See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

タジキスタン紙幣に誰の顔をのせるべきか?

タジキスタン大統領エモマリ・ラフモン氏が印刷された紙幣(フォトショップで合成)。サイード・サファロフ氏のフェイスブックより

タジキスタン大統領エモマリ・ラフモン氏が印刷された紙幣(フォトショップで合成)。サイード・サファロフ氏のフェイスブックより

貧困にあえぐ中央アジア国家タジキスタンにとって、大統領エモマリ・ラフモン氏に対する個人崇拝がひどく高まっていることは、この国に関心を持つものにとって目新しいことではない。ロシアに移住したブルーカラー労働者たちによる移民送金に本共和国が依存していることも、同じく常識だ。

最近、あるタジキスタン人フェイスブックユーザーは国営新聞に掲載された提案に腹を立てていた。その提案とは、タジキスタンはラフモン氏の肖像をのせた1,000ソモニ紙幣を発行すべきだ、というものだ。そこで彼は、2枚の紙幣を並べて掲載することにした。

サイード・サファロフ氏は次のように書いている

フォトショップによる加工画像 タジキスタン紙幣に印刷されたタジキスタン人移民(上)とラフモン氏(下):フェイスブックユーザー、サイード・サファロフ氏提供

フォトショップによる加工画像 タジキスタン紙幣に印刷されたタジキスタン人移民(上)とラフモン氏(下):フェイスブックユーザー、サイード・サファロフ氏提供

Директор филиала ГУП «Таджиксугурта» в Шахринаве, Шариф Каримов в своей статье, опубликованной в газете «Таджикистан», предлагает выпустить банкноты достоинством 1000 сомони с изображением президента Таджикистана Эмомали Рахмона.
Мой ответ:
Сегодня именно трудовой мигрант достоин как никто другой изображения на купюрах. Именно трудовой мигрант кормит всю страну, в отличии от людей, растаскивающих ее по кускам на свои офшорные счета. Именно трудовой мигрант, сегодня погибает на фронтах трудовой миграции ради куска хлеба для Таджикистана. Именно трудовой мигрант спасает жалкое подобие экономики страны от полного дефолта. Именно трудовой мигрант, как заботливый отец тащит последнюю копейку домой. Именно трудовой мигрант достоин быть изображен на деньгах, ему должны быть поставлены памятники и их именами должны быть названы улицы и села. Вот кто действительно достоин таких почестей!

シャーリナフにある国有企業「タジクスグルタ」の支店長シャリフ・カリモフ氏は、新聞「タジキスタン」に発表された記事の中で次のように書いている。1,000ソモニ(公式レートによると127米ドル相当)紙幣には、タジキスタン大統領エモマリ・ラフモン氏の肖像が用いられるべきである、と。

これに対する私の回答はこうだ。今日、移民労働者ほどこの栄誉にふさわしい者はいない。なぜなら、一国を養っているのは移民労働者だからだ。彼らは、祖国をばらばらにして海外口座へと送ってしまう人々とは対照的である。今日、タジキスタンにおける一切れのパンのため、異国の地でその生涯を終えているのは、移民労働者である。国家経済を完全な債務不履行に陥らないよう救っているのは移民労働者である。優しい父親のように、有り金の全てを故郷に送っているのは移民労働者である。移民労働者こそが、通貨に描かれるにふさわしい。移民のために記念碑が建てられるべきなのだ。通りや村の名前にが付けられるべきなのは移民の名である。移民たちこそがかかる栄誉に値する人々なのだ!

2014年、タジキスタン移民労働者は、国内総生産のほぼ50%に相当する金額を国に送り返している。その一方で、タジキスタン出身の労働年齢男性の約半数は海外で生計を立てている。

しかし、これらの比率はロシアの財政危機の影響を受けて、その後縮小している。調べによると、今年の上半期における移民送金額は、昨年同時期と比較して5分の1超減少した。その一方で、同期間にロシアに向かった移民の数は8%減少した、とのことである。

校正:Izumi Mihashi