See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

反同性愛の政治家を挑発したロシアのレズビアンに強制捜査

Russia's Attorney General hits the LGBT beat. Images by Kevin Rothrock.

ロシアの検事総長はLGBTたちの脈動するエネルギーを抑圧している。筆者によるイメージ画像

ロシアで同性愛者であることは危険な行為だが、反同性愛運動を主導している人物を挑発したとなると、さらに危険度は高まる。サンクトペテルブルグにあるレズビアンのためのナイトクラブの経営者たちは、2月26日、警察に強制捜査されて、この教訓を学ぶ羽目になった。

インフィニティは、「サンクトペテルブルグのもっとも洗練された若い女性」のための、「女の子専用」ナイトクラブだ。2月1日、このクラブの経営者の1人が友人数人とともに、モスクワからサンクトペテルブルグ行きの飛行機に乗った際、機内で、ロシア国内のLGBT(性的マイノリティ)たちの権利を厳しく締め付けるべきと提案したことで有名なヴィタリー・ミロノフ議員を見つけた。議員の保守的な政策を支持するはずもない彼女たちは、その面前でキスをする自分たちの姿を撮影し、あとでその画像をネット上に投稿したのだが、これがまたたく間に広まり、 大騒ぎとなった。

ミロノフ、キスをしているレズビアンたち、ナチ式敬礼をしている男。この一枚の写真に、ロシアのすべてが収められている。

しかし、こうしたふるまいをミロノフ議員はこころよく思わなかった。彼女たちのことを「頭のおかしい、ばかども」と呼び、「こんなまぬけを育てた彼女たちの両親のことを、恥ずかしく思う」と語った。

それから2日後の2月3日、モスクワとサンクトペテルブルグを本拠地とするオンライン上の団体は、インフィニティを閉鎖させよう、という呼びかけを行った。団体はそのためのやり方と、地方検事に苦情を申し立てるときの例文を掲載し、この同性愛者向けナイトクラブを警察は閉鎖するべきだとした。また団体は、インフィニティは未成年者を入店させていて違法ドラッグ使用の温床になっていると主張し、Roskomnadzor(ロシア政府によるマスメディア監視機関)と麻薬取り締まり連邦機関に取り締まりを強化するよう申し立ても行った。

モスクワはソドムでもなく、ペテルブルクはゴモラでもない」という名の反同性愛団体の主張によれば、フコンタクチェ(訳注:ロシア最大のSNS) の中には、3万人のインフィニティ会員がいるが、そのうち少なくとも524人は未成年である。そのため、インフィニティによる「同性愛宣伝」は連邦犯罪と見なされることとなる。ちなみに、フコンタクチェ内インフィニティにはメンバーしかアクセスが許可されていないため、インフィニティは未成年者を受け入れているという非難が正しいのかどうか確かめるのは難しい。

この反同性愛団体は、インフィニティを閉鎖させたいと思っている人々に、警察へ苦情を申し立てる方法を指南している。その指南書に記載されている苦情の内容は、「監視の目をくぐり抜けてインフィニティに潜り込んだ少年たちは、レズビアン向けクラブのインフィニティで行われている同性愛宣伝活動のせいで、肉体的・精神的健康が深刻な脅威にさらされています。私がそう考えるのはごく当然のことではありませんか」というものだった。

この反同性愛団体は、レスビアンたちがミロノフと乗り合わせた際に機内で行った「キスの自撮り」事件を引き合いに出して、インフィニティを標的にした理由を公然と明かしている。

[…] именно сотрудицы данного клуба несколько дней назад устроили провокацию: на глазах у пасажиров самолета Москва-Петербург они стали демонстрировать свои извращенные наклонности, чем вызвали скандал в интернете.

[…]数日前に挑発してきたのは、まぎれもなく、このナイトクラブのスタッフのほうだ。彼女たちはモスクワからサンクトペテルブルグへの飛行機の中、他の乗客たちの面前で、自分たちのよこしまな嗜好を見せびらかし、インターネット上でスキャンダルを巻き起こしたのだ。

ロシアの人権団体アゴラの弁護士、ヴィタリー・チェルカソフ氏によると、近隣の住民から、未成年者の入店と違法ドラッグへの疑いの声が100件ほど寄せられたので、警察はクラブを強制捜査したそうだ。そして、ナイトクラブのジェネラルディレクターとSNS担当者も、尋問のために出頭を要求された。

インフィニティの経営者たちは、今月初めの「キスの自撮り」事件が捜査の直接的なきっかけとなったと考えている、とチェルカソフ氏は語っている。

校正:Masato Kaneko