See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

ホルマリン汚染問題で、マンゴー供給不足に陥るバングラデシュ

Dhaka Metropolitan Police jointly conducted a drive at Hatirpul Bazar against the health hazardous chemical, formalin.

ダッカ首都圏警察が共同で、Hatirpool市場で化学物質ホルマリンを取り締まる活動を実施した。 Reaz Sumon氏による画像。著作権Demotix(3/6/2014)

バングラデシュのモンスーンシーズン はフルーツの美味しい季節で、市場が豊富な季節のフルーツであふれる。赤いライチ、緑色のジャックフルーツ、黄色のメロンが、かごの中や台の上に高く積み上げられ、彩りも鮮やかに陳列されている。

甘くて肉厚なマンゴーは特に人気が高い。しかし今年は例年より、市場でマンゴーを見つけることが困難だ。それというのも、果物の保存目的で使われるホルムアルデヒド 高濃度溶液、ホルマリンの誤用に対し、警察が取り締まり を行っているからだ(ホルムアルデヒドは従来、遺体保存に使用されてきた)。先月、警察はホルマリン捜査部隊を結成 し、トラック何台分もの、地元産ならびに輸入フルーツを押収、廃棄処分にしている。

フルーツは、自然に0.03~0.15ppm(訳注:ppmとは100万分のいくらかを示す数値で、主に濃度を表すために用いられる)のホルマリンを含むことがあるが、主に季節のフルーツを対象とした警察の検査で、首都ダッカの市場で3.5ppmから46ppmレベルのフルーツが見つかった。そこで警察は、ホルマリンに汚染されたフルーツをチェックするため、ダッカへの入口に検査場を設けた。

ホルムアルデヒドは非常に毒性が強い。37%の溶液をわずか30ml摂取するだけで、死亡に至ることもある。バングラデシュでは過去数年間で野菜、フルーツ、肉やその他の生鮮食品の腐敗防止目的で、制限なくホルマリンが使用されてきた。2014年6月30日、内閣は、ホルマリンの乱用や不正取引に対して、終身刑と高額な罰金を課すことを可能にする法案を可決した。

ジャーナリストでIstishonのブロガーでもある、Anis Raihan氏はマンゴーをホルマリンで処理する方法を説明した。

আম যখন গাছ থেকে পাড়া হয় তখনই একদফা ফরমালিন দেয়া হয়। এরপর এগুলো প্যাকেট হয়ে শহরে আসে। শহরে এসে পৌঁছাতে দেরি হলেও যাতে পচন না ধরে তাই প্রথম দফায় ওই ফরমালিন দেয়া হয়। পাইকাররা আমের ঝুড়ির মুখ খুলে কিংবা যদি দেখেন আম নরম তাহলে সব বের করে আরেক দফা ফরমালিন স্প্রে করেন। যাতে খুচরা দোকানগুলোতে পৌঁছানো পর্যন্ত আমের কোনো ক্ষতি না হয়। খুচরা দোকানিরা ওই অবস্থায় আম বিক্রি শুরু করেন। আম নরম হলে খুচরা দোকানেও ফরমালিন স্প্রে করা হয় আরও কিছুদিন আম রক্ষা করার জন্য।

マンゴーは収穫される際に、最初のホルマリンが噴霧される。その後包装され、都市に輸送される。最初のホルマリンは、輸送の遅延によるマンゴーの腐敗を防ぐ目的で使用される。到着後、卸売業者はマンゴーに傷がないか、腐敗の兆候がないかをチェックする。マンゴーを販売する小売業者に配送されるまでその新鮮さを保つため、必要であればここでもう一度ホルマリンを噴霧する。しかし、小売業者がマンゴーを受け取った際、腐敗の兆候が見られる場合は、さらにここでもホルマリンが噴霧される。

フルーツの売り手側は、自分達のフルーツが押収されたことに、不満を抱いてきた。港湾都市チッタゴンでフルーツ販売協会は、警察が不適当な検査器具でフルーツをテストし、嫌がらせしてきたと主張して数時間ストライキを行った。

食品汚染は、バングラデシュで問題となっている。2012年にディナージプルで、殺虫剤で汚染されたライチを食べた14人の子供たちの死は、バングラデシュで騒動を引き起こした。

バングラデシュ政府と国連食糧農業機関(FAO)が行った最近の研究で、バングラデシュの食品の40%以上が使用を禁止されている農薬を含んでいることが示された。研究に使用された食品サンプル中の有害物質は、欧州連合(EU)によって設定された上限値の3~20倍だった。同調査で野菜の50%、果物の35%が安全ではないと宣言された。マンゴー、新鮮なエビは最高レベルのホルマリン量を含んでいた。

ホルマリンで汚染されたフルーツを廃棄処分する警察。Reaz Sumon氏による画像。著作権Demotix(3/6/2014)

ホルマリンで汚染されたフルーツを廃棄処分する警察。Reaz Sumon氏による画像。著作権Demotix(3/6/2014)

活動家たちのグループは「私たちに毒を盛るのを止めろ」と呼ばれる抗議を5月に行い、適切な措置をとるよう政府に要求した。医師のShafiq氏は、ホルマリンの使用に対する、より厳格な法律が必要であるとフェイスブックで意見を述べた。

ブロガーのKobid氏は、バングラデシュの食品汚染に関連した衝撃的な統計を伝えた。

ভেজাল খাদ্যগ্রহণে ডায়রিয়ায় আক্রান্তদের মধ্যে প্রতি বছর প্রায় ৫৭ লাখ মানুষ কোনো না কোনোভাবে শারীরিকভাবে অযোগ্য হয়ে পড়ছে। সরকারি সংস্থা বাংলাদেশ পরিসংখ্যান ব্যুরোর (বিবিএস) এর সর্বশেষ তথ্য অনুসারে প্রত্যক্ষ বা পরোক্ষভাবে ভেজাল খাদ্যগ্রহণ জনিত কারণে ২০১০ সালে মৃত্যুহার ছিল প্রায় ৪০ শতাংশে।

毎年およそ570万人が不純物が混入した食品による健康被害に直面している。バングラデシュ統計局の統計によると、2010年の死亡者のほぼ40%が不純物が混入した食品により、直接または間接的に引き起こされた病気のためだった 。

ブロガーのShahadat氏は、危険な化学物質を含む食物を販売する人々について下のようにはっきりと言っている。

শুধু মানুষের খাদ্যে নয়, যে কোন প্রানীর খাদ্যে ভেজাল দেয়া মানুষের কাজ হতে পারে না, যারা সামান্যতমও খাদ্যে ভেজাল সমর্থন করবে, তারাও মানুষ হতে পারে না! মানুষরূপী পশুই!

人間だけでなく、あらゆる生物が食べる物に不純物が混入することは残酷である。じわじわと体を蝕むこの毒を盛っている人たちというのは、人間ではなく、人の皮を被ったケダモノだ。

しかし、問題は少し複雑だ。作家でコラムニストの Tahmina Anam氏がニューヨーク・タイムズ紙で指摘したように、フルーツを育てているのは、農村部の貧困層なのだ。そのフルーツが都市部で販売される。小規模農家にとって、フルーツの輸送は、費用負担が重くリスクも高い。なぜなら、空調設備がないトラックを使い、また、交通渋滞やストライキ、道路状況などが原因の交通遅延にも左右されるからだ。ホルマリンのおかげで農産物の損失は防ぐことができる。しかしそれには、人々の健康、という代償がついてくる。

薬品使用に対する規制の厳格化で、昨今の汚染食品の問題は解決されるかもしれない。しかし、それでは輸送の問題は解決できないし、また、生産農家からの次善策を求める声(化学物質を使うにしても別のやり方をするにしても)にも応えられてはいない。

校正:Takako Nose