See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

中国政府、海外メディアの引用を禁じる

中国メディア当局は、報道機関およびあらゆる機関が許可なしに海外メディアの報道を引用したり、転載したりすることを禁止する新たなメディア規制を発表した。

2013年4月16日、国家新聞出版ラジオ映画テレビ総局はより厳重な規制を発表[zh]した。その発表は、前首相温家宝一族の蓄財報道によって、ニューヨーク・タイムズ紙が優れた報道に贈られるピューリツァー賞を受賞して一日も経たないうちのことであった。

その2012年11月の(温家宝の蓄財)報道への反応として、中国当局はニューヨーク・タイムズ紙のサイトを閲覧できなくしたうえ、温家宝元首相の名前も閲覧不可にした。

さらに、この規制により外国のメディアコンテンツ利用の権限許可を得ることが中国メディアに義務づけられていることにより、
いくつかの機関および記者たちによるWeibo といったソーシャルメディアによる情報共有をも取り締まられる。
中国におけるソーシャルメディアは今までのように中国国民が自由に声を上げることができる公共の場として機能することができなくなるであろう。

中国の国営通信社、新華社(Xinhua)による通知は以下の通り[zh]である。

各类新闻单位均不得擅自使用境外媒体、境外网站新闻信息产品。坚决制止和依法查处采编人员以网络为平台牟取非法利益等行为。新闻单位设立官方微博须向其主管单位备案并指定专人发布权威信息,及时删除有害信息。

すべての報道機関に対し、政府の許可なしに外国メディアやウェブサイトからの情報を使用することを禁止する。これは記者や編集者が、非合法な利益を目的とする情報共有の場としてインターネットを利用することを厳しく禁じるものである。もし、そのような行為をすれば調査され、法律によって厳しく罰せられる。公式のWeiboアカウントを作るためには、報道機関はまず当局に登録を申請し、信頼できる情報を公開する、および政府に危害を与える情報を速やかに削除する責任者を指名しなければならない。

新聞で報道される外国の記事のほとんどは国際報道機関から引用されてきた。テレグラフによると外国メディア使用禁止令は中国新聞各社に大きな衝撃を与えると見られている。

この出来事は多くののWeiboユーザー、特に記者たちの間で怒りを買っている。北京に拠点をおく記者Qingdeng Xiaxiangmingbianはこう記した。[zh]

Internet in China by Karen Roach via Shutterstock

Karen Roachによる「中国でのインターネット」 Shutterstockより

青灯下香茗边:舆论监督是一个健康社会的必需品,批评的尺度就是民主的尺度,‘若批评不自由,则赞美无意义’。正确结论来自多元化的声音,而不是权威的选择。

世論の目は健康的な社会にとって必要不可欠なものである。批判の尺度は民主主義の尺度でもある。もし、批評することが自由にできなければ賞賛することに価値は生まれない。正しい結論は、政府によって規制された選択肢からではなく様々な角度の意見から生まれる。

ウェブユーザーのLida Suibiは今回の中国政府が行った厳しいメディア規制は長期的に考えても効果があるのかと疑問を呈する。[zh]

什么是有害信息?我觉得,信息只有真假之分。新闻的唯一目的是转播真相,这是人类社会的基本需求。在新中国历史上,被宣传管理部门定义为有害信息的绝大部分信息,事后都被证明是正确的。思想屏蔽也许有效一时,但掩耳盗铃之策非长久之道。

一体何が有害な情報なのか?私は正しい情報と間違った情報しかこの世にはないと思う。ニュースの目的は真実を報道することであり、そしてそれは、社会が根源的に求めていることである。
宣伝部によって有害であると定義された情報のほとんどが、中国の共和制の歴史を通じて後に正確なものであると証明された。情報や意見を遮断することは短期的には効果的だが、自己否定的な方策は長期的には効果的ではないだろう。

もう一人のウェブサイト利用者Yun Mu中国のことわざを繰り返した。[zh]

欲盖弥彰!

隠そうとすればするほど、ますます明らかになる。

Ya Laodie aiLvseはこのように皮肉った。[zh]

这要变朝鲜了吗?

私たちは北朝鮮になるのか?

Liu Xiangpian記者は中国における新しいメディアに対する法規制の不十分さを指摘した。[zh]

是法律法规严重落后于事物的发展!互联网到目前为止还不被认为是法律意义上媒体,何况自媒体!

法や規制は、発展していく状況においてひどく遅れているんだ!インターネットは法的な解釈ではメディアとは呼ぶことができないし、市民メディアについても言及がされていない。

この記事の校正はYuri Yoshinoriが担当しました。