See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

ベネズエラの食糧不足による牛乳、日用品の入手にお困りですか? このアプリがお助けします

"Contribute... Click on the map on the location of a product's sale, enter the name of the establishment and the type of price, then click on the green button and that's it! Your fellow citizens will thank you" Screenshot of the Abastéceme app for contributors.

Abastécemeアプリのスクリーンショット。許可を得て使用。「貢献して下さい…製品が販売されている場所を地図上でクリックし、施設名と価格タイプ(訳注:政府が設定した統制価格で売られているか、そうでないか、ということ)を入力、そして緑のボタンを押すだけ!あなたの情報提供に、ご近所さん達は大喜びするでしょう。」

あなたの国が食糧危機の真っただ中で、多くの国民が小麦粉、牛乳、トイレットペーパーなどの日用品無しの生活を強いられていたら、どうする?

そのような状況に直面した、ベネズエラ、マラカイボ出身の若き工学部学生ホセ・アウグスト・モンティエルは、「私に供給して」という意味の、 Abastéceme [es]というアプリを開発した。

モンティエルがAbastécemeを発表したのは2013年。このアプリの目的は、日用品の販売数に余裕のあるスーパーなどの施設の位置情報を(訳注:ユーザー同士でシェアし合って)地図上に示し、それらを必要とする人々が楽に製品を見つけられるソーシャルネットワークを築き上げることだ。

近年ベネズエラは食料不足にあえいでいるが、その原因として専門家が指摘するのは、政府による価格統制、資金不足、農業生産の減少、そして食料輸入への依存である。中には、政府から配給された食料を闇市で転売する国民もいる。ヒスパニック系ニュースサイトの VOXXIによると、このアプリが2013年に登場した時、ベネズエラで最も人口が多いスリア州では、食料の密輸を食い止めるために、トイレットペーパーを含む日用品20品目を配給制としたばかりであった。

去年、Social Tech Guide(訳注:革新的なソーシャルテクノロジーを紹介するサイト)は、Abastécemeは「トイレットペーパーを求める何千ものベネズエラ人を救った」と紹介した 。その後、Abastécemeは急速に、国を越えて広まった。モンティエルはアプリの進化についてこう語っている。

Abastéceme ha seguido creciendo en numero de usuarios, alcanzando casi los 40 mil usuarios tan sólo en su versión móvil. Con la adición de su versión Web se fortaleció aun más la plataforma, permitiéndole aun más personas el acceso a la misma, sin importar su status socioeconómico, lo cual es lo más importante para mí.

Abastécemeはユーザー数を増やし続けて、モバイル版だけで4万人に届くような勢いだ。さらに PC版 [es]が加わったことで、社会経済的背景にかかわらず誰でもアクセスすることが可能となり、Abastécemeの人気はさらに高まった。そこが僕が最も重要視しているポイントなんだ。

人々はスーパーマーケットへ向かう前に、このアプリをチェックするようになった、とモンティエルは説明する。彼いわく、今のところ最もユーザーに求められている製品は牛乳である。

Screenshot of the Abastéceme app, used with permission. It reads, "Find... Products shared around your location will automatically pop up, indicated with pointers. Click on these to receive information on the product."

Abastécemeアプリのスクリーンショット。許可を得て使用。「見つけよう…お近くでシェアされている製品情報が自動的に現れ、ポインターで表示されます。クリックして製品情報を取得しましょう」

Abastécemeの使用可能エリアについて、彼はこう付け加えた。

La mayoría de sus usuarios se siguen situando en la zona central del país, en especial Caracas. Desde el comienzo, Abastéceme ha estado disponible en otros países, su única limitante es que sólo puedes localizar productos en un perímetro no mayor a 100 km, lo cual es mucho. 

ほとんどのユーザーはベネズエラの中心地、特にカラカスに集中しているが、Abastécemeは元から他の国でも使用可能だ。半径100kmより遠い場所にある製品情報は表示できないという制限はあるけれど、これは日用品の情報を得るには十分な距離と言えるだろう。

モンティエルは、将来の新たな目標に向かってさらなる開発を進めている。その目標のひとつは、より多くのモバイルプラットフォームでこのアプリを提供することだ。今のところ、Abastécemeはアンドロイドとブラックベリー端末からのみ利用可能だ。 

Mi gran empeño es por poder llevar Abastéceme a los dispositivos Apple, y espero lograrlo antes que termine el 2014.

2014年中に達成したいと願っている僕の大きな挑戦は、Abastécemeをアップル端末で利用可能にすることだ。

Abastécemeに加えて、モンティエルはパンドラに似た、ビートワゴンというプロジェクトに取り組んでいる。ビートワゴンは、レーベルに属さないミュージシャンやバンドに特化した音楽ストリーミングプラットフォームだ。彼は、ビートワゴンが、人々が最新音楽を求めて集まる場所になることを願っている。  

Abastécemeのより詳しい情報はAbastécemeの ウェブサイト [es]、もしくはGoogle Play ストア [es]で。