco, y un fresco en Cuba es un irrespetuoso! YA ESTOY MAMADO!

pollaはチリで集団賭博だけど、スペインではペニス。
メキシコではペニスをpitilloと呼ぶ人もいるけど、スペインでpitilloって言えば、たばこ、
そんでベネズエラでは飲み物を飲むプラスチックのストローだ。
その同じストローはボリビアではpajita、でもpajitaがちょっとしたマスターベーションを意味する国もあるんだ。
メキシコではマスターベーションはchaqueta、一方コロンビアでchaquetaはコートの一種。
それでもってコロンビアでは、ひさしのある帽子はcachucha、アルゼンチンではcachuchaはヴァギナ、でもヴァギナをconchaとも呼ぶ。
それからconchudoはコロンビアでは生意気なやつかfresco(訳注:取り澄ましたやつ)。そしてfrescoはキューバでは無礼者になっちまう。I AM MAMADO! (編集者注:うんざりだ!)

スペイン語字幕のついたビデオは 世界中の言語の字幕をつけてアップロードされ、人々に各の翻訳を加えてくれるよう、協力を呼びかけた。歌のコーラス部から。

Que difícil es hablar el español,
porque todo lo que dices tiene otra definición.
Que difícil entender el español,
yo ya me doy por vencido “para mi país me voy.”

スペイン語を話すのはすごく難しいんだ。話す言葉全てが他の定義を持つから。
スペイン語を理解するのはすっごく難しい。ぼくはもうあきらめた。「自分の国に帰ろうっと。」

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.