See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

「お城で王子さまを待つお姫さま」なんて児童書の中にもいませんよ

<リンク先にはスペイン語のページが含まれます>

「お姫さま」物語を乗っ取った「たぐいまれなる女性たち」。フリーダ・カーロやビオレータ・パラをヒントに書かれた物語。

アルゼンチンの出版社Sudestadaが「お姫さまなんかじゃない(原題:Antiprincesas)」という児童書シリーズを刊行した。主人公に選ばれたのは、メキシコの画家フリーダ・カーロとチリの作曲家ビオレータ・パラだ。

どちらの物語も主人公はお城に住んでいないし、素敵な王子さまが助けに来てくれるのを待ってもいない。唯一の共通点は、2人ともそれぞれが生きた時代のお決まりの女性像を脱ぎ捨てたラテンアメリカ人ということだ。

シリーズの著者ナディア・フィンクは「ラテンアメリカの歴史に残る主人公たちは、ヨーロッパの物語に出てくるお姫さまとは正反対の姿をしている」と語る

“Las Antiprincesas seguirán siendo latinoamericanas porque decidimos contar la historia de Nuestra América, en un continente que nos late y nos identifica. Un poco es contraponerlos a los relatos de las princesas en un entorno continental de Europa, alejado de nuestra cultura y nuestro paisaje”.

この先も「お姫さまなんかじゃない」シリーズはラテンアメリカ人らしい物語が続きますよ。我がアメリカの話をアメリカ大陸から伝えようと決めたのですから。私たちの心を鼓舞してきたこの大陸には、私たちのアイデンティティーがあるのです。物語をほんのちょっと際立たせるために、文化も景色も異なる大陸ヨーロッパのお姫さま物語と対比させてみました。