See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

イギリス:台湾国旗、ロンドンオリンピックの国旗陳列から撤去される

この記事は 2012年ロンドン五輪特集 の一環です。

2012年、7月24日、ロンドンの街中でオリンピック聖火のリレー [en] が行われる直前に、台湾国旗がこの街のリージェント・ストリートから取り除かれた。他のすべての国旗は依然、今年の夏の祭典の各国代表団を歓迎するために陳列されたままである。

多くの台湾国民が自国国旗が突然姿を消してしまったのに落胆した、とフェイスブックユーザーのイー・ハオ・リアオは不平を漏らしている [zh] 。

哀… 原本還高興一下下的

はぁ・・・私の幸せはつかの間でした。

ロンドンではオリンピックのために訪れる世界中の人々を歓迎する用意が進められている。

レディットユーザーの lol_oopsie は国旗が取り除かれた理由を尋ねている [en] 。

I'm curious to know whether this is London officials panicking, or whether Chinese authorities warned them to take it down. Either way, I think it deserves some attention. All of the Olympic coverage has totally ignored it.

私は知りたい。国旗が取り除かれたのはオリンピック実行委員会の血迷った行動なのか、または中国が台湾国旗を下ろすように実行委員会に圧力をかけたのか。いずれにしても、この事件はある程度は注目されるべきだと思う。しかし、全くもってこのことに関する報道はされていない。

他のレディットユーザーの mintytiny は次のように回答している [en] 。

Though didn't offer any explanation, yet according to Regent Street Association, they'll replace it with the Olympic flag used to represent Taiwan.
I have to say, this is really lame and any real explanation will be better.

リージェント・ストリート協会による説明は全くないが、同協会によると、彼らは台湾国旗を「台湾を象徴する為に使われるオリンピック旗」と取り替えるつもりだとのことだ。
私はこれでは本当に納得することはできないし、どんなことでも事実を説明してくれるほうが好ましいと言わざるを得ない。

他のフェイスブックユーザーのメリッサ・アレクサンドラーは台湾国旗の撤去に抗議するために一枚の写真を作成した

Melissa Alexender's protest photo, via Facebook.

フェイスブックに投稿されたメリッサ・アレクサンダーの抗議の写真。

その写真の下で、台湾国旗をもとに戻すことを求める旨のEメールをリージェント・ストリートの管理チームであるアナスタシアに対して送るよう呼びかけている。メリッサの求めに応じて、ケネス・ウォンは協会にEメールを送り、その返答 [en] をメリッサ氏の写真の下に投稿している。

Dear Kenneth

Thank you for your email.

This matter has been raised and I can confirm that the Chinese Taipei Flag will be going up tomorrow evening.

I can ensure you that all competing nations flags will be displayed.

Kind regards

Lucy Turnbull
Regent Street Association Ltd

親愛なるケネス様Eメールをいただきましてありがとうございます。

この件に関しては既に協会内で取り上げられており、明日の夕方にはチャイニーズタイペイオリンピック委員会旗が取り付けられることとなっております。

私は全ての出場国の旗が陳列されるとお約束いたします。

敬具

ルーシー・ターンブル
リージェント・ストリート協会

メリッサ・アレクサンダーはその返答に落胆した [en] 。

We don't want the Chinese Taipei flag but our national flag! Regent Street is not covered by the Network of London Olympic Route neither part of Olympic Stadium, hence, there is no reason to refuse the placement of Taiwanese national flag!

私たちはチャイニーズタイペイオリンピック委員会旗ではなく台湾国旗がいいんだ!リージェント・ストリートはオリンピックの聖火リレーのルートには含まれていないし、オリンピックスタジアムの一部でもない。それゆえに、協会には台湾国旗を置くことを拒否する理由はないはずである!

一方、デザイナーのタミー・リンはこの状況を打開する 独創的な提案 [en] を楽しげに投稿している。それは台湾国旗を3Dの宣伝広告にしてストリートに戻すというものや、QRコード化してストリートに戻すというようなのである。

この記事は 2012年ロンドン五輪特集 の一環です。

校正:Maiko Kamata

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.