See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

キューバ:デジタル技術を駆使する映画制作者たち

ニューヨーク・タイムズに掲載された記事 [en]によると、キューバの映画制作者たちにとって新たな時代が到来している。その記事はキューバ人の映画監督セバスチャン・ミロの話を紹介している。彼は「日々撮影班を移動させる古びたバスのガソリン代のお金に困っていた。まして俳優への給料なんてなおさらだった」。

But Mr. Miló, a 33-year-old Cuban filmmaker, had a Canon 5D digital
camera and a story to tell. So, during one frenetic week in May 2011,
he shot “Truckdriver,” a tense 25-minute film about bullying at one of
the vaunted rural boarding schools where millions of Cubans used to
spend part of their high school education

しかし33歳になる映画制作者のミロ氏には、Canon5Dデジタルカメラと伝えるべき物語があった。そこで彼は2011年5月のある1週間に集中して、”Truckdriver”という緊迫した25分間の映画を撮影した。これは、とある地方の優良な寄宿学校でのいじめを描いたものだ。多くのキューバ人は、かつてこのような学校で高校教育を受けていた。

ブロガーで映画評論家のフアン・アントニオ・ガルシア・ボレゴは2011年の8月にこう述べている [es]。

No se trata solo de enseñar a las personas a manejar una computadora, sino impulsarlos a que mantengan con esas tecnologías un espíritu creativo y liberador. ¿Cómo lograrlo? Ahí está el detalle, como diría ese gran filósofo de la vida que fue Cantinflas.

コンピュータの使い方を教えるだけでなく、それらの技術を創造的かつ自由な精神と共に活用させるのだ。そうするにはどうすればいいか? そこに問題がある、と偉大な人生の哲学者カンティンフラス(訳注:メキシコの俳優、コメディアン)は言うだろう。

音響・視覚効果の制作コストを抑えるため、そして、日の目を見るはずのなかった物語を伝えるために、著名な映画制作者や新人監督は、新しい技術を駆使し始めたようだ。

2010年の映画”El Benny”のプレミアショーにて、監督のホルヘ・ルイス・サンチェスはこう話していた [es]。

Con el desarrollo de la tecnología digital es posible tener más acceso a cámaras y computadoras donde se puede editar y, en la medida que tenemos más acceso, podemos soñar y sacar a la luz al director que llevamos dentro.

デジタル技術の発達により、カメラや編集作業が出来るコンピュータが手に入りやすくなった。そしてそのことによって僕らは夢見る事も内に秘めた映画監督としての力を発揮することも出来る。

ニューヨーク・タイムズの記事は、29歳の映画制作者でインディペンデント映画”Melaza”の監督でもあるカルロス・レチューガにも触れている。キューバ人の評論家デアン・ルイス・レジェスはこの映画を「典型的な生存劇を題材にした新たな自国映画」と評した [es]。

Melaza, directed by Carlos Lechuga.

カルロス・レチューガ監督作品”Melaza”

Aldo y Mónica sobreviven a todo poniendo su relación por delante. Son una pareja hermosa y lozana que defiende una convivencia donde falta de todo, menos cariño. Su esfera social es parte de ese universo inane: ella hace inventario y revisa el funcionamiento de las maquinarias del central, adonde va a “trabajar” cada jornada; él enseña a un puñado de niños en una escuelita desconchada y da clases de natación en una alberca vacía.

アルドとモニカは自分たちの関係を一番に考えて、あらゆる事を乗り越える。彼らはお似合いの夫婦で愛以外は何もないが二人三脚の関係をしっかりと保っている。彼らを取り巻く社会はこの虚しい世界の一部だ。彼女(訳注:モニカ)は発電所に毎日「働き」に行き、棚卸しと機械の動作点検をする。彼(訳注:アルド)は崩れかけた小さな学校の少数の生徒に水のないプールで水泳を教える。

この映画プロジェクトは多くの賞を獲得した。例えば、Hubert Balsからは脚本制作資金、Cinergiaからはデビュー作品制作資金、そしてIbermediaプログラムからはレチューガ曰く[es]「資金問題にいくぶんか立ち向かう」ための資金を得た。

ニューヨーク・タイムズは次のように締めくくった。「キューバの人々は多くの場合、長編、短編、ドキュメンタリーそしてアニメーションの映画をほんのわずかな友人と共に安い機材を使って制作している。国やキューバ映画芸術産業庁からの力添えはほとんどない」

校正:Maiko Kamata