See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

サッカー・アジア杯で誕生した新たな王者-オーストラリア

South Korea supporters taking a selfie before the match finals against Australia. Manuel Ribeiro

決勝のオーストラリア戦を前に自分撮りのカメラで写真を撮る韓国サポーター(著者・Manuel Ribeiroによる撮影)

シドニーで開催された2015年AFCサッカー・アジア杯で、オーストラリア代表チーム・サッカールーズが赤い悪魔の名称を持つ韓国代表チームを2‐1で破り優勝を収めた。

アジアの王者! いいぞ、サッカールーズ! 行け行け! オージー。

クリケットの盛んな国、オーストラリアで繰り広げられたこの劇的な試合結末について、ツイッターは多くのサポーターからのコメントで溢れた。試合の前後にも自分撮りが盛んに行われていた。

選手でさえもが優勝の瞬間を写真に収めたいようだった。 

マッシモ・ルオンゴは、2015年サッカー・アジア杯で自分撮りをした。

会場となったシドニー・オリンピック・パーク内のスタジアム・オーストラリアには、7万6千人以上の観客が詰めかけチケットは完売となった。大会組織委員は観客に電車等の公共の交通機関を使うよう呼びかけた。

The #ACFinal is a SELL OUT today! Make sure you take advantage of the free transport & get down early! #AC2015 pic.twitter.com/oWlCAAtr0e ? AFC Asian Cup (@afcasiancup) January 31, 2015

AFCサッカー・アジア杯決勝戦のチケットは、今日売り切れました! 無料の交通機関を使って早めに来るようにしてください!

オーストラリアと韓国はどのように決勝に進んだのか?

キャプテンのティム・ケーヒルが率いるオーストラリア代表チームは準決勝でアラブ首長国連邦を2-0で破り決勝へと進んだ。一方、スター選手のソン・フンミンが在籍する韓国代表チームもまた、シドニーで行われた対イラク戦に苦戦しながらも2-0で勝利を収め決勝へと進んだ。イラクはその前に、キャンベラで開催された準々決勝の対イラン戦ので劇的な勝利を収めていた。韓国は今回優勝すれば3度目となるサッカー・アジア杯の王者を狙っていたが、決勝でマッシモ・ルオンゴが先制点を得点し、オーストラリアがリードしていた。

マッシモ・ルオンゴ!

マッシモ・ルオンゴは既に次のスターだと期待されている。

Wow. Great contest. One moment of genius from the new prince of Australian football ? Craig Foster (@Craig_Foster) January 31, 2015

わお! すごい試合だね。オーストラリアサッカー界の新たなプリンスの天才的な瞬間だね。

赤い悪魔と呼ばれる韓国代表チームはこのサッカー・アジア杯にて1960年に最後の優勝を収めて以来、4度決勝まで進みながらも優勝を逃している(1972年の対イラン戦、1980年の対クエート戦、1988年の対サウジアラビア戦)。そして今回、2006年に初めてこのサッカー・アジア杯に参加し、はじめてアジア杯を自国にもたらしたオーストラリアとの決勝戦においてである。サッカールーズは2011年カタールで行われた大会で、日本に延長戦に得点され決勝戦で破れてしまった。

現在、ファンの人たちはオーストラリアがアジア・オセアニア地域のサッカーをリードしているなんて信じることができないでいる。

Who would have guessed Australia would be reigning AFC Champions League & Asian Cup (?) holders twelve months ago? #ACFinal #AC2015 #KORvAUS ? Javier Queiroz (@StuffedShoulder) January 31, 2015

だって誰が1年前に、オーストラリアがAFCチャンピオンズリーグとサッカー・アジア杯で王者に君臨すると想像できたと思う?

試合が90分を過ぎ、誰もがオーストラリアが優勝すると確信した後に、韓国のスター選手のソン・ミンが得点して1-1の引き分けとなった。そしてオーストラリアのファンたちは絶望し、試合は延長戦へと突入した。

その延長戦で、ジェームス・トロイージは右コーナーからのユリッチによる素晴らしいプレイにより、2点目を獲得した。

よし! よし! いいぞ、トロイージ、サッカールーズ! ゴール!

観戦している人達にとって試合の展開は、心臓に悪いものとなった。実際ツイッターにはファンが必死に次のように書き込んでいる。

If Korea equalise again i'll cry… I'm not even Australian #GoSocceroos #AC2015 #ACFinal ? Cara Conboy (@carabonara11) January 31, 2015

もし韓国がまた追い上げて同点になったら、私オーストラリア人ではないけど泣いていたと思う。。。

オーストラリアがこのサッカー・アジア杯において偉大な勝利を収めたことにより、今後、特にニュージーランドやオーストラリアの子供たちがサッカーに関心を持つようになると多くの人々が期待している。決勝戦のハイライトは優勝授賞式の数分後にはツイッターで鑑賞できるようになった。

ハイライト、韓国1-2オーストラリア