See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

インドネシア:煙害対策に新たなオンライン火災監視ツールを導入

Main page of the Global Forest Watch-Fires online tool

グローバル・フォレスト・ウォッチ・ファイヤーズ(GFW-Fires)のメインページ

東南アジア地域において煙害が毎年発生している。その主な原因になっているのが、インドネシア西部における森林火災とオイルパーム・プランテーション開発のための野焼きである。煙による大気汚染は、インドネシアのリアウ州―森林火災の「グラウンドゼロ」―から程近い、隣国のシンガポールやマレーシアにまで及んでいる。

消防士たちが森林・土地火災に対して迅速に対応できるように、リアルタイム情報を利用したオンライン火災監視ツールが開発された。

オンラインツールであるグローバル・フォレスト・ウォッチ・ファイヤーズ(以下、GFW-Fires)は、「NASAのActive Firesシステムからのリアルタイム衛星データ、高解像度の衛星画像、土地被覆およびヤシ油や木材パルプ等の主要商品の生産許可地の詳細地図、気象状況や大気汚染度データなど」を利用して、「火災の状況を追跡する。」

GFW-Fires can empower people to better combat harmful fires before they burn out of control and hold accountable those who may have burned forests illegally.

GFW-Firesを活用することで、煙害を引き起こす火災が制御不能な規模になってしまう前に、より有効な対策を講じることが可能になる。また、違法な野焼きを行った者の責任を追及することにもつながる。

GFW-Firesは、世界資源研究所(WRI)デジタルグローブ社、インドネシア政府、グーグル社Esri社によって開発された。

Screenshot of the online map showing forest fire cases in Southeast Asia

東南アジアにおける森林火災事例を示したオンライン地図のスクリーンショット

世界資源研究所(WRI)のAndika Putraditamaは、 FutureGov(訳注:アジア・中東の政治・教育・医療情報誌)でのインタビューで、GFW-Firesシステムの特徴と有用性について次のように述べている。

While there have been other fire monitoring tools in the past, the GFW-Fires system is unique because it combines data, such as hotspots, wind direction, land shape and features, and concessions [forestry licenses], on a single platform.

今までにも火災監視ツールというものはあったが、GFW-Firesのように、火災発生場所、風向き、地形、コンセッション(訳注:この記事では「森林利用許可地」の意味)などの複数のデータを1つのコンピューターシステム上にまとめたものはなかった。

GFW-Firesによって、火災発生から消防士たちが対応するまでの所要時間が、20時間から2~4時間まで短縮されたと報告されている。

Satellite image showing a burning palm oil plantation.

オイルパーム・プランテーションが燃えている様子を写した衛星画像

ナイジェル・サイザー、ジェームズ•アンダーソン、ジョシュ・ワイナーは、森林・土地火災の原因究明における、デジタルグローブ社の衛星画像利用の有用性について次のように述べている。

Access to this super-spectral, very high resolution satellite imagery provides us with rare insight into the fires. …You can see down to the individual tree level and even identify species…Even the flames of active fires can be clearly seen together with their smoke plumes and the resulting haze.

スーパースペクトル、すなわち超高解像度で撮影可能な衛星からの画像を利用することによって、火災を検証する上での貴重な手掛かりを得ることができる。[…]木々の一本一本、その種類まで判別することができる[…]火災の炎までが、鮮明に確認できる。立ち上がる煙とその行方と共に。

すでに森林火災と煙害は、地域の環境、経済、そして何百万人もの住民の健康に多大な被害をもたらしてしまった。しかし、ようやくオープンデータとして利用可能なGFW-Firesが登場し、森林火災と煙害の拡大はかなり抑えられると期待されている。

校正:Naoko Mori