See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

ジュークボックスで聴く音楽は、とってもクール!! 修理の達人はエジプト出身

Magdi Hanna, from Alexandria, Egypt, runs one of the few workshops in the United States dedicated to saving jukeboxes. Credit: Saul Gonzalez. Used with permission.

マグディ・ハンナさんは、エジプトのアレクサンドリア出身である。ジュークボックスを後世に残すために、アメリカで数少ない修理工場の一つを経営している。(写真提供:サウル・ゴンザレスより、引用の許可取得済)

この記事は、当初、 サウル・ゴンザレス が2016年5月19日に PRI.org のサイト上で公開したものである。コンテンツを共有する合意のもと、ここに再掲載する。

技術の進歩により、忘れ去られた製品があるのはすぐに想像がつく。最後に小型電卓機や公衆電話を使用したのは、いつ頃だったか覚えているだろうか?

そして、ジュークボックスもその一つである。

もしロサンゼルスに向かうことがあるならば、ピコブールバードの2000番地にある、マグディ・ハンナさんのお店を探してみるといい。彼は、アメリカでジュークボックスの修理に情熱を注ぐ、数少ない職人の一人である。彼の使命とは? 未来の人々に、これらの装置を残していくことである。

Listen to this story on PRI.org »

PRI.orgに掲載された音声を聞いてみよう)

ハンナさんは、エジプトの港町アレクサンドリアの出身である。アメリカに移住するまで、ジュークボックスなど一度も見たことがなかった。そんな彼も今となっては、レトロな装置を「アメリカの歴史の一部」と呼び、1980年から修理を続けている。

彼は、ジュークボックスを初めて見た時から、すぐにその虜になり修理をする仕事に就くことを決めた。ジュークボックスは、20世紀にナイトクラブやバー、食堂などでよく見られた。また、マリリン・モンローやコルベット車、そしてエルビスなどと人気の上位に肩を並べるほど、アメリカンライフの象徴であった。(ハンナさんの工場には、エルビスの曲専用のジュークボックスがある)しかし技術の進歩によって、トランジスタラジオからCDへ、現在はもちろん、ネットでの音楽配信へと変化した。そのため、限られた曲しか流すことができないジュークボックスは、太刀打ちできなかった。

Jukeboxes at Magdi Hanna’s workshop in Los Angeles. “We didn’t have jukeboxes in Egypt,” he says. Credit: Saul Gonzalez. Used with permission.

ロサンゼルスにあるハンナさんの修理工場のジュークボックス。「かつて住んでいたエジプトには、ジュークボックスなどなかった。」とのことだ。(写真提供:サウル・ゴンザレスより、引用の許可取得済)

かつての、ワーリッツァーやゼーブルのようなジュークボックス製造会社は、修理職人と共に消えていった。

「修理職人は、何人かはいる。だがジュークボックスのビジネスに、新たに人が集まるかどうかは、わからない」とのこと。

当然のことながら、現在のスタイルの音楽鑑賞などへの思いは少しもないそうだ。「エルビス・プレスリーの曲を45回転のレコードで聴くと、ラジオやCD、そしてコンピューターとは全く違う」と彼は言う。45回転シングルレコードの方が、より「感情」が伝わってくるらしい。

私がハンナさんを訪ねた日は、何週間もかけて、ワーリッツァー社製モデル850(1941年製)の修理をちょうど終えた日だった。そのモデルは、木製の立派な外装でガラス部分には孔雀の絵が描かれている。彼はその中を開けて見せてくれた。「このモーターを見てくれ。車のオルタネーターみたいに、大きいだろ」と言う。内部には、24枚のレコードが入っている。料金は、1曲聴くのに5セント貨だが、10セント貨で2曲、25セント貨で4曲聴くことができる。このジュークボックスも、レコードの片面のみ聴けるようになっている。 (1950年代製造以降の後継機種では、レコードを裏返す技術が備わり、両面を聴くことができるようになった。)

Tools Magdi Hanna uses to repair jukeboxes at his Los Angeles workshop. Credit: Saul Gonzalez. Used with permission.

ハンナさんが、ロサンゼルスの工場で、ジュークボックスの修理時に使用している道具の数々。(写真提供:サウル・ゴンザレスより、引用の許可取得済)

ハンナさんの顧客は、ジュークボックス収集家が多く、ガレージセールや遺品整理などで壊れたのを見つけて、修理に持ってくる。どれも、何十年も眠っていたレコード入りの「音楽のタイムカプセル」みたいだ、と彼は言う。「ガレージに、20年もジュークボックスを保管してた人もいてね。その中に、50年代や60年代のオリジナル盤が入ってたりするんだ」

このような装置が復活した時は、どんな感じだったかと聞いたら、「そりゃ、踊りだしたくなるよ」と答えた。

インタビューの終わりに「修理されたジュークボックスで、1曲選ばせてもらっていいか?」とお願いしたら、彼は「もちろん」と言ってくれた。80年代以来、ジュークボックスを使うことがなかったので、少しワクワクした。(ちなみに、ザ・シックス・ティーンの「My Special Guy」を選曲した)

60年前の装置で曲を聴いた後は、iTunesやSpotify(スポティファイ)が、カッコイイには全く程遠く思えた。

A jukebox in Magdi Hanna’s workshop in Los Angeles. "I don’t know of new people coming into the jukebox business," he says. Credit: Saul Gonzalez. Used with permission.

ロサンゼルスにあるハンナさんの工場のジュークボックス。「ジュークボックス業界に、新たな人材が参入するかどうかは分からない」とのことだ。