See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

メキシコ:43人学生行方不明事件、1人の遺体を確認

[リンク先には英語またはスペイン語のページも含まれます。]

Portrait of Alexander Mora Venancio by Kathia Recio from the movement Ilustrators with Ayotzinapa #IlustradoresConAyotzinapa.

アレクサンデル・モラ・ベナンシオの肖像画。アヨツィナパの学生行方不明事件を世界に広めようと活動中のイラストレーターの1人、Kathia Recio作。 #IlustradoresConAyotzinapa.

メキシコの町コクラのごみ処理場から発見された遺体が、行方不明となっていたアレクサンデル・モラ・ベナンシオ21歳だと判明した。メキシコ南西部のイグアラで9月26日、教員志望であった43人の学生が地元警察に待ち伏せされた後、誘拐された。彼はそのうちの1人である。

行方不明になっている43人はアヨツィナパにある地方の教員養成大学「ラウル・イシドロ・ブルゴス」の生徒である。生徒たちの家族に調査を依頼された「アルゼンチン法医学人類学チーム」(訳注:法医人類学を用いて失踪者の身元特定に尽力しているNPO・NGO)が鑑識を行った。

学生らが在籍していた大学のフェイスブックのページには、まるでペナンシオ自身が書いたような投稿があり、最悪の事態を確かなものとした。

Compañeros a todos los que nos han apoyado soy ALEXANDER MORA VENANCIO.
A través de esta voz les hablo soy uno de los 43 caídos del día 26 de Septiembre en manos del narcogobierno. Hoy 6 de diciembre le confirmaron los peritos Argentinos a mi padre que uno de los fragmentos de mis huesos encontrados me corresponden. Me siento orgulloso de ustedes que han levantado mi voz, el coraje y mi espíritu libertario. No dejen a mi padre sólo con mi pesar, para él significo prácticamente todo, la esperanza, el orgullo, su esfuerzo, su trabajo y su dignidad. Te invito que redobles tu lucha. Que mi muerte no sea en vano. Toma la mejor decisión pero no me olvides. Rectifica si es posible pero no perdones. Este es mi mensaje.
Hermanos hasta la victoria.
SOY ALEXANDER MORA VENANCIO DE EL
PERICÓN, MPIO., DE TECOANAPA, GRO

私たちを支えてくれている全ての仲間へ。私はアレクサンデル・モラ・ベナンシオです。9月26日に麻薬組織に毒されている政府の手によって行方不明となった43人のうちの1人として話します。今日アルゼンチンの専門家が、発見された遺体が私だということを父に告げました。私の声、勇気、そして自由主義の精神を発信してくれているあなたたちのことを誇らしく思います。どうか私の父を悲しみの中に放っておかないでください。私は父にとっての全てなのです。希望であり、誇りであり、努力であり、仕事であり、尊厳なのです。戦い続けてください。私の死が無駄にならないように。最良の選択をしてください。でも私のことは忘れないで。可能であれば現状を立て直してください。でも許さないで。これが私のメッセージです。
仲間たちへ。勝利したときにまた会いましょう。
ゲレロ州テコアナパ自治区エルペリコン
アレクサンデル・モラ・ベナンシオ

このニュースが飛び込んできたのは、大規模な抗議活動の最中であった。この抗議活動は、行方不明になっている学生の親などが指揮を執っており、メキシコシティ内を独立記念塔から革命記念塔へ向かっていた。

被害者家族のスポークスマンであるフェリペ・デ・ラ・クルスは、家族たちはその知らせを先週の金曜日(訳注:原文が12月7日に掲載されたものであるので、5日)にアヨツィナパ教員養成学校でアルゼンチンの専門家チームから受けたと説明した。また、 こうも続けた

No le lloremos a Alexander. Que sepa que no vamos a descansar hasta que haya justicia. Faltan 42 y los queremos con vida.

アレクサンデルのことで泣くのはやめよう。正義が達成されるまで歩みを止めてはならない。まだ見つかっていない42人がいる。そして彼らを生きたまま返してほしいのだ。

以下、今回の発表に対するいくつかの反応である。

 アレクサンデル・モラ・ベナンシオ、安らかに眠れ。43人のうちの1人、彼はメキシコを動かした。そして揺さぶり続けるであろう。どうか正義と真実を。

私の炎よ、あなたの炎とともに燃え上がれ。

 国家が彼を殺した。国家が彼を誘拐した。殺し屋のメキシコ国家め。

 「私たちはアレクサンデル・モラ・ベナンシオの死を嘆きません。彼の死は後に革命の中に花開くのです。」フェリペ・デ・ラ・クルス

あなたの戦いは私の戦い。あなたの痛みは私の痛み。アレクサンデル・モラ・ベナンシオは死んではならなかった。私たちは正義を要求します。

アレクサンデル・モラ・ベナンシオは2万2000人の行方不明者リストから12万5000人の死亡者リストへと移動した。私たちは正義を要求することを止めない。

この学生らは9月26日に行方不明となった。他の学生らとともに、抗議活動のためにバスでイグアラに向かった後のことだ。彼らはイグアラの地元警察に捕われ、その後伝えられるところでは、麻薬カルテルの縄張り内でギャングに引き渡され、コクラで殺された。捜査当局によると、 遺体はそのギャングによって焼かれ、いくつかは川へ投げ捨てられたという。

この事件は、国に深く根付いてきた暴力を制御できないメキシコ政府の腐敗と無能を露にした。人々は抗議活動により、正義またメキシコ大統領エンリケ・ペニャ・ニエトの辞職を要求している。

#Ayotzinapaの特集記事も見てください。

校正:Maki Kitazawa