See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

「メキシコ人」が、ゼロ・グラビティでオスカー受賞

Foto de Disney | ABC Television Group en Flickr bajo licencia Creative Commons (CC BY-ND 2.0)


2014年3月2日、アルフォンソ・キュアロン監督が、アカデミー賞で監督賞を受賞。写真 :Disney | ABC Television Group がFlickr掲載したものより転載。クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CC BY-ND 2.0)に基づく。

2014年3月2日の夜、メキシコ人である、アルフォンソ・キュアロン監督と愛称「ヤギ」のエマニュエル・ルベツキ監督のもとに、アカデミー賞受賞の朗報が届いた。彼らが手掛けた映画「ゼロ・グラビティ」での受賞である。

この映画はメキシコの製作ではなくイギリスとアメリカによるもので、そこは注目に値する。同作は、英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)でも、いくつかの賞を受賞しているのだ。

今年1月以来、キュアロン監督のノミネートにより、メキシコ人視聴者の間で様々な反応があった。結局 「ゼロ・グラビティ」は7つのオスカー像を手に入れた。キュアロンは、監督賞のオスカーをアンジェリーナ・ジョリーシドニー・ポワチエから受け取り、同映画で編集賞も受賞した。また、ルベツキは撮影賞を受賞した。

ツイッターでの反応は素早く、様々だった。ユーザーのAlexは、メキシコでの映画製作の現状を、ラテンポップ歌手のフアン・ガブリエルと関連付けて、次のように指摘した。

(3月3日夜の最後のコメントより)キュアロンのオスカーは、メキシコ映画産業に対するものではありません。メキシコの映画製作者は、フアン・ガブリエルと一緒に映画を作り続けているのですから。

Agustin Basaveによれば、賞はメキシコのものではないが、メキシコ人のものではある、という。

ヤギとキュアロンのオスカー像はメキシコのもので無いのは分かるが、正直、そんなことはどうだっていい。そのかけらは、メキシコ人皆のものだ。ビバ・メキシコ!

ネットワーク住人のWeed Brownieは、アカデミー賞の結果について次のように疑問を投げかけた。

まったく、いったい何なんだろう?ゼロ・グラビティの人たちがノミネートを買ったか何かしたの?彼らが全部もらっちゃってる。

アカデミー賞でのメキシコ人の偉業を祝福しなかった人達に対して、ユーザーのAressiaは次のように述べた。

オスカーの余韻の中、なぜ人々が、ルベツキやキュアロンの偉業をできるだけ評価しないよう主張するんだろう?この複雑さの理由を問うのは、意味がある。

後に、このユーザーは、次のように付け加えた。

私がそう述べる理由は、キュアロンがメキシコには住んでいないとか、賞は「八百長」だったとか、そういう否定的なコメントを数多く読んだからだ。(#Envidia)(#ねたみ関連)

「ヤギ」ルベツキへの批判に対しユーザーblurred9は、ゼロ・グラビティはルベツキが初めて撮影した映画ではなく、彼の輝かしい経歴には他にも作品がいくつかあることを、ネットワーク住人に思い出させた。

ルベツキを批判したくなったら、「大いなる遺産」の噴水での光輝くシーンを思い出して黙れ。

ジャーナリストであるLeon Krauzeは、アルフォンソ・キュアロンについて次のように述べた。

世界的メキシコ人。あらゆる意味で。

また、 エンリケ・ペーニャ・ニエト大統領は、受賞した映画製作者らを次のように祝福した。

オスカーを受賞したメキシコ人監督の方々、おめでとうございます。彼らは、メキシコ映画製作者の傑出した世代において、その一端を担っている人達です。

キュアロンとルベツキが共に製作したメキシコ映画は、「天国の口、終わりの楽園。」「最も危険な愛し方」である。国際映画では、キュアロンは監督を務めた「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」で知られ、一方、ルベツキはこれまでにもすでに「ツリー・オブ・ライフ」を含むいくつかの作品で、オスカーにノミネートされている。