See all those languages up there? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone.

能力に限界はない:ジョージア国のパラリンピック選手たち

競泳選手リカ・チャチバイア。モーリス・ウルフ撮影

以下の記事は、アナ・ロムターゼ著、モーリス・ウルフ撮影による提携記事の転載で、初出はChai-Khana.orgに掲載されたものです。

ジョージア(グルジア)で障害を持つ人々は、ジョージア語の直訳で「能力の限られた人々」と呼ばれるが、日々、レッテル貼りや否定的態度にさらされ悪戦苦闘している。それでもこの国でパラリンピックは盛んで、メダル獲得可能なアスリートを輩出してきた。例えばイルマ・ヘツリアニやニノ・ティビラシビリは、2017年イタリアで開催された車いすフェンシング世界選手権で、それぞれ金メダルと銅メダルを獲得している。

スタートは遅かった。ジョージアパラリンピック委員会設立は2003年で、初めて選手団を派遣したのが2008年北京パラリンピックだった。2013年にはトビリシ(訳注:ジョージアの首都)にパラスポーツ開発センターがオープンし、2年後新しい訓練設備と理学療法設備を拡充した。現在では国内いたるところから194名のアスリートを迎え入れており、うち女性は18名、行っているトレーニングは16分野にわたる。

この写真企画では、ジョージアのパラリンピアンたちの人物像を描き、この男女ともに多様性ある人たちにスポットライトを当てている。すでに熟練したアスリートもいれば初心者もおり、メダリストもそうでない人もいる。趣味の話題も犯罪学から民族音楽まで広げつつ、彼らは立ち直る力と鉄の意志の物語を、そして2020年東京オリンピックで競技する夢を語ってくれる。

ギオルギ・バシラシビリ(24) サッカー

I have been playing football for years. That’s where I lost my eyesight, on a football pitch, at 13, while playing with my friends. The ball hit me in the face. I always had poor vision but I actually turned blind after that incident.

I joined the Blind Football Association in 2014. Since then I have traveled to many different countries. For me, the most memorable trip was to Romania in April 2017, to the European Championship qualifying tournaments. Our team got a silver medal and I was awarded the best goalscorer title.

Apart from football, I am passionate about folk music. I studied folk music and religious chants at university. After graduation my friends and I founded a band called “The Relic”, whose singers, except one, are all blind. We’re now preparing for a concert in Greece.

僕は長年サッカーをしてきました。視力を失ったのもサッカー場で、13歳、友達と遊んでいたときでした。ボールが顔にぶつかったのです。前から弱視でしたが、この事故で本当に全盲になってしまいました。 

2014年にブラインドサッカー協会に入りました。それ以来いろんな国に行ってきました。僕にとって一番の思い出は、2017年4月ルーマニアで開催された、欧州選手権の予選トーナメントです。チームは銀メダルを獲得し、僕は最多得点王のタイトルを授与されました。

サッカー以外では、民族音楽が大好きです。大学では民族音楽と聖歌を勉強しました。卒業後、友達と一緒に「ザ・レリック」というバンドを結成しました。シンガーたちは、一人を除き全員が視覚障害者です。今、僕らはギリシャで開催するコンサートの準備中です。

ニノ・ティビラシビリ(20) フェンシング

I was born with a missing leg and have been using prosthetics for most of my life. I have been engaged in fencing since 2015. Three months after I started, I participated in my first fencing competition. I normally compete with up to 23-year-olds or sometimes even with older fencers.

I got my first bronze medal in 2016 at a competition in the United Arab Emirates. The same year I won two bronze medals and one silver one in The Netherlands. In early 2017, I got two bronze medals, one at Italy’s World Cup and another one in Hungary. I am currently preparing for a tournament in the Netherlands, which will be held from May 10-14.

I am passionate about everything that has to do with art. I am currently studying architecture at the Art Academy in Tbilisi.

私は、生まれたときから片足がなくて、ほとんどずっと義肢を着けて暮らしてきました。フェンシングの世界に入ったのは2015年からです。始めてから3か月後、初めてフェンシング競技会に参加しました。普段は23歳までの相手と戦いますが、もっと年上を相手にすることもあります。

2016年にアラブ首長国連邦での競技会で、初めて銅メダルをとりました。同じ年に、オランダで銅メダル2個と銀メダル1個を獲得しました。2017年初めには銅メダルを2個、1個はイタリアのワールドカップで、もう1個はハンガリーでとりました。5月10日から14日にかけて、オランダでトーナメントが開催されるので、それに向けて現在準備中です。(訳注:原文掲載日は2017年6月15日)

アートに関することなら何でも大好きです。現在はトビリシのアートアカデミーで建築の勉強をしています。

リカ・チャチバイア(20) 競泳

I started swimming in 2015. In 2016, I participated in the Rio Olympic Games but did not secure any medals. Unfortunately, I am the only one competing for Georgia in the S8 SB7 category – for swimmers with an amputation of one arm or significant restrictions across hip, knee and ankle joints. I often have to compete against those who are much more experienced than me…I hope to participate in the 2020 Olympic Games and improve my standing.

I have very diverse interests. My main passion is dancing; in 2015 I even participated in Georgia’s Got Talent as a dancer. But I am also interested in criminology, which I pursued for two years at the Tbilisi Teaching University. I left because I could not pay the tuition.

I truly believe that there is no such thing as ‘limited abilities’.

競泳を始めたのは2015年です。2016年のリオ五輪に参加したけれど、メダルはとれませんでした。ジョージアには、S8/SB7クラスの選手、つまり片腕切断または股・膝・足首関節に重度の制限がある選手は、残念なことに私しかいないんですよ。私よりはるかに経験を積んだ相手と戦わなければならないことが多いんです。……2020年五輪に出場して、挽回したいです。

私はとても多趣味なんです。一番好きなのはダンスで、2015年にジョージアズ・ゴット・タレント(訳注:公開オーディション番組)にダンスで出場したくらいです。でも、トビリシ教育大学で2年間専攻した犯罪学にも興味があります。授業料が払えなくて中退したんですが。

「限られた能力」なんてものはないって、私は本気でそう信じています。

ギオルギ・ギオルガゼ(36) 重量挙げ

I have always been into wrestling but picked up weight-lifting only in 2015. Since then I have acquired a new nickname – ‘The Weightlifter’.

Thus far I have participated in the Dubai World Cup, in March 2017, where I received a certificate. I did not get any medals at the championship. I am now looking forward to participating in the 2018 Paris Tournament. My main goal, though, is the 2020 Olympic Games.

I got injured at 21. I was cutting trees for firewood in a forest outside of Tbilisi when a tree fell on me. My spine was severely injured and I have not been able to walk ever since.

ずっとレスリングをやってきたけど、2015年に重量挙げに手を出したんだ。以来、新しいあだ名を頂戴したよ。『ザ・ウエイトリフター』ってね。 

これまで、資格を得て2017年3月ドバイワールドカップに出場したことがある。でもメダルはとれなかったよ。今は2018年パリの選手権出場が楽しみ。だけども、一番の目標は2020年のオリンピックさ。

怪我をしたのは21歳の時。トビリシ郊外の森で薪にする木を切っていて、倒れた木の下敷きになったんだ。脊椎損傷の重傷で、二度と歩けなくなった。

テア・ボルクヴァゼ(42) アーチェリー

I started arching in October 2015. In November of the same year I took part in the Tbilisi Championships where I managed to get the third place. But I feel mostly proud of the 2017 Tbilisi championships where both olympians and paralympians participated – I managed to get second place. It was a real challenge to compete against such experienced archers — this really was a critical experience for me.

I am determined to qualify for the 2020 Olympic Games. Until then, I plan to participate in the 2017 Georgian Championships in Arching and then later to compete in the European Championship in Italy.

I lost the ability to walk in 2014, while accompanying my son on a school trip. While visiting one of the sites I was taking pictures on a terrace, which suddenly collapsed. I received a severe spine injury. I did physiotherapy for a year but had to start using a wheelchair.

In 2015, I learned about the Wings for Life World Run [a global running competition held for charity since 2014]. My physiotherapists helped me prepare for it and I won the run among female wheelchair users – I was able to cover 6,8 km in 30 minutes This achievement truly was a turning point in my life. It further motivated me to also participate in the 2016 edition – and that time I covered 7.3 kilometres.

I am a doctor. Before the injury I worked in the Emergency room in Gardabani, [a town 39 km south of the capital Tbilisi]. Now I work as a receptionist at the Tbilisi Parasport Development Centre.

アーチェリーを始めたのは2015年10月です。その年の11月にトビリシ選手権大会に出場し、何とか3位に着けました。でも一番誇らしかったのは、2017年トビリシ選手権大会、オリンピックとパラリンピック両方の選手が参加する中で、なんと2位になったこと。あんなベテラン射手の人たちと競うのは並大抵のことではありませんでした。私にとって本当に大変な体験でした。

2020年五輪の出場権を取ろうって決めてます。それまでに、まず2017年ジョージア・アーチェリー選手権大会に出場し、それからイタリアでの欧州選手権大会に出るつもりです。

私が歩くことができなくなったのは2014年、息子の遠足に付き添っていたときでした。ある遺跡を訪問中、私がテラスに立って写真を撮っていたら、そこが突然崩壊したんです。脊椎損傷の重傷を負いました。理学療法を1年間受けたけれど、結局車いすを使うほかありませんでした。

2015年、ウィングス・フォー・ライフ・ワールドラン(2014年より開催されている世界的なチャリティー・ランニングイベント)のことを知りました。かかりつけの理学療法士さんに準備を手伝ってもらって、女性車いす部門で出走しました。30分間に6.8kmの記録が出せたんです。これは私にとって本当に、人生の転機になりました。ますます出たくなって2016年度も参加し、このときは7.3kmを記録しました。

私は医師なんです。怪我する前はガルダバニ(首都トビリシの39km南にある町)の緊急治療室に勤めていました。今はトビリシ・パラスポーツ開発センターで受付をしています。

校正:Seiji Miyoshi

コメントする

Authors, please ログイン »

コメントのシェア・ガイドライン

  • Twitterやfacebookなどにログインし、アイコンを押して投稿すると、コメントをシェアできます. コメントはすべて管理者が内容の確認を行います. 同じコメントを複数回投稿すると、スパムと認識されることがあります.
  • 他の方には敬意を持って接してください。. 差別発言、猥褻用語、個人攻撃を含んだコメントは投稿できません。.