See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

マリ:アスリートたちは胸を張ってロンドンへ

 この記事は 2012年ロンドン五輪特集 の一環です。

マリはこの数カ月、多くの試練を受けてきた。国を分断しかねない政治的危機に直面している上に、干ばつとイナゴの襲来により数百万の国民が栄養失調の危険にさらされるという、人道的惨事にも見舞われている。

厳しい状況に置かれながらも、マリは、ロンドン五輪には強力な選手団を送ると断言してきた。そうすれば、選手たちは威厳をもってマリを代表することになり、また、マリは危機的状況に直面しているだけの国ではないと世界に伝えることができるからである。
CNOSM(マリ共和国オリンピック委員会)会長のHabib Sissokoは、このように述べた[fr]。

Beaucoup de gens pensaient que le Mali allait être absent à Londres à cause de la situation politique et sécuritaire qui prévaut dans notre pays depuis le début de l’ année. Nous serons bel et bien présents à Londres et notre objectif est de prouver au monde que malgré les difficultés, notre pays reste débout. Le gouvernement a consenti un énorme sacrifice financier pour permettre au Mali d’ être présent à ce prestigieux rendez-vous sportif et olympique. Ce sera une opportunité d’ acquérir surtout de l’ expérience dans leur carrière.

年明け以来の政治・治安情勢を見て、マリはロンドン五輪に欠場するだろうと大勢の人が思っていました。しかし我々は必ずやロンドンの地に立ちます。そして、我々の国は苦難の中でもしっかり持ちこたえているんだと全世界に証明することこそが、我々のゴールなのです。マリ政府は、この高名なスポーツ行事に国の代表を送るために、少なからぬ財政的犠牲を払いました。でもそれは選手たちが経験を積む、絶好の機会となることでしょう。

マリの五輪選手ダバ・モディボ・ケイタを祝うポスター、バマコ(訳注:マリ共和国首都)にて。写真はWikimedia Commonsより (CC BY 2.0)

マリは6人の選手の他合計31人をオリンピックのためロンドンに送る。abamako.comというサイトに代表選手の名前が列挙されている[fr]。

Six athlètes vont défendre les couleurs du Mali à Londres. Il s`agit de Daba Modibo Kéita (taekwondo), Oumar Koné (judo), Rahamatou Dramé et Moussa Camara (athlétisme), Mamadou A. Soumaré et Fatoumata Samassékou (natation). Et c`est Rahamatou Dramé qui sera le porte-drapeau de la délégation malienne lors de la cérémonie d` ouverture prévue vendredi prochain. Parmi les six représentants du Mali, Daba Modibo Kéita est sans doute le plus attendu par ses compatriotes. Contraint à l` abandon aux J.O. de Pékin (blessure) alors qu` il faisait figure d` intouchable, le double champion du monde des poids lourds (2007-2009) n` aura droit à aucune excuse en cas d`échec cette année.

6人の選手がロンドンでマリ国旗を護る。ダバ・モディボ・ケイタ(テコンドー)、Oumar Koné (柔道)、Rahamatou DraméとMoussa Camara (陸上競技)、 Mamadou A. Soumaré と Fatoumata Samassékou (水泳)である。そして、次週金曜日の開会式でマリ代表団の旗手を務めるのは、Rahamatou Draméである。6人のマリ代表のうち、国民が最も待ち焦がれているのはダバ・モディボ・ケイタだろう。彼は金メダル候補であったが、怪我のため北京五輪欠場を余儀なくされた。しかし2007年から2009年の間に2度もヘビー級世界チャンピオンに輝いた彼だから、今回も十分に期待できる。

次のビデオは、別名『グラディエーター(訳注:古代ローマの剣闘士)』と呼ばれるダバ・モディボ・ケイタの、あるテコンドー・トーナメントでの様子である。

ダバ・モディボ・ケイタはインタビューに答えて、マリにおける彼のスポーツの将来像と、マリについて思うところを語っている。

 韓国、イラン、スペイン、アメリカ、メキシコなどに比べたら、テコンドーはマリではそれほど発展していません。でも僕が2度世界チャンピオンになったことで、祖国の人たちはますます武道にひきつけられてきて、そしてハマっています。
僕は、子供たちが僕のやることを見ていて、僕に倣うだろうということを、謙虚な気持ちでいつも忘れないようにしています。だから僕には当然、彼らが道を誤らないよう導く責任があるんです。
世界チャンピオンとして、僕は国中の人たちにテコンドーを普及させ、僕が成し遂げたことは自分たちにだって達成可能なんだという希望をたくさん与えてきました。今やテコンドーの人気は祖国で3番目で、サッカーやバスケットに次ぐスポーツになりました。…僕はそれをすごく誇りに思っているんです。

彼はマリについて次のように言葉を続けた。

マリはアフリカの小さく貧しい国で、才能はあっても、世に出られるようなより良い環境に置かれる機会がない子が、あまりに多いんです。
[…]感謝の気持ちと共に読者の皆さんにお願いします。僕の祖国マリのため、また他の内政不安に苦しむアフリカ諸国のために祈って下さい。
これらの国々が暴力を克服し、権力闘争を根絶するすべを学べますように。
いつの日かアフリカが、所属する種族や人種に関わらず、人権とすべての市民への思いやりによって世界をリードできますように。

マリの選手にとってもう一つの試練は、ロンドン五輪期間中のラマダンに断食するか否かを決定することである。
この苦境にあるのは彼らだけではない。およそ3000人から3500人の選手が [fr]、宗教的慣習と競技上の必要性との間で折り合いをつけるのに苦労しているのだ。

この記事で使用しているサムネイル画像は、globovision88によってyoutubeにアップされ動画からのスクリーンショットです。

 この記事は 2012年ロンドン五輪特集 の一環です。

校正:Kazuko Ohchi

2 コメント

  • IzumiMihashi


    マリ政府は、この高名なスポーツ行事に国の代表を送るために、少なからぬ財政的犠牲を払いました。 」とありますが、考えてみれば、財政的に苦しい国にとって、選手をオリンピックに送るのはかなりの負担なのですよね。エチオピアの女子選手が優勝を飾ったとき、一緒に喜ぶ人たちの数の少なさにどきっとしました。

  • gvjapanese

    この記事を選んだ理由は?
    『オリンピック特集を見ていたら、知らない選手を応援したくなるような記事が、またひとつ見つかりました。
    私はアフリカのマリについて、かわいらしい国名だなという程度の認識だったのですが、拾い読みでは
    政変やらイナゴやら干ばつやら大変で、オリンピック出場が絶望視されていたようです。
    出場するテコンドー選手のコメントも出ています。』
    -- 翻訳者(2012/7/29)

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.