See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

ブルキナファソとブルンジの研究者が新しい石鹸を開発 マラリアから何千もの命を救う可能性

Screen Capture of Scientists presentation at Maker Faire in Rome , November 2014

2014年11月、ローマで開催されたメーカー・フェアのプレゼンテーションで紹介されたニヨンディコとデンベレのビデオ画像

何百万ドルもの費用を支出しなくとも、数千もの命を救うことができる。アフリカの2人の研究者が最近、わずか59セントあれば、かなりの数の人命が失われずにすむことを実証した。その方法は、石鹸を利用した簡単なものである。

ブルキナファソ(訳注:西アフリカに位置する共和制国家)出身のモクタール・デンベレとブルンジ(訳注:中部アフリカの内陸に位置する国家)出身のジェラール・ニヨンディコは、ブルキナファソの首都ワガドゥグーにある 国際水環境工学研究所の研究員である。マラリアはサブサハラアフリカ地域における死因の筆頭に挙げられており、二人もマラリアの脅威をよく知っている。毎年、世界中で約 60万人の命がマラリアにより失われている。この疾患は原虫感染症の一種で、原虫に感染した蚊によって媒介され、主に発熱、疲労感、嘔吐、および頭痛といった症状が伴う。

マラリアへの対応の一助として、デンベレとニヨンディコ はある種の石鹸を発明した。それは、マラリアを媒介する蚊を追い払う効果のあるシアバターレモングラスオイルなど、現地で採れるハーブや天然素材を原料としたものである。二人は、これを「ファソ石鹸」と名付けた。命名の狙いは、実用性が高く手頃な価格であることを強調するものである。

この構想を援助するため、カリフォルニア大学バークレー校のグローバル・ソーシャル・ベンチャー・コンペティションは、最近二人に26,500ドル(訳注:約3百18万円)を授与した。

フランスの科学誌「科学と未来」の科学記者ユーゴー・ジャニエールは、彼らの発想の裏付けになっている根拠は、極めて明瞭なものであるという。

Le savon possède deux caractéristiques: D’abord, une capacité à repousser les moustiques par son odeur. Mais il contient également un composant intérieur qui tue les larves et empêche leur prolifération dans les eaux stagnantes. Les tests effectués sur un échantillon de la population à Ouagadougou se sont en tous cas révélés assez concluants.

この石鹸は、2つの面で防虫剤としての効果を発揮する。一つは、臭いによる防虫効果、二つ目は内部成分によりボウフラ(訳注:蚊の幼虫)を駆除する効果である。二つ目の効果により水溜まりの中のボウフラの増殖が抑止される。ワガドゥグー(ブルキナファソの首都)で行われた石鹸の効果確認試験の結果は、将来に向かって非常に期待の持てるものだった。

世界保健機関によると、毎年約2億人がマラリアに感染しており、そのうちおおよそ66万人が亡くなっている。今のところ、マラリアに対するワクチンは開発されていない。だが、この疾病に伴う様々な症状をなくすため多種多様な抗マラリア薬が用いられている。また、この疾病の予防法には種々なものがあるが、マラリアを媒介する蚊から完璧に身を守る方法はない。この地域で防虫剤として用いられている薬剤は、個々の予防薬を組み合わせたものである。

多くの研究者がさまざまの視点に立って、蚊に対して虫よけ効果のある植物由来の各種薬剤の研究開発に取り組んできた。ロンドン大学衛生学熱帯医学大学院の研究員サラ・ムーアによると、これまでに研究開発された植物由来の防虫剤について検証を行った結果、その効き目については今のところ結論が出ていない、しかし、これら植物由来の防虫剤に対する需要は高まっている。何故なら植物由来の防虫剤の使用には合理的裏付けがあるからだ、という。

The field of plant-based repellents is moving forward as consumers demand means of protection from arthropod bites that are safe, pleasant to use and environmentally sustainable. It is also extremely fertile due to wealth of insecticidal compounds found in plants as defences against insects. The modern pyrethroids that are the mainstay of the current malaria elimination program that is making excellent progress are harmless to mammals.

蚊の咬合から身を守るため、使いやすく安全でかつ環境にやさしい薬剤の需要が高まっている。これに伴い、植物由来の防虫剤に関する研究が積極的に進められている。研究はまた、非常に内容のあるものである。なぜならさまざまな植物成分の中から殺虫効果のある物質が、多種見つかっているからだ。現在使われている ピレスロイドは、目下強力に進められているマラリア撲滅計画の中の主力薬剤であり、哺乳動物に対して無害である。

Screen Capture of Interactive Africa Map of Artemisinins data via WWARN

アーテミシニンに関する対話型アフリカ地図の画面(訳注 : 赤・黄・緑のマーカーは、地域別の投与効果を示す) WWARN より

デンベレとニヨンディコはまた、マラリアと戦うにあたって越えなければならない経済的障害があることを痛感している。ニヨンディコの祖国ブルンジは現在、 重大な人道的危機のさなかにあり、同国の国連人間開発指数は、177か国中167位に位置している。ブルキナファソでは、最近まで政治的な大混乱が生じていた。そして国民の約半数が一日当たり1ドル25セント(訳注:約150円)以下の生活費で暮らしている

アフリカ地域の歴史および現在抱えている課題を考慮すると、マラリアに対する持続可能な解決策は、ぜひとも手頃な価格のものでなければならない。こうしたことから、デンベレとニヨンディコは、ファソ石鹸を考案するにあたって、可能な限りコストを抑えるよう工夫した。

さらにいえることは、二人の取り組みは時宜にかなっている。ワールドワイド・アンチマラリア・レジスタンス・ネットワーク(WWARN)は最近、各保健機関に対して、抗マラリア薬アーテミシニンに対する耐性を持った原虫が増加している、と警告を発した

As of February 2015, artemisinin resistance has been confirmed in 5 countries [..] In the large majority of sites, patients with artemisinin-resistant parasites still recover after treatment, provided that they are treated with an ACT containing an effective partner drug. However, along the Cambodia-Thailand border, P. falciparum has become resistant to almost all available antimalarial medicines. There is a real risk that multidrug resistance will soon emerge in other parts of the subregion as well.

2015年2月現在、アーテミシニンに耐性を持った原虫の存在が5か国で確認されている[..]。しかし、大部分の地域では、アーテミシニン耐性原虫に感染した患者も、アーテミシニンと他の抗マラリア剤とを併用したACTという治療方法により、回復している。一方、カンボジアとタイの国境付近では、熱帯熱マラリア原虫は、ほとんど全ての抗マラリア薬に対して耐性を持つようになっている。他の地域でも同様に多剤耐性原虫が直ぐにも発生する現実的な危険性をはらんでいる。

デンベレとニヨンディコは、これから先の道のりはさらに長くなることを承知している。そして、マラリアとの戦いは長期に及ぶということも覚悟していると、二人は言う。この戦いは、マラリアを征服する以上の意味がある。つまり、アフリカの未来を明るく照らし、アフリカの人たちに希望を与えるための戦いでもある と、デンベレは言う。また、カリフォルニア大学バークレー校から賞を獲得した後、彼は下記のように言っている

Je suis très content que ce prix revienne en Afrique et particulièrement au Burkina Faso. C’est la première fois qu’une équipe non américaine remporte ce prix. C’est la fierté pour la jeunesse, c’est la fierté pour l’Afrique. Ça doit encourager la jeunesse à aller de l’avant.

今回の授賞はアフリカにとっても栄誉であり、またブルキナファソにとっても格別のものであることを思うと、大変幸せです。アメリカ以外のチームが受賞するのは今回が初めてです。この受賞は、全アフリカ青年にとっての名誉であります。今回の授賞が刺激となり、多くの若者が前向きに取り組むようになることを希望します。

校正:Yoko Higuchi