See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

フランス語話者、2050年までに7億5千万人に?

(特に断りのないリンク先は、英語のページです。)

Bangui, Central African Republic. The French language retains some of its former influence in the former French colonies in Africa.

中央アフリカ共和国のバンギ。フランス語は、アフリカの旧フランス植民地において、かつての影響力をいくぶんか保っている。写真はウィキメディア・コモンズより。

フランス語を学ぶことは無意味だという、ジョン・マホーターのNew republicでの主張に反論して、パスカル・エマニュエル・ゴブリーは自身のForbesのブログ上で、フランス語はもしかすると将来性のある言語かもしれないとして、次のように書いている。

French isn’t mostly spoken by French people, and hasn’t been for a long time now. The language is growing fast, and growing in the fastest-growing areas of the world, particularly sub-Saharan Africa. The latest projection is that French will be spoken by 750 million people by 2050. A study by investment bank Natixis even suggests that by that time, French could be the most-spoken language in the world, ahead of English and even Mandarin.

フランス語話者の大半はフランス人ではなく、それは、これまでも長い間そうだった。この言語は急速に普及しており、世界で最も急成長している地域、特にサハラ以南のアフリカ地域において広がりつつある。最新の予測では、フランス語を話す人は2050年までに7億5千万人になるだろう、とされている。投資銀行Natixisによる調査では、その頃までには英語や北京語さえもを上回り、フランス語は世界で最も話される言語になるかもしれない、とまで示されている。

ひと月前、グローバルボイスの翻訳者が、フランス語学習における課題と利点について述べている。

校正:Shoko Baba