See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

中国:昆明の無差別殺傷、当局「新疆独立派のテロ」と断定

中国当局は、中国南西部・昆明市の駅で起きた殺人事件について、新疆ウイグル自治区の過激派組織による犯行だと断定している。中国国営新華社通信によると、2014年3月1日に起きたこの事件[en]で、29人が死亡、130人以上が負傷した。

事件が起きたのは、第12期全国人民代表大会(国会に相当)第2回会議が3月5日に開幕するのを控え、各地の代表団が北京に到着する時期と重なっていた。

昆明市政府は、「犯行現場の証拠から、昆明駅のテロ攻撃は新疆独立派による犯行であることが判明した」と伝えた。国営新華社通信は、この事件を「組織立って計画された激しいテロ攻撃である」と報じた[en]。

 

The Kunming attack has left 29 dead. (photo from Sina Weibo)

昆明での事件の死者は29人。(写真:Sina Weibo(新浪微博)より)

国営メディアや地元当局が、暴力的事件を新疆独立派によるテロ活動だと定義づけたのはこれが初めてではない。この公式見解により、不特定の個人の犯罪行為が小数民族の連帯責任だとされ、民族に属す人々にテロ容疑者[en]のレッテルを貼るに至った。2013年10月中国当局は、イスラム教徒のウイグル族が天安門広場[en]で群衆に車で突入した事件を、 自爆テロ行為とみなした。天安門車突入事件後、中国は新疆での警備を強化していた。

昆明での大量殺傷[zh]は、Sina Weibo(新浪微博)上で、2014年3月2日に最も話題に上ったニュースとなった。事件の詳細を述べる目撃者もいたが、投稿の多くはすぐに削除された。

政府が「新疆テロリスト」のレッテルを貼ったことにより、新疆の人々に対するいわれのない嫌悪感が、ネット市民の間に再び湧き起ることになった。一方、新疆の人々にテロリストのレッテルを貼ることに警鐘を鳴らす知識人もいる。

辛口のジャーナリスト李承鹏は、こう投稿した[zh]。

无论是谁,无论出于何种目的,无论什么种族,选择火车站这种人流密集场所,目标对准无辜的平民,这等邪恶,这种不择手段制造影响,其心必诛,必下地狱

誰であろうがどんな民族であろうが、いかなる理由をもってしても、駅のような混雑した場所を選び、罪なき人々をターゲットにするなんて、悪そのものだ。地獄に落ちろ。

 新疆出身のネット市民vickiは、こう投稿した[zh]。

从昨晚开始在各种网络媒体都看到昆明事件,为此感到非常难过,但是做为新疆人不得不声讨个别媒体同胞,恐怖分子是被世界所排斥的,不能够代表新疆一个地域!请大家别把屎盆子扣在自己同胞头上!新疆为昆明死难者默哀!

昨夜から、様々なネットワークやメディアで、昆明の事件を目にする。非常に悲しいが、新疆出身の一人として言わなければならないことがある。テロリストは世界から拒絶されつつあり、新疆地域全体を代表する者であるはずがない。あなたたちの仲間にテロリストのレッテルを貼らないでください!昆明事件の犠牲者のために、新疆の地から黙とうをささげます。

メディア調査専門家Du Zijian[zh]は、こう投稿した。 

我不支持新闻媒体在报道中添加的“新疆”两个字。恐怖分子就是恐怖分子,是全人类的人渣;跟民族和地域都毫无关联。这个标签不对,这样的标签是一种地域撕裂甚至是民族撕裂。我反对!

報道で「新疆」という言葉が使われるのに反対だ。テロリストはテロリストであって、人間のくずだ。国や地域に関連付けられるべきではない。このレッテルは正しくない、そのようなレッテルは国全体を分裂させる。私は反対だ!

 オンラインパーソナリティJiazhuang zap niuyueは、こう投稿した[zh]。 

请不要把对恐怖分子的愤怒,扭曲成对一个民族的恐惧和隔膜,那正是他们想要的效果。请不要把对暴力的还击,扭曲成对一个民族的歧视和敌意,那正是他们想要的效果。

暴力との戦いを民族への差別や敵意に捻じ曲げないでください。テロリストへの激しい怒りを国全体への恐怖や差別へと捻じ曲げないでください。それこそ、やつらの思うつぼです。

別のブログQiwenlv[zh]は、こうコメントした。

面对恐怖袭击,我们不应将此迁怒于新疆人或维吾尔族,而应该去审视造成这一切悲剧背后的根源。没有人希望看到无辜民众被恐怖分子屠杀,但是抛开事情的原因而仅仅追究结果,是找不到出路的。

テロ攻撃に直面して、我々は新疆の人々やウイグル族に対して怒りをぶつけるべきではない。むしろ、この悲劇の裏にある根本的原因を探らねばならない。罪なき人々がテロリストによって虐殺されることを望む人はいないが、結果を追求するあまり原因を無視していては、活路を見いだせない。

校正:Yuko Aoyagi