See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

米国、33年ぶりにキューバをテロ支援国家リストから除外

Plaza de la Revolución. Photo taken from Mark Scott Johnson licensed by CC BY 2.0

革命広場にて 撮影:マーク・スコット・ジョンソン。クリエイティブ・コモンズ・ライセンスのライセンス条件:CC BY 2.0

米国は金曜日(訳注:2015年5月29日)、キューバを正式にテロ支援国家から除外した。米国政府によれば、米国ではあらかじめ定めたテロ支援国家指定基準に基づき、下記に該当する国家をテロ支援国家に指定している。
「国家の主導により、計画的に国際規模で一般市民に対し暴力行為を繰り返すよう支援している国」

米国務省による報告は下記の通りである。

In December 2014, the President instructed the Secretary of State to immediately launch a review of Cuba’s designation as a State Sponsor of Terrorism, and provide a report to him within six months regarding Cuba’s support for international terrorism. On April 8, 2015, the Secretary of State completed that review and recommended to the President that Cuba no longer be designated as a State Sponsor of Terrorism.

Accordingly, on April 14, the President submitted to Congress the statutorily required report indicating the Administration’s intent to rescind Cuba’s State Sponsor of Terrorism designation, including the certification that Cuba has not provided any support for international terrorism during the previous six-months; and that Cuba has provided assurances that it will not support acts of international terrorism in the future. The 45-day Congressional pre-notification period has expired, and the Secretary of State has made the final decision to rescind Cuba’s designation as a State Sponsor of Terrorism, effective today, May 29, 2015.

The rescission of Cuba’s designation as a State Sponsor of Terrorism reflects our assessment that Cuba meets the statutory criteria for rescission. While the United States has significant concerns and disagreements with a wide range of Cuba’s policies and actions, these fall outside the criteria relevant to the rescission of a State Sponsor of Terrorism designation.

2014年12月、大統領は国務長官に、直ちにキューバのテロ支援国家としての指定の見直しを始め、6カ月以内にキューバの国際テロへの支援について報告するよう指示した。2015年4月8日、国務長官は見直しを完了し、大統領にキューバはもはやテロ支援国家として指定されるべきではないと提言した。

それをふまえ、4月14日、大統領は、キューバのテロ支援国家指定を解除すべきとする政府の意向を示した報告を、法令にのっとり議会に提出した。その内容は、キューバが過去6カ月間国際テロのいかなる支援もしていなかったこと、そして、キューバは将来的に国際テロ活動を支援する意志がないとの確証が得られたことを証明するものである。議会への45日間の事前通知期間が満了し、国務長官は2015年5月29日付で、キューバのテロ支援国家指定を解除する最終決定を下した。

キューバのテロ支援国家指定の解除は、キューバが指定解除の法的基準を満たしているという米国政府の判断を反映したものである。キューバの内政および動向に関しては、米国国民の頭からどうしても拭い去ることのできない懸念や異論が数々あるものの、これらの点はテロ支援国家指定解除に関連した基準の対象外のものである。

校正:Masato Kaneko