See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

オーストラリア:7歳の女の子の夢をかなえた3Dドラゴン

3Dドラゴン(画像は CSIRO 公式フェイスブックページより)

3Dドラゴン (画像は CSIRO 公式フェイスブックページより)

一匹の3Dチタン製のドラゴンと一人の7歳の女の子のお話は、2014年新年一番の明るいニュースの材料になっている。オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)がその公式ブログで誇らしげに報告した。

今週初めに、私たちはある1通の手紙を掲載しました。手紙の送り主はソフィー、7歳の女の子でした。その内容は、ドラゴンがどうしても欲しいということでした。

「神話に出てくるようなドラゴンや火を吐くドラゴンについては、これまで全く研究をしてきませんでした。このことを、オーストラリア国民の皆さまに申し訳なく思います」と返答しました。

ソフィーからの礼儀正しい手紙(画像は CSIRO News 公式ブログより)

ソフィーからの礼儀正しい手紙(画像は CSIRO News 公式ブログより)

報告は続く。

…わたしたちは居ても立っても居られなくなりました。そのため、ドラゴンについてもう少し調べてみるとソフィーに約束しました。

そして、今朝9時32分(オーストラリア時間)に一匹のドラゴンが完成しました。

そのドラゴンの作成過程はここで見られる。

数多くツイートされた中で、テクノロジー・ニュース・サイトであるギズモード・オーストラリアのツイッター上での反応は典型的なものだ。

KMB は明らかに、元気が出るニュースを楽しんでいる。

レイチェル・マクディアミッドもこう述べた。

デイモン・メレディスはこの、政府組織のための広報活動の、隠れた狙いを見て取った。

ヒュー・ヨルゲンセンは予算削減についてはっきりと述べた。

しかし、ジョン・デリーは不快な思いを口にした。

だが、ペニー・ティムズはハッピーエンドが好きだ。

制作されたドラゴンはメスで、ソフィー・レスターの希望どおり、「トゥースレス」と名付けられた。

ソフィーのドラゴン(画像は CSIRO 公式フェイスブックページより)

ソフィーのドラゴン(画像は CSIRO 公式フェイスブックページより)

ドラゴンが届けられる前、ソフィーの母親は娘の喜びようをこう語った

Mrs Lester said Sophie was overjoyed with the CSIRO's response and has been telling everyone dragon breath can be a new fuel.

”All her friends are now saying they want to be a scientist and Sophie says she now wants to work in the CSIRO. She's saying Australian scientists can do anything,” she said.

レスターさんの話によれば、ソフィーは CSIRO の返事に大喜びし、ドラゴンの息は新しい燃料になるかもしれない、とみんなに話していたそうです。

「あの子の友だちは今やみんな科学者になりたいと言っています。ソフィーは、CSIRO で働く夢を持っています。ソフィーは、オーストラリアの科学者は何でもできると口にしています。」レスターさんはそう語りました。

校正:Yuko Aoyagi