See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

インドネシア大統領への「宗教的寛容」賞授与へ抗議

2013年5月30日、アメリカを拠点に宗教間の協調を訴えるアピール・オブ・コンシャス財団 (ACF) が、ニューヨークでスシロ・バンバン・ユドヨノ (SBY) 大統領にワールド・ステートマン・アワードを授与した。しかし、インドネシア人の中には、彼は受賞にふさわしくないと考える者がいる

受賞が発表された時、大勢の人々が、世界最大のムスリム人口を抱えるこの国でユドヨノ大統領が、宗教的不寛容と暴力が広がっていることに、ほとんど対処してこなかったと指摘した。実際ここ数年、この国では少数派の宗教団体への攻撃が増加してきたのだ。

ジャカルタに住むIman Shofwanは、Change.orgにおいて以下の嘆願書を投稿した。

Nama saya Imam, seorang Muslim dari keluarga Nahdlatul Ulama. […]Sebagai Muslim dan warga Indonesia, saya malu dengan banyaknya kekerasan atas nama agama di bawah pemerintahan saat ini. Kelompok ekstrim dibiarkan membunuh warga Syiah dan warga Ahmadiyah. Di beberapa daerah mayoritas Kristen di Indonesia, mulai ada masjid yang dipersulit pembangunannya. Pemerintahan lokal menghambat pembangunan gereja-gereja Kristen, termasuk HKBP Filadelfia dan GKI Yasmin, dekat Jakarta. […]Saya minta pada ACF untuk menunda penghargaan tersebut sampai SBY bisa memperbaiki kinerjanya melindungi minoritas di Indonesia.

私はImamと申します。ナフダトゥル・ウラマー系のイスラム教徒です。(…) イスラム教徒そしてインドネシア人として、現政権下で数多くの暴力が起こっていることを恥ずかしく思っています。過激派グループは、シーア派やアハマディア派の教徒を殺すことを放任し、キリスト教徒が多数を占める都市では、モスクの建設が困難となりつつあります。地方自治体は、ジャカルタ周辺のバタックプロテスタントキリスト協会 (HKBP) フィラデルフィアやインドネシアキリスト教会 (GKI) ヤスミンを含むキリスト協会の発展を規制しました。私はACFに対して、SBY大統領がインドネシアにおける少数派保護の取り組みを改善できるようになるまで、賞の授与を延期するように嘆願しました。

彼の要請は、カトリック教会司祭であるFrans Magnis Suseno神父からも支持を得た。

アピール・オブ・コンシャス財団の皆様、(…) ユドヨノ大統領が現在までの8年半の執政中に、少数派に敬意を表すべきだと、インドネシア国民に一度も言ったことがないとあなた方はご存知ないのですか?アハマディア派やシーア派の人々に対する暴行が増加していることに対して、恥ずべきことに責任を逃れていると知らないのですか?ユドヨノ大統領の政権下において、そうした人々が大勢、家を追い出され、いまだに体育館のような場所で生活しているのですよ…。

授賞式の数日前、ジャカルタにある大統領宮殿前に宗教的暴力の被害者が集合し、ユドヨノ大統領に対しての「ステートメント・アワード」をプレゼントした。

宗教的暴力の被害者によってプレゼントされたステートメント・アワード。写真はGKIヤスミンの許可のもと掲載。

宗教的暴力の被害者によってプレゼントされたステートメント・アワード。写真はGKIヤスミンの許可のもと掲載。

宗教的マイノリティーは、大統領にステートメント・アワードをプレゼントし抗議。写真はGKIヤスミンの許可のもと掲載。

同時に、ニューヨーク在住のインドネシア人移住者は、授賞式の行われるホテルの前で座り込みデモを行った。

ユドヨノ大統領の受賞に抗議する、ニューヨーク在住インドネシア人

ユドヨノ大統領の受賞に抗議する、ニューヨーク在住インドネシア人。写真は@Fitrimohanの許可のもと掲載

945544_588650317822055_916941486_n

ニューヨーク在住インドネシア人による自発的抗議。写真は@Fitrimohanの許可のもと掲載。

Abdul Muchtarは、受賞への支持を表明するようにと、賄賂を贈られたと主張した

menjijikkan!
saya dihubungi agar mau mendukung pemberian award buat SBY di NY.
Saya diberikan uang US$ 100,- plus dijemput dan diantar pulang pergi, serta disuapin dengan lunch dan dinner.
ternyata teman2 saya lainnya di NY, New Jersey, Philadelphia, Virginia, DC, dan Maryland juga telah dihubungi dengan iming2 yang sama.
mau muntah saya, sangat menjijikan

本当うんざりだ。私はニューヨークでユドヨノの受賞を支持するように連絡を受けた。100ドルに加えて、帰りの旅費に昼食・夕食代を渡された。ニューヨーク、ニュージャージー、フィラデルフィア、バージニア、ワシントンDC、そしてメリーランドにいる私の友達も同じように連絡を受け、同じ金額を渡されたようだ。吐き気がするほど本当にむかつく。

一方、ワシントンDCにあるインドネシア大使館では、大使館によりサクラ(訳注:SBY大統領の受賞のための)が動員されたのではないかという、ペドマン紙のオンラインサイトに掲載された記事を否定する声明を発表した。

KBRI menegaskan bahwa berita seperti yang disampaikan di www.pedomannews.com TIDAK BENAR SAMA SEKALI. KBRI Washington, D.C., dan seluruh KJRI di AS serta seluruh staf tidak pernah memberikan iming-iming atau menjanjikan uang atau bentuk janji-janji lainnya kepada warga Indonesia untuk hadir dan mendukung pemberian penganugerahan ‘World Statesman Award’ kepada Presiden Susilo Bambang Yudhoyono oleh the Appeal of Conscience Foundation (ACF) tanggal 30 Mei 2013.

[…]

karena faktanya justru sebaliknya: kemarin pihak kami mendapat laporan dari sejumlah sumber yang dipercaya bahwa ada orang Indonesia menelpon orang-orang diaspora Indonesia di AS dan membujuk mereka untuk ikut mendemo Presiden SBY di New York dengan bayaran $100. Mereka tersinggung dengan tawaran tersebut dan melaporkannya kepada staf KBRI.

インドネシア大使館(KBRI)は、www.pedomannews.comに掲載されたニュース記事は全く真実ではないと述べたい。ワシントンDCにあるインドネシア大使館も、アメリカ合衆国における総領事館も、そのスタッフも、2013年5月30日の、アピール・オブ・コンシャス財団(ACF)によるユドヨノ大統領へのワールド・ステートマン・アワード授与に参加し支持するよう、インドネシア国民に金銭的報酬や他の約束事をしたことはない。

(…)

真実は全く逆である。昨日、いくつかの信頼できる情報筋から、ニューヨークの大統領抗議デモへ参加しないかと、アメリカのインドネシア人コミュニティーに連絡し、100ドルの報酬で誘っているインドネシア人がいるという報告を受けた。この連絡を受けた人々は感情を害し大使館へ連絡をしてきた。

Daniel HTは自身のポストにこう投稿した:

Di laman resmi Appeal of Conscience Foundation ini tertulis filosofinya sebagai berikut: freedom, democracy and human rights are basic principles.

Sedangkan slogannya adalah: “A crime committed in the name of religion is the greatest crime against religion.” Suatu kejahatan yang dilakukan atas nama agama adalah kejahatan terbesar terhadap agama.

Dari filosofi dan slogan yayasan ini saja, SBY sudah tidak memenuhi kriterianya.

アピール・オブ・コンシャス財団の公式ホームページには、自由、民主主義、そして人権(訳注:を尊ぶこと)が基本理念であるという彼らの信条が載せられている。

また、そのスローガンには、「宗教の名のもとに行われた犯罪は、宗教に対する最も重い犯罪である。」とある。だが、彼らの信条とスローガンを踏まえると、ユドヨノ大統領は受賞の判定基準に全く見合っていない。

ツイッターにおける反応は様々だ。

@Abdan_dj: Selamat ut Bpk. Presiden @SBYudhoyono atas penghargaan World Statesman Award dari organisasi nirlaba Appeal of Conscience Foundation (ACF).

@Abdan_dj:大統領 @SBYudhoyonoアピール・オブ・コンシャス財団(ACF)によるワールド・ステートマン・アワードの受賞おめでとうございます。

‏@adhe_cj: Silakan ambil, tpi itu sbnrnya adlh tantangan!!RT @tempodotco: SBY Dapat World Statesman Award, Beri 4 Janji http://bit.ly/17Ctydb

‏@adhe_cj: 賞は受け取っておけばいい。だが、はっきり言って彼は難題を引き受けたな。

‏@dinopattidjalal: Pemenang Nobel Daw Ang San SuuKyi puji kemajuan demokrasi Indonesia yg inspiratif+dukung pemberian World Statesman Award kpd Presiden SBY

‏@dinopattidjalal: ノーベル賞を受賞したアウンサンスーチーは、インドネシアの民主的進歩を影響力のあるものだと賞賛し、ユドヨノ大統領へのワールド・ステートマン・アワード授与を支持した。

‏@DukungMahfudMD: Pemberian World Statesman Award kepada SBY tidak sesuai dengan fakta lapangan. Jika berintegritas, dia akan malu untuk nerima.

‏@DukungMahfudMD: ワールド・ステートマン・アワードがユドヨノ大統領に授与されるのは事実とかけ離れている。もし彼が真っ当な人間ならば、受賞するのを恥ずかしく思うはずだ。

@daanandraan: SBY dapet penghargaan “kebebasan beragama” dr ACF (Appeal of Conscience Foundation) ?? I'am Atheist now.

@daanandraan: SBYがACF(アピール・オブ・コンシャス財団)から『宗教の自由』に対する賞を授与されたって?じゃあ、私は今から無神論者だ。

‏@jery_tbn: Selamat Pak @SBYudhoyono mendapat penghargaan World Statesman Award terhadap negara yg kehidupan toleransi beragamanya masih dipertanyakan..

‏@jery_tbn: @SBYudhoyono大統領、この国では宗教的寛容が疑わしいこの国に対するワールド・ステートマン・アワードの受賞、お祝い申し上げます。

校正:Mari Wakimoto