See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

ブログ「翻訳不可能」に少数言語のユニークな言葉も登場

写真:アンディー・シモンズ (CC BY-ND 2.0)

「翻訳不可能」という名のブログは、翻訳するのが困難あるいは不可能とされる世界中の言葉を集めて、言語を愛する人々に紹介している。

そのような言葉はあらゆる言語に存在する。それらは、状況や感情を表していて、多くが複雑であったり、かなり特殊であったりする。これら翻訳不可能とされる言葉には、今ではよく知られているポルトガル語のsaudadeなどや、独特な文化に深く根ざしたスペイン語の sobremesaなどがある。これらの言葉はすべて共通して単純な翻訳の試みをことごとく拒否するような頑固さをもっている。その一つの言葉に含まれる概念の奥深さを理解するためには、一言では到底足りず、全体の説明や、時にはそれにまつわる背景を知ることが必要である。(訳注:saudageサウダージ。ポルトガル語で「郷愁、憧憬、思慕、切なさ」などの意味合いの語。sobremesaソンブレメッサ。スペイン語で「食後に食事を共にした人と過ごす、リラックスしたり会話をしたりする時間」のこと)

これらの独特な言葉は、これまでにもネット上でリストとしてまとめられてきた。しかしそのリストに掲載される多くが、日本語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、あるいはフィンランド語にとどまっている。ブログ「翻訳不可能」のクリエーターであり言語学者であるスティーブン・バードは少数言語にも注目した。

たとえばバヌアツのモートラップ語には、このような言葉がある。

“vakasteglok” – Take care of your own parents, in recognition of all the care they've given you in your younger years.

Vakasteglok は「あなた自身のご両親を大切に。あなたが小さい頃両親から受けたすべてを心にとめて」。

また、ブラジルの一部の地域で語られているハンスリック語のこの言葉。

“kwadi” – The laziness one feels after warming oneself in the sun on cold days.

Kwadiは「寒い日に太陽に当たって温まったあとにくる倦怠感」。

バードは自身のブログについて次のように語っている。

They?shed light on other?cultures,?reveal different patterns of thought, and spark our curiosity. Sometimes, they influence?how we analyze and classify the world around us […] the linguists?contributing?to this site?want to share more of these ‘untranslatable’ words, and in the process,?show why these small languages are distinctive, valuable, and powerful.

翻訳が困難とされるこれらの言葉は、他の文化に光を当て、思想の異なった型を表し、私たちの好奇心を刺激します。時には私たちを取り巻く世界を、どのように分析し、分類するかということに影響を及ぼすこともあります。(中略)このサイトに投稿している言語学者たちは、もっと多くの「翻訳不可能」な言葉を、共有したいと考えています。そしてその過程で、なぜこれら少数言語が独特で価値があり力強いかを、表したいのです。

「宝物のような言語」を話す人々は、ブログ「翻訳不可能」には大切な存在です。ぜひお気に入りの言葉をここから紹介してください。

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.