See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

中国の改正環境保護法、公害企業への罰則を強化

Smog in Linfen, China. The city has been named one of the world's most polluted by various organizations. Photo by Flickr user sheilaz413. CC BY-NC-ND 2.0

中国・臨汾市のスモッグ。複数の機関が世界で最も汚染された都市の一つに指名。撮影はFlickerユーザー sheilaz413(CC BY-NC-ND 2.0)

特に断りのないリンク先は中国語のページ。

(訳注:オリジナル記事掲載は2014年4月27日)

とどまるところを知らない環境汚染に民衆の怒りが募る中、中国は緩い環境規制を締め直すべく、改正環境保護法で定める公害企業への罰金にもはや上限を設けない見通しだ。

その最新の試みが記された国家環境保護法の改正案 は、学者と官僚による2年間の討議を経て先週全国人民代表大会(全人代)を通過した。改正環境保護法は2015年1月1日に発効する。現行法は1989年に採択された。

中国のメディアは、改正によって新環境保護法はここ25年で最も厳しいものになったと主張している。新法は、強大な公害企業の抑制に懲罰権を行使する際の、環境保護機関の権限を強化している。また、汚染の影響を受けやすい生態系や水源に関して、取り返しのつかない一線を踏み越えないことを誓っている

また、当局はこの改正によって環境被害に関する個人訴訟の余地拡大を認めることもほのめかしている。中国では現在もまだ、環境被害は訴訟の対象としてはデリケートな領域なのだ。(訳注:現在は政府系団体のごく一部に限られているが、改正により条件が緩和される)

大抵の企業が環境保護法の強化を嫌うこともあり、中国の抑制なき経済発展は深刻な環境汚染を伴ってきた。過去30年に及ぶ毎年の2桁成長率は、中国をアメリカに次ぐ第2の経済大国に変貌させた。しかし、拡大至上の姿勢は国内の空気に、水に、土に甚大な被害をもたらし、公共の利益への関心は、市民がソーシャルメディアを通じて不満を発信することによって高まっている。

広範囲に及ぶ汚染で国家が動揺していることから、中国の改正環境保護法は汚染に真っ向から取り組むことの緊急性を強調している。改正法案通過の直前にも、国家の農地の5分の1近くが汚染されたことを認める深刻な報告があったのだ[en]。

中国に注目する国連職員の刘萌(リョウ・モン)は、この法律がNGOにとってどのような意義を持つのか、中国のミニブログ新浪微博(訳注:シナウェイボー。以下、ウェイボー)で解説した。 

过去由于一些高污染行业的“GDP效应“导致了地方政府的保护,NGO组织和环保律师在起诉污染行业方面存在阻力。新的修订案赋予一些社会组织向”污染大户“提起公益诉讼的权利,中国的非政府组织会在环保监督和推动方面将发挥更大的作用。近日河北正式启动公众参与环境保护立法,走在了前列!

今までは多くの高汚染産業が「GDP効果」によって地方政府の保護を受けていたため、NGOや環境保護派の弁護士が公害企業を訴えることには大きな障害があった。新しい改正法は社会的な組織に「大規模公害企業」を訴える一定の権利を与えていることから、中国のNGOは環境管理の分野でより大きな役割を担うことになるだろう。この数週間のうちに、河北省は「環境保護法制定に一般市民の参加を認める計画に着手する」と公表し、先駆的な存在となった!

 浙江省に拠点を置く経済学者の朱海就(チュウ・ハイジョウ)は、ウェイボーに書き込んだ

环境的悲剧,本质上是法治的悲剧,是法治沦陷的体现。  

環境の悲劇の本質は法治の悲劇であり、この現状は法の退廃を表している。

朱は以前Ifeng.comに対し、改正法を進歩的だと見るのは時期尚早であると語っている

新修订的环保法赋予环保部门更大的执法权来惩治污染企业,这算不算一个进步?笔者不这么认为,我们不能在“环保部门权力扩大”和“环境治理变好”之间划上等号。问题不在于环保部门执法力度够不够大,而在于执法能不能得到有效的监督,公众有没有途径对不作为的环保部门问责。因此,对不得力的环保执法部门的惩罚力度加大,而不是对污染企业的惩罚力度加大才算真正的进步。

改正法は環境保護当局に公害企業へのより強い懲罰権を与えているが、果たしてこれは進歩なのだろうか?私はそうは思わない。「環境保護当局の権限拡大」と「よりよい環境行政」をイコールで結ぶことはできないからだ。問題は、法の執行力が弱いからという理由で当局がきちんとした監督をしてこなかったことだ。加えて、一般市民が当局に説明責任を果たさせる手段もない。ゆえに、公害企業に対してよりも、環境保護当局に対する懲罰を強化して初めて本当の進歩と言える。

広東省仏山市にある公害企業を取り上げて、ウェイボーユーザーの「holdon2014」は、いささか皮肉なコメントをしている

你们创收的机会来了,处罚道明化工一厂保证你们罚到手软,年终奖领不完。

みんな、金儲けのチャンスが来たぞ!道明化学第一工場を徹底的に処罰したら、年間のボーナスがすごいことになる。

校正:Naoko Mori