See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

「スカートをめくって命を守ろう」シンガポールで子宮頸がんの広告に賛否両論

[言語コードのないリンク先はすべて英語のサイトです]

今月(5月)、シンガポールの人々に無料のパップスメアテスト(子宮頸がん検査)を促すために、シンガポール対がん協会 は「スカートを上げて命を守ろう」という広告を出した。すると、クリエイティブだ、影響力がある、いや、不快感を与える広告だ、と活発な議論が巻き起こった。

このキャンペーンでは、映画『七年目の浮気』でマリリン・モンローがとった有名なポーズをこの国の芸能人たちが再現している。キャンペーンポスターはバス待合所や駅で見られる。

シンガポール対がん協会によると、子宮頸がんは国の大きな健康問題である。

Cervical Cancer ranks no. 9 among the cancers diagnosed in Singaporean women. Each year, 200 women are diagnosed with the disease and 70 of them die from it. It is a highly preventable and curable disease.

From 1 to 31 May 2013, all female Singaporeans and PR aged 25 – 69 years old, can enjoy FREE Pap smear screening at participating clinics island-wide.

子宮頸がんは、がんと診断されるシンガポール人女性の間で9番目に多いがんである。毎年200人の女性が子宮頸がんと診断され、そのうち70人が亡くなっている。子宮頸がんは高い確率で予防・治療が可能な病気である。

2013年5月1日から31日の間、すべてのシンガポール人女性と25歳から69歳のキャンペーン対象者は全国のキャンペーンに参加しているクリニックでパップスメアテストが無料で受けられる。

今月(5月)、少なくとも178ものクリニックが無料のパップスメアテストを提供している。しかし、広告には 複雑な反応があった。思わず目をとめると絶賛した人もあり、ファッションかダイエット広告だと思ったという人もあり。また、性的すぎると批判する人もいた。

“Lift your skirt. Save a life” ad to promote awareness on cervical cancer. Image from Facebook page of the Singapore Cancer Society

「スカートをめくって命を守ろう」子宮頸がんに関する意識を高めるための広告。 画像はシンガポール対がん協会のFacebookページより

「Everything Also Complain」というブログサイトでは、単純に無料パップスメアテストの宣伝 だけで十分であったと述べている。

…you don’t need a controversial headline to grab the attention of Singaporean women. One four letter word starting with the letter F would do the trick: FREE, and that magical word that possesses Singaporeans into queuing long hours for stuff they don’t need is restrained here by small caps and boring font

…シンガポール人女性の注意を引くのに議論を起こすような見出しは必要ない。4つの文字からなるFから始まる言葉が秘訣になる。FREE(無料)、その魅惑的な言葉にとらえらえると、シンガポール人は必要でない物であっても長い列に並んでしまう。それなのにこの広告では小さな文字とありきたりなフォントで魅力が抑制されてしまっている。

「a musliminah in NL」というブログも同じ考えだ。

the idea behind the sexualised women was catering to the male gaze, suggesting voyeurism and sexual availability of women. This copywriter thinks that puns hardly work in ads, while others thought that it's not a good idea to sexualise ads which carry an important message.

What word would trigger the Singaporean mindset to pay attention to this ad? For the next campaign, I suggest the following headline:

FREE Pap Smears!

That oughta attract attention and get women to sign up for the free checkups. :)

女性をセクシャライズしたアイデアは男性の目の保養となり、のぞき見や女性を性的対象と見ることを促すことになっていた。この記事(訳注:「BuzzFeed」というウェブサイト)のライターは広告にしゃれは通じないと述べており、他の人々も重要なメッセージ性のある広告を性的な内容にすることは良い考えではないと述べている。

シンガポール人の物の見方で注意を引く広告の言葉は何か。次回のキャンペーンでは次の見出しを提案する。

無料パップスメア!

これなら注意を引き付ける事ができ、無料検査に女性を参加させることができる。:)

「Mr Brown」というブログは子宮頸がん予防には賛成だが、このキャンペーンにあまり好意を持っていない。

I am all for cervical cancer awareness but really? “Lift your skirt, save your life.”?

While you are at it, why not “Open your legs, save your life.”?

Or “Drop your panties, save your life.”?

Or “Upskirt your downturn, save your life.”?

In any case, despite the fracas, cancer is serious stuff and I shall provide the link to the info for free pap smear screenings in May

子宮頸がんの啓発には賛成だが、本気で?「スカートをめくってあなたの命を守ろう」?

それなら「股を開いて命を守ろう」でもいいのでは?

または「パンツを下げて、命を守ろう」では?

または「スカートから股をのぞかせて、命を守ろう」では?

いずれにせよ、騒ぎは無視して、がんは深刻なものなので5月の無料パップスメアテスト情報のリンクを提供する。

「Breakfast Network」で執筆をするWesley Gunter は広告を支持 している。

…if an ad like this CAN make more women go for PAP smears because it GRABS their attention and saves their lives, hasn’t it met its objectives?

The only thing that is “sad” about this whole affair is how this creative attempt was so readily shot down before it was given a chance to see if it actually works.

…もしこのような広告が注意を引くことによってより多くの女性にパップスメアテストを受けさせることができ、命を救うことができたら、広告の目的は達成されるのではないか。

今回のできごと全体で唯一「残念」なことは、このクリエイティブな試みが実際に上手くいくか確かめる機会を得る前にすぐさま論破されてしまったことだ。

広告に参加したモデルのリンダ・ブラック氏はキャンペーンの成功を誇りに思っている。

I am so proud of the campaign, and I think it was beautifully shot and lovingly edited with women’s health issues at heart. I stand by that, and I will defend it and my decision to be a part of it.

That being said, the campaign is a major success – loads of people are talking about it, or have heard of it, and a kernel of truth has been planted: when was the last time you ladies have had your screening? Isn’t it marvelous that in this country, the powers that be care enough about you to give you your rightfully deserved screening for FREE?

このキャンペーンに参加できたことをとても誇りに思っています。写真も素敵だし、ほんとうに女性の健康問題を思って心をこめて製作されたものです。私はこのキャンペーンを応援します。そして、キャンペーンとそれに参加した自分の決断は間違っていないと主張します。

とは言え、キャンペーンは大成功だ。沢山の人々の話題になっている、または沢山の人の耳に入り、真の目的は吹き込まれた。女性の方々、最後に検査を受けたのはいつですか?この国では、受ける権利のある検査を無料で受診できるよう、権力のある人たちが心を砕いている、それって素晴らしいことではないでしょうか。

校正:Rie Tamaki