See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

がん患者支援のスリランカ縦断ウォーク 「希望の長距離ウォーク」

スリランカ陸軍退役少佐Ruvan Ranatungaは、2013年5月30日 embarked on a missionある目的に向けて行動を開始した。それは、がん患者をケアする二つのチャリティー事業にぜひとも必要な基金を募るためスリランカ島を徒歩で縦断するものである。

Ranatungaは、一か月余、数千ルピーの募金および750㎞以上の歩行という結果を残し、縦断旅行を完遂させた。

彼は、このトレッキングをスリランカ南部の Dondraから始め、2013年7月7日に、同国最北端の Point Pedroで完結させた。彼の目標は、このウォークを終えるまでに、150万ルピー(1万1500ドル)の寄付金を募ることだった。しかし、報告によると、希望の長距離ウォークが集めた募金の額は、目標額に70万ルピー足りなかった。

希望の長距離ウォークで集まった募金はThe Courage Compassion Commitment (CCC) Foundation The Colours of Courage Trustの二つのチャリティー事業に使われることになっている。

Ranatungaは、このウォークを終えてフェイスブックに次のように記した。

ウォークは終わったけれど、この大縦断旅行の核心部はいまだに達成されていません。基金はゆっくりと確実に集まって来ています。皆様の惜しみないご協力に感謝します。

彼はなぜこのような目標を掲げたのか、その理由を下記のように言っている。

こんにちは、Ruvan Ranatungaと申します。私は自分の国を徒歩で縦断しようという情熱をずっと育んできました。14年にわたる陸軍の任務を勤め上げ、その間、北から南までの任地を含め、多くの土地を巡ってきました。このわくわくするような縦断旅行を軍務とは異なった目的を持って開始するには、今がちょうど良いタイミングだと思います。しかし、「希望の長距離ウォーク」は単に、私の夢の中で育まれているものではありません。もっと大きなものです。私は今まで生きてきて、私たちは自らの手を外部に差し伸べ、どんなことであれできるだけの力で、他の人の人生に触れるべきだという信念を持っています。だから、私はこの信念をトレッキングへの情熱に結び付けたいのです。そして、がんを患っている人たちに希望の光を当てたいのです。

その方法は? 私のトレッキングに賛同してくれた皆様の気持ちは、CCCHouseおよび小児用のがん病棟であるColours of Courage Pediatric Cancer Wardへの資金援助に直接結びつくのです。CCCHouseは、スリランカ南部Maharagamaに所在の国立がん研究所にあり、188床のベッドのある外来がん患者のためのリハビリセンターであります。また、Colours of Courage Pediatric Cancer Wardはスリランカ北部Thelippalaiに建設中であります

私の希望のウォークはもう一つの面では、平和の探求でもあります。国民、人種、宗教、幸福および貧困といったこの国を構成する多くの影の部分を歩くよう計画しました。

ブロガーで企業家の Indrajit Samarajivaは下記のようにコメントしている。

このウォークはがんのための基金を募るものであり(ここで寄付をすることができます)、それ自体もまた素晴らしいものです。私は彼の フェイスブックをフォローし、彼はあちこちと旅行する際に見過ごしてしまうようなことでも、実際に目にしてきたことを知りました。それは、感動的で興味深い話であります。

Ruvanは、39日間の冒険に携行した装備をYouTubeビデオに公開した。

ウォークの進捗状況をYouTube上の彼のビデオ日記でご覧ください。

このウォークの間中ずっと、彼はまたフェイスブックツイッター上でたくさんの励ましの言葉をもらった。例えば、Thilina Randeniya (@ThilinaRishan)はコロンボから次のようにツイートした。

@ThilinaRishan: @slwalkofhope こちらの天候は土砂降りで、それはひどいもんです。Ruvanさん、ご無事をお祈りします。トレッキング中は気を付けて。http://bit.ly/15cH5Ef #LongWalkofHope #lka

このウォークの後半には家族と友人も彼と合流した。Smriti DanielはSunday Times(サンデータイムズ)に次のように記している。

彼らは山を踏破し、熱帯雨林を突き抜け、茶畑のうねった道を進み、また途中、湖や潟や泉を見つけるたびに歩みを止め水に浸かった。夜は、しばしば見知らぬ人たちの親切を頼りにし、小さな日用品店の中、お寺のお堂、ベランダ、または家に泊めてもらった。こうする中で、彼らは行く先々で、Ruvanが考えるスリランカがどこにでもあることを知った。つまり、この国には人を圧倒するような自然の美があり、人々の暮らしは様々だが、皆そろって桁外れに寛大であった。

Screenshot from the Video Diary of Ruvan Ranatunga

Ruvan Ranatungaのビデオ日記の画面

最新情報および画面は「希望の長距離ウォーク」のフェイスブックおよびツイッターのページでさらにご覧いただけます。ぜひ、フォローをお願いいたします。

校正:Yu Murata