See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

コートジボワール発:学生の赤ちゃんをおんぶした教授の心遣いがネット上で話題に

Le Prof. Honoré Kahi, de l’université Alassane Ouattara de Bouaké a devenu célèbre sur les réseaux sociaux en portant sur son dos le bébé d'une des étudiantes pour permettre à la maman de suivre son cours. Source: Site De Rencontre Des Etudiants De L'afrique

コートジボワール、ブアケにあるアラサン・ウワタラ大学のオノレ・カヒ教授は、ソーシャルメディア上で一躍時の人となった。母親である学生が講義に集中できるよう、赤ちゃんを背中におぶったからだ。 情報提供元: アフリカ学生交流サイト

2016年6月29日、アフリカ学生交流サイトのフェイスブックに一枚の写真が投稿された。ブアケにあるアラサン・ウワタラ大学で、オノレ・カヒ教授が起業意識について講義している様子を写したものだ。なんと、教授は赤ちゃんをおんぶしているではないか。

この写真はコートジボワールのソーシャルメディアで旋風を巻き起こした。彼は仏テレビ局の取材を受け、以下のようにコメントしている。

C’est assez fréquent que des jeunes filles viennent avec leurs enfants en classe. Mais ce jour-là, le bébé de cette étudiante ne cessait de pleurer. Elle est sortie à trois reprises de la salle pour essayer de le calmer, en vain. Au bout d’une trentaine de minutes, je lui ai dit que c’était un cours très important pour son avenir et que pour moi, il fallait qu’elle soit bien concentrée. Je lui ai donc proposé mon aide.

J’ai donc attaché le bébé dans mon dos. Immédiatement, il s’est tu, bercé par les va-et-vient que je faisais pour continuer mon cours, et s’est même endormi ! J’ai pu continuer mon cours pendant une quarantaine de minutes sans aucun problème. Mon étudiante m’a dit qu’elle était très touchée par ce geste et qu’elle avait été très surprise car il y a généralement une certaine distance entre les étudiants et les professeurs.

Pour tout dire, je suis assez étonné de l’engouement autour de ce geste, car c’était vraiment spontané. Des étudiants ont pris des photos car ça les amusait : dans l’imaginaire collectif, on associe d’habitude ce type de porté du bébé à la “mama” africaine… C’est assez rare de voir un homme, qui plus est un enseignant faire ça. J’ai reçu des coups de fils de gens de France, de Côte d’Ivoire, du Mali qui me disent que l’image leur a fait du bien. Je crois que ce que fait un enseignant, pour créer du lien social avec ses étudiants, est aussi important que le contenu de ses cours.

若い女性が子連れで受講するのは、ごく当たり前のことです。しかしあの日、この学生の赤ん坊は泣きやみそうにありませんでした。母親は赤ん坊を落ち着かせようと3度も退室しましたが、うまくいきません。30分ほどして、私は彼女に告げました。「この授業はあなたの将来のために、大変重要なものです。私としても、あなたに全神経を集中してもらいたい」と。それで、私は手助けを申し出たのです。

そういうわけで、私は赤ん坊をおんぶし、講義を続けながら教室の中を歩き回りました。それであやすことができたので赤ん坊はすぐに泣きやむどころか、すやすやと眠ってしまったのです!私は45分ほど、一切中断することなく講義しつづけることができました。学生は私のとっさの立ち振る舞いにとても感動した、と言ってくれました。一般的に、教員と学生との間にはいわゆる立場の違いがあるはずなのにとてもびっくりした、とも話してくれましたよ。

今回の件がことのほか注目され、私は正直驚いていますね。本当に体が自然に動いただけなのですから。学生は面白おかしく思って写真を撮ったのですよ。こんなふうに背中に赤ん坊をおんぶする姿を見て、あの場にいた誰もが私のことを、アフリカの「おかあちゃん」みたいだな、と思ったのでしょう。男性、ましてや教員が赤ん坊をおんぶすることはめったにないですしね。写真を見てにっこりした、とフランス、コートジボワール、マリの皆さんから連絡をもらいました。教員が学生と親交を深めることは講義内容と同じくらい大切だ、というのが私の考えなのですよ。