See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

台湾:結婚平等法を考えるプライドパレード2014、数万人が参加

(原文掲載日は2014年10月28日です。記事中のリンク先は英語または中国語です)

レインボーフラッグの下を歩く(撮影:Sound of Silence)CC BY-NC 2.0.

レインボーフラッグの下を歩く(撮影:Sound of Silence)CC BY-NC 2.0.

2014年10月25日、台湾LGBTプライドパレードにおよそ7万人が参加した。パレードは性的嗜好や性別認識の多様性をたたえ、世間に理解を求めるためのものである。

参加者数は2003年の第1回以来、過去最多となった。台湾プライドパレードは近年アジア最大の規模となり、海外からも多くの参加者を呼び込んでいる。

2014年のパレードは「クィアズ・シューズで歩こう」をテーマに掲げ、身体障害者、HIV陽性者、性労働者等、社会的に除外されたLGBTコミュニティの声に焦点を当てた。(訳注:クィアには「風変わりな」「同性愛者の」という意味がある)

参加者の多くは同性婚合法化への支持を表明した。台湾伴侶権益推進連盟は2012年に平等結婚法案を立法院に提出。2013年10月25日、法案は議会の第1読会を通過したが、多数の同性婚反対派の動員を受け立法は見送られた

同性愛者の権利向上を目指す活動家たちは、議員に法案検討を再開するよう今年10月上旬から働きかけ、10月16日に公聴会が行われた。今年のプライドパレードには多くのLGBTコミュニティのカップルが参加し、自らの経験や希望を周囲と分かち合った

以下、パレードの画像をいくつか紹介する。

レインボーカラーのテディベアをつけた参加者(撮影:J. Michael Cole)CC BY-NC 2.0.

レインボーカラーのテディベアをつけた参加者(撮影:J. Michael Cole)CC BY-NC 2.0.

パレードの参加者たち(撮影:J. Michael Cole)CC BY-NC 2.0.

パレードの参加者たち(撮影:J. Michael Cole)CC BY-NC 2.0.

自由広場で歌い、踊るドラッグクイーン(撮影:coolloud.org)CC BY-NC 2.0.

自由広場で歌い、踊るドラッグクイーン(撮影:coolloud.org)CC BY-NC 2.0.

「8年一緒にいます」「結婚したい」と書かれたTシャツを着たゲイカップル(撮影:coolloud.org)CC BY-NC 2.0.

「8年一緒にいます」「結婚したい」と書かれたTシャツを着たゲイカップル(撮影:coolloud.org)CC BY-NC 2.0.

Participants in the parade. Photo by coolloud.org. CC BY-NC 2.0.

パレードの参加者たち(撮影:coolloud.org)CC BY-NC 2.0.

校正:Rie Tamaki