See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

ハバナ:本の無料交換会

訳注:リンク先の言語は特に指定がない限り、スペイン語表記です

Suelta masiva de libros en La Habana (Foto: Fernando Medina)

ハバナでの大規模な本の無料交換会の様子(写真:Fernando Medinaより。)

先週の日曜日(訳注:2014年4月6日)、キューバの首都バハナで、大規模な本の無料交換会に参加するために大勢の人が集まった。ブロガー兼グローバル・ボイスの執筆者、Rafael González率いるこのイベントでは、参加者に本の最初のページにメッセージを添えて公園のどこかに置いておくよう呼び掛けた。献辞はこう綴られている。「この本は、読み終わったら他の人が楽しめるよう無料でまた誰かにあげるという条件のもと、この本を見つけた人に捧ぐ。」

この活動はもともと Facebook上で始まったものだが、創始者に連絡を取ったGonzálezが引き継ぐこととなった。このことに関して、Lu Di Piertroはこうコメントしている。

La idea no es nuestra, ya existe desde hace un tiempo y no sé exactamente quién la empezó. Un amigo, Rodri, que está también de organizador de este evento pensó en armar una suelta masiva y me propuso que hiciéramos este evento y gratamente fue muy aceptado. Nos parece bueno (el evento) por muchas razones (…): lo importante de leer, lo hermoso de dar, lo emocionante de soltar y la incertidumbre de no saber y confiar; fomentar la solidaridad y el espíritu del compartir social y culturalmente, abrir el corazón y atravesar fronteras. 

これはもともと私たちのアイディアじゃないんです。この活動は少し前からあったんだけど、正確に誰が始めたのかはわからない。私の友達でこのイベントの主催者でもあるRodriに、大規模な無料交換会をやろうと誘われて、私は喜んで賛成しました。このイベントはいろいろな理由で良いものだと思うの。[…]たとえば、読書の大切さ、人に与えることの美しさ、本を手放すときのわくわくする感じ、信用して良いのかという不確かさ。社会的、文化的に何かを共有することで生まれる連帯意識を高め、国境を超える心を開いてくれる。

一方、主催者の一人Rodri Bristotはこう付け加えた。

En lo personal, lo que me impulsa a organizar este evento de Suelta Masiva, tiene que ver con una idea un poco romántica: creo que hay cosas en la vida que debieran ser gratis, como la educación y la lectura; los libros no debieran ser solo para quienes pueden pagarlos, si no que deberían ser más accesibles, que la gente los encuentre en los espacios públicos sin tener que resignar algo (dinero o trabajo) para adquirirlos.

実はこのイベントをやろうと思ったのは、このアイディアがなんだかロマンチックだと思ったからなんだ。僕は教育や読書など、生活の中で無料になるべきものがあると思っている。本はお金を払える人のためだけじゃなく、もっと手に入れやすいものであるべきだと思う。人々が本を得るために何かを犠牲にしなくても(たとえばお金やそのための仕事)、公共の場で見つけられるようになったら良いと思うんだ。

Varios marcadores fueron compartidos en la cita (Foto: Fernando Medina)

このイベントではこのようなしおりが配られた。(写真:Fernando Medinaより。)

4月6日(日)の朝、大人から子どもまで50人ほどの人々とともに、GonzálezはEl VedadoにあるH y 21公園で本を交換しあった。公園のベンチの後ろや、東屋の中で本を探したり、新しく参加した人たちに直接本を手渡す人たちさえいた。

キューバ人ライターDazra Novakは、自身のブログ体験談をつづった。

He soltado cuatro libros hoy -con el mes, el año y la ciudad anotados en la primera página-, espero que los beneficiados la pasen tan bien como yo al leer dos de esos títulos, tan bien como la pasé al escribir los otros dos. No sé por qué sospecho que en algún momento volverán a mí para que yo pueda enrumbarlos de nuevo. Ahora que lo pienso, hoy –mañana, siempre- todos deberían hacer lo mismo.

今日、私は4冊の本を手放した。最初のページに、今日の日付と場所を書いてね。受け取った人が、私がその本のうち2冊を読んだとき、そしてもう2冊は執筆した時と同じように楽しんでくれたら良いな。なぜだかわからないけれど、その本はいつか私のもとに戻ってきて、また送り出せるような気がする。私は今日こう思う。明日も、そしてこれからずっと、みんなも同じような気持ちになるのではないかしら。

*Cover photo by Fernando Medina.

校正:Naoko Mori