See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

フィリピン:土地開発から漁村を守ろうと立ち上がる住民たち

A fishing village in Patungan Cove. Photo from Pamalakaya

パトゥンガンの入り江にある漁村 写真:パマラカヤ(訳注:漁民を支援する全国的組織)

フィリピンの首都マニラから車で南に約2時間、カビデ州マラゴンドンに風光明媚なパトゥンガンの入り江がある。ここには漁業と農業で暮らしをたてる家族が、少なくとも353世帯居住している。住民たちは今、エコツーリズムと不動産開発プロジェクトを進めるための居住地区の取り壊しに直面しているのだ

住民を立ち退かせるために派遣された軍や警察の前で、地元の人々は互いに結束し、この地域を守ろうとしている。住民たちの運動「パトゥンガンを守れ!」を通して集まった人々は、取り壊しを阻止するためにバリケードを築いている。

google maps

パトゥンガンは、フィリピンの首都マニラの南に位置する。

警察と軍を合わせて1000人の隊員が破壊を始め、8月22日と23日に少なくとも17の家屋を壊した。パトゥンガンの入り江をめぐって、マリア・テレサ・ビラータ・プロパティーズ・アンド・ホールディングス・コーポレーションからの要求に基づく破壊命令は、7月12日以降裁判所により承認されている。

漁民を支援する全国的組織パマラカヤの主導により、さまざまな人々の団体が、9月3~4日パトゥンガンで「国内現地調査および連帯ミッション」(訳注:現地を調査し解決法をさぐる活動)を行った。パマラカヤの代表フェルナンド・ヒカプ氏は、調査結果の一部を公表した。

Residents can’t go in and out of their community by land because the stationed security guards will block and harass them; they use boats for transportation either which is relatively expensive than taking a walk. We are investigating for a possible martial-law style of hamletting in Brgy. [village] Patungan.

住民は、自分たちの集落に陸から入ることも出ることもできません。というのも、配置された警備員によって通行の阻止や嫌がらせを受けるからです。また住民は移動にボートを使っていますが、それは徒歩よりも費用が高くつきます。パトゥンガンのような小さな村に対して戒厳令的手法をとっている疑いで、現在調査中です。

住民はその派遣団の代行人に次のように語った。「破壊クルーは催涙ガスや空弾(訳注:発射音だけが出る仕掛けの弾丸)を使いましたが、抵抗する群衆を追い払ったりバリケードを壊したりすることはできませんでした」警察や警備のために集められた要員が、現在まで、パトゥンガンを包囲し続けている。

Gathering of residents during the National Fact Finding and Solidarity Mission in Patungan last September 3-4. Photo credits: Pamalakaya-Pilipinas.

9月3日、4日パトゥンガンにおける「国内現地調査および連帯ミッション」に集まった住民たち 写真:パマラカヤ(フィリピン)

Empty tear gas canisters and blank bullets used during the demolition. Photo credits: Pamalakaya-Pilipinas.

取り壊しに使われ空になった催涙ガスの缶や空弾 写真:パマラカヤ(フィリピン)

1世紀を越えて漁業集落であったパトゥンガンに押し寄せた動きは、フィリピンで最も裕福なヘンリー・シー氏が所有するマニラ南岸開発会社(MSDC)が背後にあると言われている。

「パトゥンガンを守れ!」のスーザン・アグナー氏はこう話す

Our forefathers have long been here, 150 years ago. They were the ones who cleared the area to be suitable for residential purposes. Now a giant ‘developer’ and Henry Sy suddenly came and want us to leave the land where we grew up to pave way for their money-making ventures.

私たちの祖先は、この地に150年前からずっと住んでいます。祖先は、この地区を住みやすい土地にしようと切り開いてきました。今、巨大な開発業者とヘンリー・シーが突然やってきて、事業を興し儲けるために、私たちが育ったこの地を手放すよう主張しました。

One of the demolished houses. Photo credits: Pamalakaya-Pilipinas.

取り壊された家々のひとつ。写真:パマラカヤ(フィリピン)

Residents put up barricades to guard against threats of demolition. Photo credits: Pamalakaya-Pilipinas.

取り壊しの脅威から守るために、住民たちが築いたバリケード 写真:パマラカヤ(フィリピン)

Residents and activists unite in resisting the demolition and land grabbing activities of big corporations. Photo from Pamalakaya Pilipinas

大企業による取り壊しや土地をとり上げる動きに抵抗するために集う住民と活動家たち 写真:パマラカヤ(フィリピン)

Activists swim and protest while holding placards calling the government to stop the demolition of fishing villages in Patungan Cove. Photo from Pamalakaya Pilipinas.

活動家たちは、海でプラカードを掲げ、パトゥンガンの入り江の漁村取り壊し中止を政府に求める抗議活動を行っている。 写真:パマラカヤ(フィリピン)

MSDCは隣接するハミロ・コーストのピコ・デ・ロロ・ビーチリゾートを所有する。居住者によると、この会社の拡張計画では、パトゥンガンの602ヘクタールにおよぶ漁業と農業の集落を、専用リゾート及びツーリズムの中枢としようとしている。パトゥンガン周辺の地域は、海外の企業が所有するものも含むさまざまなリゾート地域でもある。MSDCは集落の破壊への関与を否定している

パトゥンガンの住民にとって、集落の土地収奪問題は、新政権への試金石となるだろう。貧しい人々に移住先を与えない取り壊し命令はすべて中止するという誓約を、政府が実行するかどうかが注目されている。

Panoramic view of Patungan. Photo Credits: Pamalakaya-Pilipinas.

パトゥンガン全景 写真:パマラカヤ(フィリピン)

校正:Rie Tamaki

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.