See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

エチオピア:ゾーン9のブロガー、テロ容疑で起訴

(リンク先は英語またはアムハラ語のページです)

Zone 9 bloggers Zelalem Kibret, Edom Kasaye, and Befeqadu Hailu. Photos used with permission.

ゾーン9のブロガーたち。右からZelalem Kibret氏、Edom Kasaye氏、Befeqadu Hailu氏(写真は使用許可済み)

昨日(訳注:原文掲載日は7月18日)、エチオピアのリデタ高等裁判所で、ブログ集団「ゾーン9」のブロガーとジャーナリスト合わせて9人(うち4人はグローバル・ボイスのメンバー)が、テロおよびテロ関連活動の容疑で起訴された。「人権活動家と称する海外組織と共謀し……資金提供を受け、ソーシャルメディアを使って公共の場で暴力を扇動しようとした」ことに対する非公式の告発によって、4月25日から26日にかけてアディスアベバで逮捕後拘束されて以来、この9人はいまだ勾留されたままである。

この被告たちの弁護士と家族は、聴聞について事前に通告を受けておらず、被告たちが起訴されたときに法定代理人を立ち会わせることができなかった。

被告に近い関係者が運営するZone9 Trial Tracker blogが報じたところによると、この9人の被告には、エチオピア政府が「テロリスト」と断定した組織との共謀、メール暗号化の指導への関与、および「地下組織」活動などの容疑がかけられている、と報じている。

被告であるブロガーたちの弁護士は、「起訴の内容には信憑性(しんぴょうせい)がない」とAFP通信の記者に語った。ツイッターのハッシュタグ#FreeZone9Bloggers(ゾーン9のブロガーたちを釈放せよ)には、今回の起訴に対する強い怒りのツイートが世界中の支持者から寄せられた。この起訴の行方を見守っているYoseph Mulugeta氏(ヒューマン・ライツ・ウォッチ、エチオピアオフィスの前代表)は、次のようにツイートしている。

19ページにもわたる容疑を捏造(ねつぞう)しているが、ゾーン9について名指しで言及している部分はない。一カ所だってない。言論の自由の敵は、間違いなくゾーン9という名を恐れている。

2009年に成立し、何かと議論を呼んでいるエチオピアの反テロ法は、残念なことに、同国の政治ジャーナリストたちにとってお馴染みのものだ。エチオピア人ジャーナリストのエスキンダー・ネガ氏リーヨット・アレム氏も同様の容疑で起訴され、2011年からアディスアベバのカリティ刑務所に収監されている。報道によると、欧米を拠点とする二つのエチオピアの政治グループからゾーン9のブロガーたちが指導と資金援助を受けたという告発に基づき、検察側が今回の起訴を行った。Zone9 Trial Tracker blogは「この二つの政治グループはイデオロギーが違う」と指摘している。

また報道によると、今回起訴されたブロガーとジャーナリストは、ブログ集団ゾーン9という秘密組織を結成した罪にも問われている。ゾーン9のブログの公共性と今までの活動を考えれば、まったく不可解な容疑である。

この9人の公判日は8月8日。 公判に関する最新情報とゾーン9のブロガーたちをサポートする方法についてはZone9 Trial Tracker blogにアクセスしてください。

Free Zone9 Bloggers campaign image. Created by Hugh D'Andrade, remixed by Hisham Almiraat.

「ゾーン9のブロガーたちを釈放せよ」運動のイメージ画像(グラフィック:ヒュー・ダンドラーデ、画像編集:Hisham Almiraat)

校正:Rie Tamaki