See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

メキシコシティネット市民、世界自転車デーを祝う

メキシコシティでは、自転車は交通量の多い地域を移動するのに、早く簡単かつ安い交通手段だ。あらゆる年齢の人々が自転車に乗っているところをよく見かける。日曜の朝は市が主要道路を閉鎖し、サイクリストたちに開け放すため特に多い。

かつては 「サイクリング」の文化が浸透していなかったため、こういった状況は数年前には考えられないことだった。当時、ごくわずかの人々が自転車を交通手段としてよく利用していたが、自転車はある種の自暴自棄な活動のように思われ、変な目で見られていたものだった。「車が最優先され、次は歩行者」は一般的な考え方であった。

本日、4月19日の世界自転車デーにブロガーのDavid Saenz [es] メキシコのサイクリング文化をオランダやデンマークのものとこのように比較した。

El 19 de abril se celebra el Día Mundial de la Bicicleta. ¿Es necesario recordar los beneficios que produce este medio de transporte para el propio usuario y para la sociedad en general? Quizá en países como Holanda o Dinamarca no haga falta recordarlo. Pero sí en España, México, Francia, Italia, Reino Unido… donde, especialmente en las grandes ciudades, los coches son los amos de la ciudad.

4月19日は世界自転車デーを祝う日だ。個人ユーザーや一般的な社会における自転車利用の利点を考え直す必要があるだろうか。おそらくオランダやデンマークといった国々では必要ないだろう。しかしながら、スペイン、メキシコ、フランス、イタリアやイギリス…とりわけ大都市では車が街の所有者だ。

Ecobici, Mexico City. Photo by Flickr user Alex Marduk (CC BY 2.0)

メキシコシティでは、2010年に「エコビシ」と呼ばれる個人向け自転車貸出プログラムが実施された。エコビシは街中の人気スポット85ヶ所に自転車ステーションを配置した公共の交通網を補完している。

ブログAnimal Político では [es] エコビシプログラムがユーザー数の記録を打ち立てることでいかに世界自転車デーを祝いたいかが述べられている。

Para festejar este día, Ecobici llama a sus 31 mil usuarios registrados (sólo 28 mil 100 activos) a usar hoy más que nunca una de las mil 200 bicis del sistema a fin de romper el récord de 10 mil viajes en un día.

Para el domingo, Ecobici también invita a un Rally por la Tierra , claro en bici.

Como dato curioso, destaca que es el miércoles el día de mayor uso del sistema Ecobici, seguido de lunes, martes, jueves, viernes y sábado, mientras que el domingo es el que menos se utiliza.

この日を祝うために、エコビシは貸出ステーションにある20万台の自転車をよりいっそう使用してもらい、1日当たり1万トリップという記録を破るために、3万1千人もの登録者(このうち2万8千百人が実際の使用者)を招集した。

また、エコビシは日曜日に「地球のためのラリー」に市民を招待する。もちろん自転車でだ。

興味深い事実は水曜にエコビシシステムがよりよく使用されているということだ。月~金と土がそれに続き、日曜の使用が最も少ない。

だが、たとえエコビシが理想のプログラムのようだとしても、メキシコシティの全てのサイクリストが支持しているわけではない。匿名のブロガーがブログProsa Poderosa(Powerful Prose) にて [es] 「エコビシ」の方針に反対する理由をこう説明している。

Para decirlo bien claro, aplaudo la iniciativa de la Ecobici, pero me declaro en contra de los paseos ciclistas.
Me declaro en contra porque no me parece que un paseo dominical sea un aporte para educar a las futuras generaciones de ciclistas, que tendrán que usar la bicicleta como un medio de transporte, tal vez de manera obligatoria. El error de la estrategia (si se le puede llamar así a algo de lo que no se pensaron las consecuencias) de organizar paseos ciclistas consiste en que la gente asociará inevitablemente la bicicleta con actividades recreativas, de ocio o de ejercicio, no de transporte serio.

はっきり言って、私はエコビシの新たな取り組みは支持するが、システム化されたサイクリングには反対だな。

その理由は、日曜日にシステム化された中で自転車に乗っても、たぶん、義務的に自転車を交通手段の一つとして使わなければならないかもしれない次世代のサイクリストを教育することに繋がるとは思わないからだよ。自転車に乗ることをシステム化するという現在の方針の過ちは(もし影響が認められてなくても方針と呼べるのであればだけど)、人々が必然的に自転車を重要な交通手段ではなく、レクリエーション、レジャーやエクササイズに結び付けているということだろうね。

彼はこのように続ける。

Para reforzar el estigma “recreativo” de la bicicleta, éste se implanta en la memoria de los usuarios desde que van a comprarse una bicicleta, ya que estas suelen encontrarse junto a un kayac o una caminadora, en la sección de deportes de los almacenes comerciales.

Si ya era difícil desligar a la bicicleta de su ambiguo estatus de estorbo de las calles o de paria del tránsito, los paseos ciclistas no mejorarán esa imagen, ni harán que sus usuarios tomen plena consciencia de que las bicicleta es un vehículo sujetos a las mismas reglas de los automóviles. Y los ciclistas tampoco conseguirán el respeto que exigen de los conductores de otros vehículos.

自転車はね、レクリエーション的なサイクリングのイメージを強めるために、デパートのスポーツ用品コーナーのカヤックやルームランナーの隣に置いてあるんだ。だから自転車を買ったときからそのイメージが植えつけられているんだよ。

自転車を交通妨害や交通弱者としてのあいまいな状態から切り離すのがすでにとても難しかったのなら、このようにシステム化された中で自転車に乗ることではそのイメージは改善されないだろうね。自転車は車両で、自動車と同じ交通ルールを適用されることにユーザーは気づかないだろうし。それに、サイクリストは他の車のドライバーから彼らが要求するような注意を得ることはないだろうからね。

同じく、ツイッターではメキシコ人サイクリストが世界自転車デーにおいて懸念していることが述べられている。 Cesar Toledo (@CessarAndroid) [es]は彼が自転車に乗るたびにどのように感じるかをこう書いた。

#YoAndoenBici y arriesgo la vida porque no nos respetan los conductores

# YoAndoenBici (「私は自転車に乗り」)、そして生命を危険にさらしている。ドライバー達が我々に注意を払わないからだ。

Mexico City's Government (@GobiernoDF) [es] も市民にサイクリングルート「20 de Noviembre」の進展を知らせるためツイッターを利用した。

Presenta un avance del 80% construcción de la #Ciclovia20DeNoviembre. Fomentará el uso cotidiano, masivo y seguro de la #Bicicleta

サイクリングルート「20 de Noviembre」の建設は80%終了している。それは毎日の充実かつ安全な自転車の使用を促すだろう。

ツイッターで、ユーザーがサイクリングの体験談(140文字が限度)を語ったため、最終的にハッシュタグ #HistoriasDeBicicleta (“Bicycle stories”) はその日は一日中人気となった。

https://pt.globalvoicesonline.org/?p=25165

校正 ayako yamakami

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.