See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

マレーシアの水不足:原因は自然災害と人災の両方

マレーシアのセランゴール州、ジョホール州、ヌグリ・スンビラン州、およびケダ州における水不足が伝えられている。星洲日報はこの水不足の原因を下記の通り説明している。

…the drought and water shortage in the Peninsula are both natural and human-induced disasters. The government as well as the people have an inescapable responsibility.

Over-emphasising development while ignoring environmental protection has led to such man-made disasters while exposing the weakness of improper management. With proper management, floods could actually be reduced and water shortages could be avoided.

…マレー半島における干ばつと水不足は自然災害でもあり、人が誘発した災害でもある。マレーシア政府もマレーシア国民も共にこの責任を避けて通ることはできない。

環境保護を無視して開発一辺倒になれば、このような人災が発生する一方で、水管理が不適切なために生じる脆弱性が露呈してしまう。水管理を適切に行うことにより、実質的に洪水を減らし、水不足を避けることができる。

校正:Maki Ikawa