See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

アラブ世界:バレンタインデーさえ違う場所

今日はバレンタインデー!アラブ世界の大部分に渡って行われた抗議の年にもかかわらず、この行事が忘れられることはなかった。

アラブのYasser Harebがツイートしている。

@YasserHareb 私はバレンタインデーなんか信じない。本当の愛にきっかけの日なんてない、本当の愛こそがバレンタインデー(#Valentine)を生んだんだ。

バレンタインのお祝いのすべての形式を禁止しているサウジアラビアのAbdullah Al Rasheedが、こう書いている。 [ar]

لا أريد أن احتفل بهذا اليوم .. أحرقوا كل أعيادهم وأعطوني مجتمعاً لا يشوه الحب .. لا يحاصر القلب ! ‎#valentine‏
@ALRrsheed 私はこの日を祝いたくない。すべての催しを燃やして、そして私に愛を汚さない…そして心を奪わない社会をあたえて。 ‎#valentine‏

そしてRamu Salameが冗談を言っている。

@ramisalame ちょっとサウジアラビアのみんな、私は質問があるんだ。明日、バレンタインデーだから、私たちは赤肉をさけることになっているの?

Eyad Joudehがなぜこの質問がサウジアラビアでは納得のいくものなのかを説明している。彼がこうツイートしている。

@EyadJ バレンタインデーは、サウジアラビアの人たちが「その色」を身に着けているせいで刑務所にぶち込まれる可能性のある一年で唯一の日なんだ。

その一方で、Sultan Angariが私たちに思い起こさせる。[ar]

سوف نضحك يوماً ما..بأنه كان بيننا أُناس يمنعون إهداء الوردة الحمراء أو حتى بيعها وشراءها في يوم محدد من ايام الله! ‎#Saudi‏ ‎#Valentine‏
@AngariSultan バレンタインデーに、人々に赤いバラを贈ったり売ったり、または買ったりすることを禁止されていた暮らしというものを、私たちはいつか笑えるようになるでしょう。‎

サウジアラビアはバレンタインのお祝いのすべての形式を禁止している。よく知られた勧善懲悪委員会が、バレンタインデーに向けて準備をしていた店に踏み込み、バラ、ハート形のグッズ、風船や赤い包み紙を含むバレンタインのシンボルとなるすべての物を撤去するように強制している。

Egyptian Nermeen Edrees finds a heart drawn on her red car

エジプト人の Nermeen Edrees が、彼女の赤い車に描かれたハートを見つける。写真提供:Nermeen Edrees,ツイッターと共有

エジプト人のNermeen Edreesは仕事の後に可愛らしいサプライズに歓迎された。彼女がツイートしている。

@NermeenEdrees 素敵なサプライズ……誰かが私の車の上にハートを描くことに決めたのね。
:D

そうしているときに、今日は、チュニジア、エジプト、リビア、シリアやイエメンなどを同様に揺り動かした、いわゆるアラブの春革命を模した深刻な抗議が開始された最初の記念日をバーレーンで祝っている。

そこで、ブロガーのMahmood Al Yousifは、人権活動家の Nabeel Rajab がその日の午後に一時拘束されたことについてこういう風にコメントしている。

@mahmood: この活気に満ちたバレンタインデーに、バーレーン(#Bahrain)におけるもうひとつの特別なハッシュタグ#FreeNabeelを。@NABEELRAJAB

漫然と結成されている国際的なハッカー集団Anonymousは、同様にバーレーンにバレンタインプレゼントを贈った。人権活動家のMaryam Al Khawajaがそれについてツイートしている。


@maryamalkhawaja
「#Anonymousからバーレーンの人々へ。ハッピーバレンタインデー。」Anonymousがバーレーン政府と取引のある契約者のウェブサイトにこう書き込んでいる。#feb14

最後に、エジプトでは、Mohammed El Dahshanが困ったことになるかもしれない。彼は言う。

@eldahshan: やったぜ。今日は丸一日バレンタインデーのことを話すことなく過ごしたよ。…あ、しまった。

校正 Ayumi Nakajima

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.