See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

1746年のリマ地震を回顧

Lima in its Barroque splender at the end of the XVII century. Image taken from Juan Luis Orrego Penagos' blog.

17世紀末のリマ市。バロック様式の壮観な風景。(Juan Luis Orrego Penagosのブログから)

1746年10月28日、リマ市は同市の歴史始まって以来最大級の地震の揺れを体験した。当時は地震台帳や地震計などはなかったが、今日まで残っている文献や地震の痕跡から、その地震の強さを示すマグニチュードは9と推定される。

歴史学者のJuan Jose Pacheco Ibarraは昨年、彼のブログ Rincon de historia peruana(ペルーの歴史コーナー)に、当時の資料に基づいた記事 [es]を登載した。

Se dice que las 4 de la tarde se levantó un viento caliente del nordeste, aparecieron nubes parduscas y densas.
 
Era el viernes 28 de octubre de 1746, día de los Santos apóstoles San Simón y Judas, era una noche de luna llena.
 
A las diez y media de la noche se inició un gran terremoto que destruyó la ciudad de Lima y ocasionó un maremoto en el Callao. El sismo duró entre tres y seis minutos.
午後4時に北東から熱風が吹き始め、暗く厚い雲が現れたとされる。
 
その日は1746年10月28(金)、十二使徒のうちのシモンとユダの日で、満月の夜であった。
 
夜10時半に強い地震が起こり、リマの町は破壊された。また、カヤオでは津波が発生した。地震は3~6分続いた。

Pachecoはリマ市の被害状況について記述を続ける。

Luego del terremoto en Lima solo quedaron en pie 25 casas de las tres mil que existieron. Todo se destruyó. Los edificios más importantes también fueron severamente afectados. El palacio del virrey, la catedral perdió una de sus torres que cayó sobre la bóveda de la iglesia destruyéndola. El local de la inquisición y la universidad de Lima (NdE: Universidad de San Marcos) quedaron severamente afectados.
 
Las iglesias de San Agustín, La Merced y San Pablo donde cayeron las dos torres también fueron seriamente dañadas.
 
Varios sectores de la muralla de Lima fueron destruidos. Algunos baluartes que quedaron en pie fueron usados como refugio de la población frente a las réplicas.
 
En el hospital de Santa Ana 60 enfermos fueron sepultados por los techos mientras permanecían en sus camas.
 
El convento del Carmen bajo sepultó a varias monjas.
 
El famoso arco triunfal que se encontraba a la entrada del puente de piedra fue afectado por el sismo, la escultura ecuestre de Carlos V cayó al suelo y se destruyó.
リマの地震の後、元あった3千戸のうち倒壊せずに残った家屋はわずか25戸であった。町中が破壊されてしまった。多くの重要建築物もひどく被害を受けた。たとえば副王の宮殿、大聖堂である。この大聖堂は塔の一つを失った。その塔は教会のドームに崩れ落ち、そのドームを破壊した。宗教裁判所の建物およびリマ大学(サンマルコ大学)もひどく被害を受けた。
 
San Agustin教会とLa Merced教会およびSan Pablo教会(この教会は二つの塔が倒壊した)もまたひどく地震の被害を受けた。
 
リマ市の城壁の何カ所かは破壊された。 壊れずに残った要塞は余震におののく市民の避難所として使われた。
 
Santa Ana病院では、60人の患者が病床についたまま屋根の下敷きになった。
 
数人の修道女はカルメン女子修道院の下敷きになった。
 
石造橋の入り口に建っていた有名な凱旋門が、地震の影響を受けた。また、カルロス5世の騎馬像が倒壊した。

Percy TairaはExpediente Oculto (隠れた記録)というブログに、イエズス会のPedro Lozano司祭が記した年代記の一部を再掲した。同司祭はリマの震災を目の当たりにして、その惨状を記述した。また、地震の後カヤオを壊滅状態に陥れた津波の状況も記している[es]。

Pero fue incomparablemente mayor el daño en el Puerto del Callao, donde en la misma hora se sintió el terremoto sumamente violento. Resistieron á su primer ataque algunas torres, y una parte de las murallas; pero media hora después, comenzando los habitantes á respirar y recobrarse, se entumeció el mar, se elevó á una prodijiosa [sic] altura y se precipitó con horrible estruendo sobre la tierra, sumergiendo los mas grandes Navios, que se hallaban en el puerto; y elevando algunos por encima de las murallas y torres, los llevó á varar mas adelante de la población (…) No se distingue el lugar donde estuvo la ciudad, sino por las dos grandes puertas y algunos grandes lienzos de la muralla, que todavía subsisten

カヤオ港の損害は桁違いだった。強烈きわまる地震動がこの地でもリマと同じ時刻に感じられた。最初の地震動に耐えた塔もいくつかあった、また、城壁の一部も持ちこたえた。しかし、30分後、住民が一息ついてほっとし始めたとき、海面が持ち上がった。海面は途方もない高さに持ち上がり、次には大騒音とともに地面に降り注いだ。港に停泊中の巨大な船を飲み込み、その他の船を城壁や塔よりも高く持ち上げ、市街地の反対側まで押し流した。(…)。現在も残る二つの大城門といくつかの大壁画を除いて、かつてあった市街の位置を特定できるものはない。

歴史学者のJuan Luis Orrego Penagosも、この地震がリマの建築物に及ぼした影響についてコメント[es]している。

las mejores joyas arquitectónicas de Lima se desintegraron; asimismo, tanto los edificios reconstruidos como los nuevos perdieron la elegancia y boato que mostraban los desaparecidos. En el futuro, como lección del siniestro, se empleó a gran escala el adobe, la quincha y los materiales ligeros, en reemplazo de la piedra, el ladrillo y los “materiales nobles”.

リマの宝とされる優れた建築群が崩壊した。その後すぐに、再建された建物や新しく建てられた建物もあったが、それらは、倒壊してしまったかつての建物が持っていた優美さや見栄えを失ってしまった。この震災から教訓を受け、震災後は日干し煉瓦、草葺き屋根、および軽量素材が、石材、煉瓦、などの「重厚な材料」に代わって多く用いられるようになった。

そして、この地震は副王の都市リマの習俗に様々な影響を与えた。歴史学者Scarlet O’Phelanの調査によると、この地では、地震はリマの住民が犯した罪が元で発生したと信じられている。その罪とは、貧者の不当な扱い、強欲と高利、肉欲と恥ずべき衣装をまとった女たちの虚栄であると、考えられている。

En efecto, la iglesia sugirió que la moda francesa femenina de pronunciados escotes, mangas cada vez más cortas y faldas a la altura del tobillo, habían provocado la ira divina, materializada en el movimiento telúrico. La insinuante moda francesa había sido adoptada por las clases altas, pero también por los sectores populares.

事実、聖職者は次のように言った。つまり、女性の襟足、ますます短くなる袖丈、くるぶしが見えるスカートといった派手なフランス式のファッションが、神の怒りを買うこととなり、そして、この怒りが地震となってこの世に現れたのだと。当時は、軽薄なフランス式ファッションが上流階級にはやりだし、やがて庶民にも広がっていった。

Terremotos en la historia del Peru(ペルー史における地震)というブログの中で、地震と「ロス・ミラグロス(奇跡の神)」[en]の崇拝との関係が述べられている[es]。また、この崇拝は「 パチャマック創造神」の崇拝に類似したものであり、元々は現地人の間に起こった[es]ものであったが、植民地時代に、黒人奴隷がこの崇拝を受け入れ、自分たちの信仰とするようになったとも、述べられている。また、このブログの中で、この地震は「建物の基礎にひびを入れただけでなく、政治上の基礎にもひびを入れた。というのも、黒人たちは、この天罰を副王の堕落の前兆と考え、暴動と略奪を引き起こした。その結果、社会秩が様変わりしてしまったからである。」と述べられている。

“En octubre de 1747 se celebraron en la ciudad de Lima una serio de actos religiosos, entre los que destaco la procesión del Señor de los Milagros. Esta imagen recorrió por primera vez las calles de la ciudad durante cinco días. Es evidente que la procesión se ligó directamente por recuperar el orden público (…)” Rosas 2005:109 Esta acción tuvo buenos resultados para el gobierno ya calmo en cierta medida los ánimos entre la población revoltosa, además de convertirse el mes de octubre en una ocasión especial en donde se refuerza y recuerda los movimientos sísmicos en una estrecha vinculación a las relaciones sociales, tal y como lo vivimos en nuestros días.

「1747年10月、リマ市で宗教を祝う一連の行事がとり行われた。中でも、 ロス・ミラグロスの行進は圧巻であった。この象徴的な行進は、震災後初めて、リマ市の街路で五日間続行された。この行進は明らかに、公共秩序を取り戻すために直々に利用された。(…)」ロサス2005:109
この行事は政府に良好な結果をもたらした。また、手に負えない群衆の狂気をいくぶんか鎮めることができた。さらにまた、この行事により10月は特別な月となった。つまり、10月は,地震をきっかけに社会的連帯感が強まり,人と人との絆の大切さを思い起こす,そんな特別な月になった。そのことは現在にも通じることである。

この特別な日を記念して毎年10月28日にロス・ミラグロスの行進がリマの街々で行われるのは特筆に値することである。

Terremoto01

Jose Antonio Manso de Velasco副王. 彼の指揮の下で再建中のリマ大聖堂の様子。この大事業により、彼は「スペルンダ伯爵」の称号を受けることとなった。ブログRincon de Historia Peruana(ペルーの歴史コーナー)からの画像

リマの再建には数年を要した。再建の多くは Manso de Velasco副王の尽力によって実現された。そのため、彼は当時スペルンダ伯爵として知られるようになった。 Juan Jose Pacheco Ibarra は下記のようにコメントしている。

El virrey Manso de Velasco actuó de manera casi inmediata comisionando a los empleados de limpieza y la cofradía de la caridad para dar sepultura a las víctimas […además] organizó la reconstrucción de los canales de agua, de los hornos de pan, la limpieza de escombros de las calles y de los caminos y la reconstrucción del palacio de los virreyes y la catedral.

Manso de Velasco副王は即座に行動を起こし、清掃夫や慈善組合に犠牲者を埋葬するよう命じた。(…さらにまた)用水路の再建策、パン焼き窯の再建策、街路や幹線道路に散在するがれきの除去策および副王の宮殿と大聖堂の再建策を策定した。

さらなる情報はJose Antonio Benitoのブログで閲覧できる。彼はこのブログに北アメリカの歴史家Charles Walkerとのインタビューの模様を公開[es]している。その内容はWalkerの著書「揺れる植民地制度 ペルー、リマ市における1746年の地震と津波およびその後の長期にわたる後遺症」に関連したものである。この著書の発表会の模様はユーチューブの ビデオ[es]で閲覧できる。

この投稿は当初Juan ArellanoがGlobalizado [es]で公開したものである。
校正:Sadako Jin